FC2ブログ
2007年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2007.03/29(Thu)

信玄公御閑所

御閑所とはトイレのことです(笑)。
【甲陽軍鑑】に信玄公のトイレについての記述があります。

信玄公はトイレを京間の6畳敷に造って畳を敷いていたそうです。
その中で、書類に目を通し決裁していました。
飯富・原・跡部の3人の侍大将を交替で見張り役とし
太刀をもたせ、ふすまの障子の影にひかえさせていました。

信玄公がトイレのことを山と仰せられたので、甲斐の人々はみな山と呼ぶようになったとか・・
どうやら、山とは信玄公独自の言い方だったようです。
なぜ山なのか?家臣たちが憶測している箇所が笑える(´▽`*)

曽禰与市助は (山)にのぼれば(腹が)くだるから・・・
日向藤九朗は 荷負うて(匂うて)くだるはしんくそうなり・・・
長坂源五郎は 山には草木(臭き)が絶えぬから・・・

その他の人々も口々に言葉遊びをしています。
筆者(高坂弾正)いわく、こんな冗談も臨済・曹洞宗の禅僧に近づいたため
禅僧の言い方に少しかぶれていっていたものである・・・ですって(笑)
信玄公が禅問答にハマっていたので、家臣も影響を受けたのでしょう。

甲陽軍鑑の成立時期は、はっきりしていませんが、1620年頃にはあったという説もあります。
昔の人の冗談に笑ってしまった私です。



スポンサーサイト



17:11  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |