2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01/29(Thu)

チャーリー・モルデカイ3

スポンサーサイト
19:19  |  映画  |  EDIT  |  Top↑

2015.01/29(Thu)

チャーリー・モルデカイ2

19:15  |  映画  |  EDIT  |  Top↑

2015.01/29(Thu)

チャーリー・モルデカイ1

19:13  |  映画  |  EDIT  |  Top↑

2015.01/29(Thu)

チャーリー・モルデカイ

19:09  |  映画  |  EDIT  |  Top↑

2012.12/17(Mon)

ミート・ザ・ペアレンツ3

物語看護師グレッグは、愛する家族に囲まれ、最大の難敵だった義父ジャックからも家長の後継者と認められ、幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、グレッグの前に製薬会社の美人営業員アンディが現われる。新しい勃起不全治療薬のセールスに励む彼女とのやりとりを重ねる中で、グレッグの不審な態度に疑問を持ったジャックは彼の浮気を疑う。元CIAのテクニックを駆使して、ジャックは浮気の証拠をつかもうとするのだが……。(wowowより)

Little_Fockers_2.jpg

『ミート・ザ・ペアレンツ3』は日本未公開だったんですね。私、このシリーズが大好きです。第一弾の『ミート・ザ・ペアレンツ』を観た時は、ぶっ飛びました。ロバート・デ・ニーロとベン・スティラーの掛け合いが可笑しくて で、楽しみにしていた続編『ミート・ザ・ペアレンツ2』は、日本での公開はあったものの、上映館が少なかったと記憶しています。私は『ミート・ザ・ペアレンツ』の方が、断然面白いと感じたのですが、続編は本国アメリカにおいてコメディ映画の最高の興行収入額を記録しました。しかし、日本では振るわなかったのでしょうね、『ミート・ザ・ペアレンツ3』はDVDスルーという不遇

このシリーズの凄いところとして、まず、豪華絢爛なキャストを挙げなければいけないでしょう。ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、ダスティン・ホフマン、バーブラ・ストライサンド、ジェシカ・アルバ、ハーヴェイ・カイテルなどなど・・・。はっきり言って、本作、かなりのおバカ・コメディです。健全な青少年が観るにはマイナス要素が多すぎて、決してお勧めできる代物ではありません。そんな映画に大スターがこぞって出演している不思議。おそらく、ノリで出てるのだと思いますよ。ロバート・デ・ニーロの嬉しそうな顔ときたら・・・。ダスティン・ホフマンもバーブラ・ストライサンドも、演技派としての実績があるから、今さら、深刻な顔をして老獪な老人役なんかするよりも、ハメを外してコミカルな役どころを演じることに喜びを見出しているのではないかしら?

Little_Fockers_1.jpg

デ・ニーロさんが狂気に駆られてベン・スティラー君を殴るシーンは、彼の持つサディスティックな部分が炸裂。若い頃は暴力的な映画に数多く出演してましたからねぇ。昔取った杵柄で、華麗なアクションを披露しています。まだまだ、お元気なデ・ニーロさんなのでした(笑)。ベン・スティラーは軽快でコミカルな雰囲気を作り出しています。存在そのものが笑える俳優さんですよね。デ・ニーロさんに、おだてられ真剣に「ゴッドファーザー」になろうとするも浮気疑惑が発生!一族を束ねる力はないみたい(笑)。バーブラ・ストライサンドは、出番は少ないながらも、『追憶』のセルフ・パロディのような役柄で存在感を示しています。ダスティン・ホフマンは、若い頃はトッポイ(←死語か)感じでしたけど、近頃は柔和な人柄を演じることが多くなりましたね。本作では過激なデ・ニーロさんと距離を置きつつ、何かヘンな「おじいちゃん」を演じていました。笑顔が不気味かも?(笑)ベス・スティラー映画の風物詩とも言えるオーウェン・ウィルソンは、いつものように、何食わぬ顔をして出ていました(笑)。風変わりな登場人物が繰り広げる珍騒動の行方はいかに・・・。


22:45  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。