2007年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04/28(Sat)

川中島の戦い

20070428121644.jpg 20070428121653.jpg

なんじゃこりゃ∑( ̄□ ̄;)ナント!!
この本!超マニアック!!
奇説をとなえて発行部数を稼ごうという類の啓蒙書ではありません。
精力的に武田研究を行っている先生の著作です。

武田に関する論文というわけではなく、一般向けに発行されているのに、内容が濃い。
しかも文庫本で発行されているとは!
出版を決定した発行人と執筆した平山先生に感謝。
上・下で1270円。当然ながら私は歓喜しております。

参考文献の数が凄い。一次史料だけでも50以上。総数では300ぐらいありそう。
顕微鏡で見なければ判読できないような小さな文字で紹介されてます(笑)。

マニアックな武田本は値段が高い!
だからこの本に出会って、びっくりしたわけです。
以前に買った【戦国期武田氏領の形成】が7350円。【武田信玄大辞典】は10290円。
20070428130416.jpg
←表紙がこれですからねぇ(笑)。









話をもどします。
【川中島の戦い】は合戦の契機や意図を究明しようという趣旨で書かれています。
合戦の背景をさぐるには明徳三年(1391年)の南北朝統一まで遡って
その後の室町公方(室町幕府将軍)と鎌倉公方の対立から見ていかなければいけないそうな。
それを理解したうえで戦国期の東国世界(上杉・武田・今川・北条など)を見るということです。
関東管領上杉家と足利家の内紛について、相当なページ数を割いているのですが
これが非常に難解でして・・・少しはわかっているつもりだったのですけど

でもね、武田に関する記述は、なんとかでございます(笑)
というのは、私この1ヶ月間、密かに?猛勉強しておりました。
信玄公が攻略した信濃と西上野(群馬県)の城と城主と年代、甲斐の国人の相関関係など。
勉強といっても受験生ではないし、資格試験を受けるわけでもないので
気楽なものですけど・・ね。自分で地図を書いたりしています(笑)。

しかし、そんなもん覚えても一文の得にもなりゃしない!
はい♪それがマニアというものです。



スポンサーサイト
14:41  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。