2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08/05(Sun)

相木市兵衛

風林火山の感想です。
真田幸隆と相木市兵衛の活躍が描かれていましたね。
真田幸隆は武田二十四将に数えられ、そこそこ有名だと思うのですが
相木市兵衛は知る人ぞ知る武将だと思いませんか?
武田信玄大事典によると、信濃先方衆で田口城主。騎馬80騎持。
岩村田大井氏の重臣依田氏の一族・・・・中略・・・・武田氏滅亡後は
相模北条氏に属して徳川氏方と抗争するが没落・・・・とあります。
ドラマでは、小堺かずきさんに似た俳優さんが、相木を演じています。
毎回、出番が多いので、ちょっと気になっています(笑)。

今回は真田幸隆が戸石城を攻略するために、大芝居を打っていましたねぇ。
真田は謀略家だと言われてますが、あそこまでやるかなぁ
あれじゃ、映画「スティング」や「オーシャンズ・シリーズ」の世界ですよ(笑)。
勘助も根来の坊主に化けてましたし・・・・爆
「ピンクパンサー」のクルーゾー警部ばりの変身術です。
武田は詐欺集団だったのでしょうか?!

スポンサーサイト
23:52  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/22(Sun)

人は城 人は石垣 人は掘

「風林火山」で晴信公が詩ってらっしゃいましたね。「甲陽軍鑑」品第三十九の中の「信玄公逝去につき御遺言の事」という項目に出てきます。サラッと出てくるので、見逃しそうです。以下、抜粋しました。

信玄は、手柄をたてるのに、若いときから他国の大将をたよって出馬を願い、連合して戦ったことは一度もない。また包囲した城のかこみを解いて退いた事は一度もない。味方の城を一つとして敵に奪われたこともない。甲州国内には城郭をかまえて用心することもなく、館はただの屋敷がまえですませてきた。ある人が信玄公の御歌として言う。

人は城 人は石垣 人は掘り 情けは味方 あだは敵なり

アハハ・・・・たったこれだけしか、書かれてないのですよ~。「人は城 人は石垣・・・・・」のフレーズは、信玄公の歌として、「可笑記」という江戸初期の仮名草子にも出てきます。またまた、抜粋します(笑)。
国主の城郭とは、五倫五常を守ること、正しい法度を定め、軍法を厳しくして、武士道の邪正をただすこと、家老、近習衆、諸役人に、心正しい侍を見立ててすえること。領民に恩情をほどこし、喜ばれるように計らうことなど以外にない。

可笑記の原作者は「人は城 人は石垣 人は掘り」という歌に心を打たれたのでしょう。現代人の私も、大好きなフレーズです!!!

20:10  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/15(Sun)

板垣と甘利に合掌

「風林火山」の感想。
今回の大河ドラマ、重厚感があり良い仕立てですね。
中井貴一さんが主役を務めた「武田信玄」の時は、史実と違う!と思って見ていました。
それ以降、大河ドラマに反発を感じて、アンチ大河となったのです。
(忠臣蔵関連のものを除きます・・・笑)
しかし、今回は柴辻先生が時代考証をされていることもあって
主だった合戦は盛り込んでいるし、駒井政武に光をあてているのも渋い。
山本勘助が主役というのは、引っかかりますが、内野さんがあまりにもカッコいいので
許すとしましょう(笑)。

ただ、信玄公は「天と地と」で高橋幸治さんが演じた信玄が、今でも一番好き。
あれを見て(年くっててすみません)信玄びいきになったのですよ。
亀さんは、凄みがありすぎで・・・私としては、竹ノ内豊さんあたりに演じてほしかった。
ジョニー・デップでもいいのですがね(笑)。

さてさて、今回。甘利虎泰と板垣信方が死んじゃったよー。当然泣きました。
信玄公にとって「上田原の合戦」と「戸石崩れ」での負けは
最強軍団になるために払った大きな犠牲でしょうね。
家康にも言えることですけど、人間若いときに挫折を味わうことが大切なのだと感じます。
戦国武将の負けは命取りになりますけど・・・・・

19:21  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06/17(Sun)

馬糞伝説

大河ドラマの感想です。今回はちょっと立腹しました!なぜかと言うと

勘助が蘆毛馬の糞を飲んで、鉄砲傷を治した・・・ですっと!!!
「糞問題」には、ちょいとウルサイ私。黙って見過ごすわけには・・・・笑
以前にも触れたことですが、馬糞を飲んで鉄砲傷を治したのは
米倉丹後惣領の子彦次郎
「甲陽軍鑑」品第三十二に書かれています。勘助が飲んだという記述はありません。

馬糞パワーを世に広めたとも言える尊い話なのに、飲んだ人間を正しく伝えないとは!
思うに、脚本家も「甲陽軍鑑」の馬糞話を読んで感動し(?)
勘助が飲んだこととして、紹介したかったのでしょう。気持ちもわかる・・・(・ω・`)ふむふむ・・・

誰が馬糞を飲んだかなんて、どうでもいいじゃないかと思うかもしれないけど
武田&糞話に、こだわる私としては、文句のひとつも言いたくなったわけで

さて、気持ちを切り替え、感想のつづき~(笑)。
タイトルが「越後の龍」とあるから、謙信を楽しみにしてたけど
ほんの少し登場しただけでした。
気になっていた年齢は17歳。黒滝城を攻めていたので、やはり相手は黒田秀忠(笑)。
ガクトさんの声が、いつもより高かったような気がします。17歳っぽく演じてたのでしょう。
そして、炎の中から現れましたね。このシーンに笑ってしまいました。
というのは、昨夜読んでた上杉本の中に、謙信の逸話も載っています。
謙信は火の中に入っても焼けなかったそうな
すんごい特異体質だな!と驚愕しながら眠りにつきました。
で、今日のドラマを見ると、確かに火なんてへっちゃらな様子・・・マジっ?!
亡くなったとき、火葬出来なかったのかな?(笑)

今日の放送から、真田幸隆が武田に仕えることになりました。うれし~い。
真田の家紋「六連銭」を、お財布につけているのですよー(≧▽≦)
幸隆万歳!!!

20070617203945.jpg


20:35  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06/03(Sun)

河東の一乱

久々に大河ドラマの感想。毎回、欠かさず見ていたのですけどね。
しかし、ここのところ、由布姫が主役でしたので・・・・
ドラマとしては面白かったけど、武田びいきとしては、複雑な想いがあります。
だって、勝頼を生むかと思うと
それだけ、迫真の演技だったということです(笑)。

さてさて、今日は「第二次河東一乱」でしたね。嬉し涙を浮かべて見てました!!
いつも、三国同盟と騒ぎ立てておりますけど、この同盟の契機ともなった河東の一乱。
正式な同盟成立は、まだまだ後ですけれど。

もともと、北条と今川は、深い結びつきがありました。
北条、北条と言ってますが、正確には後北条。伊勢(北条)早雲が初代の新興大名です。
二代目の氏綱(氏康の父)のときに、伊勢から北条に改姓しました。

北条早雲の妹が、今川氏親(義元の父)の生母です。
早雲が今川の軍師的な役割を担うほど、両家は固く結びついていました。
その関係を悪化させたのが、信虎の時代に締結された、今川と武田の同盟だったのです。
そんで、今川と北条は、戦闘状態

晴信公、氏康、義元の登場に大感激です!!
特に義元公におかれましては、いつのまにやら、マロ帽子をご着用~そうこなくっちゃ!

来週はいよいよ、関東管領・上杉憲政と北条氏康の【河越合戦】だぁ~すっごく、楽しみ!
これに大敗北した上杉家は、急速に力を落とし、後に謙信を養子に迎えるのですよ。
長尾景虎の登場も近いですなっ!

そして今日は、小山田信有も出番が多かった。
信有は天正21年に死去します。残念ながら川中島合戦の前です(涙)。
小山田家は、都留郡の支配権が容認されていた唯一の分郡領主であり
武田の家老衆のなかでは、特異な存在でした。
ドラマでは、ちょっと納得いかない描かれ方・・・もっと優秀じゃわい!!!
すっ、すいません。興奮して乱暴な言葉使いになりました(*_ _)




20:20  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。