FC2ブログ
2007年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2007.03/14(Wed)

上杉謙信の死因

20070314130138.jpg
渡辺慶一編 新人物往来社発行


この本の中に【逝去と死因】という項目があります。ちょっと笑えるので紹介しますね。
謙信の死因について新井白石が考察しています。
*白石って、江戸時代中期の学者ですやん(笑)。

謙信が死亡したのは姉崎和泉守の怨霊に殺されたとも、織田信長の謀計によって便所に入ったところを槍で突き殺されたとも世に伝えるが、いずれも誤りである。夏目定房のいうように、病死したのであり、自ら辞世を残しているではないか・・・というものです。

ということは、トイレで突き刺されたという例の話が、当時の定説だったのかしら?(爆)

死因についての記載がある書とその内容を簡略に列挙すると

「平等寺薬師堂題書」・・・・頓死
「上杉家古文書」・・・・・・・・不慮の虫気
「読本朝通鑑」・・・・・・・・・・厠で倒れ俄病で発病
「上杉米沢家譜」「上杉年譜」 俄に中風で卒倒
「北越軍記」・・・・・・・・・・厠で腹痛、卒中風
以上、急病説。
中風は脳卒中のことだと思うのですが、虫気って何だろう?寄生虫かな?
他には食道癌説もあるそうです。

「読本朝通鑑」「北越軍記」には、謙信がトイレで倒れたと記されているのに
上杉家の文書は、そのことに触れていない(笑)。
考えられることは2つ。
①トイレで倒れたことを上杉家が隠した。
②謙信の倒れた場所はトイレではない。

そもそも、信長による〇〇突き刺し説が流布したのは
謙信が、信長との対決姿勢を強めた時に、トイレで亡くなったから?
この説が本当だとしたら、信長さんは随分と汚い手を使ったということになるし
単なる風評なら、首謀者とされる信長さんは、とんだ迷惑ですよね(笑)。

スポンサーサイト



15:30  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |