FC2ブログ
2007年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2007.03/17(Sat)

小田原北条記

20070317131749.jpg 20070317131810.jpg
 江西逸志子原著 岸正尚訳 ニュートンプレス発行 

今日は犬たちと一緒に、あちこち浮浪してました(笑)。
お出かけついでに購入した「小田原北条記上・下」
文庫本で、1冊1000円という値段についつい・・・(汗)
小田原北条氏の5代をつづった戦記物語系の作品で、江戸時代に書かれたものです。

北条家、中でも北条氏康は名将だと言われているわりには、知名度が低い。
ドラマや有名作家の小説に、主役として登場していないからでしょうね。
実力からすると、信玄公や謙信と肩を並べる武将だと思うのですが!

「信長公記」も同じニュートンプレス社の原本現代訳シリーズで
発行されているので注文しようかと思っています。
上・下あわせて、2000円というのは嬉しいですよ!

話は大きく変わりますが、昨日の「朝日新聞」に面白い記事がありました。
生活欄でオナラについて詳しく解説してるのですよ(笑)。
この記事だけでも笑えたのですが、加えて昔話まで紹介してくれています。
その内容は・・・

【へっこきあねさ】という昔話を見つけた。けた外れのおならをする女性の話で
嫁ぎ先で我慢できずにおならして、人を吹き飛ばし、けが人を出してしまう。
それで里に帰されそうになるけど、おならで柿の実を落としたり
舟を吸い寄せたりして大活躍。

わざわざ、絵本の表紙まで載せていました。

へっこきあねさ へっこきあねさ
長谷川 摂子、荒井 良二 他 (2004/09)
岩波書店

この商品の詳細を見る



スポンサーサイト



19:01  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |