2007年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/25(Wed)

HPを作ってみよう!

ここ何日かの間、HP制作に励んでおりました。
根をつめすぎてバテ気味です。

歴史関係のことは、HPの方へ移行していこうと思っています。
最近わけのわからないブログになっていましたので
ここいらで、カテゴリーごとに整理していこうかと・・・・
HPは超マニアックな歴史サイトになりそうです(笑)。

当分、ブログの更新は不定期になるかもしれませんけど
多忙だとか病気ということではありませんので、ご心配なく(笑)

それにしても、やりだしたら止まらなくなる性格をなんとかしたいです。


スポンサーサイト
21:09  |  未分類  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/22(Sun)

人は城 人は石垣 人は掘

「風林火山」で晴信公が詩ってらっしゃいましたね。「甲陽軍鑑」品第三十九の中の「信玄公逝去につき御遺言の事」という項目に出てきます。サラッと出てくるので、見逃しそうです。以下、抜粋しました。

信玄は、手柄をたてるのに、若いときから他国の大将をたよって出馬を願い、連合して戦ったことは一度もない。また包囲した城のかこみを解いて退いた事は一度もない。味方の城を一つとして敵に奪われたこともない。甲州国内には城郭をかまえて用心することもなく、館はただの屋敷がまえですませてきた。ある人が信玄公の御歌として言う。

人は城 人は石垣 人は掘り 情けは味方 あだは敵なり

アハハ・・・・たったこれだけしか、書かれてないのですよ~。「人は城 人は石垣・・・・・」のフレーズは、信玄公の歌として、「可笑記」という江戸初期の仮名草子にも出てきます。またまた、抜粋します(笑)。
国主の城郭とは、五倫五常を守ること、正しい法度を定め、軍法を厳しくして、武士道の邪正をただすこと、家老、近習衆、諸役人に、心正しい侍を見立ててすえること。領民に恩情をほどこし、喜ばれるように計らうことなど以外にない。

可笑記の原作者は「人は城 人は石垣 人は掘り」という歌に心を打たれたのでしょう。現代人の私も、大好きなフレーズです!!!

20:10  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/18(Wed)

真田昌幸

柴辻俊六著「真田昌幸」を読みました。
真田昌幸は真田幸隆の三男。真田幸村(信繁)のお父上。
昌幸については、知っているようで、まったく知らなかったというのが正直な感想です。
柴辻先生が、例によって細かい検証をされてるのですよー。
「先生~この本は、あくまでも一般大衆むけに書かれたんでしょ。細かすぎる!」と
思いつつ、必死で内容を追っていきました。そうするうちに、激動の真田家の史実にふれ
涙ぐんでいる私。
この本を読んで泣くとは、私のオタク度も相当なものです(笑)。

ともすれば、真田一族は戦記的な面に興味をもたれ、講談や小説の内容が
通説として流布しています。特に真田幸村は、悲劇の武将として有名ですね。

この真田一族の礎を築いた真田幸隆の武田家への帰属は
天文15年あたりではないかとのこと。
「上田原の合戦」の背景には真田幸隆ほか、滋野氏一族の旧領回復の願望があったそうです。
ただ、幸隆が参戦していたことは「甲陽軍鑑」に板垣信方の脇備えであったとみえるに
すぎないと柴辻先生はおしゃっています。
その後の幸隆の働きについては、「高白斎記」に書かれているそうです。
天文20年5月の幸隆の単独軍事行動による戸石城の攻略など・・・

真田家や北条家の歴史は戦国絵巻です。
中でも真田昌幸は多くの有名な合戦に参戦しています。
初陣が第四回川中島と伝えられ、三増峠の戦い(対北条)・三方ヶ原の戦い(対徳川)
長篠の戦い・朝鮮の役(備前名護屋に赴く)・関ヶ原の戦い(上田城にて徳川秀忠と対戦)

真田幸隆、昌幸、幸村(信繁)。戦国の世で異彩を放った三代だと思います。
11:25  |  歴史  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/15(Sun)

板垣と甘利に合掌

「風林火山」の感想。
今回の大河ドラマ、重厚感があり良い仕立てですね。
中井貴一さんが主役を務めた「武田信玄」の時は、史実と違う!と思って見ていました。
それ以降、大河ドラマに反発を感じて、アンチ大河となったのです。
(忠臣蔵関連のものを除きます・・・笑)
しかし、今回は柴辻先生が時代考証をされていることもあって
主だった合戦は盛り込んでいるし、駒井政武に光をあてているのも渋い。
山本勘助が主役というのは、引っかかりますが、内野さんがあまりにもカッコいいので
許すとしましょう(笑)。

ただ、信玄公は「天と地と」で高橋幸治さんが演じた信玄が、今でも一番好き。
あれを見て(年くっててすみません)信玄びいきになったのですよ。
亀さんは、凄みがありすぎで・・・私としては、竹ノ内豊さんあたりに演じてほしかった。
ジョニー・デップでもいいのですがね(笑)。

さてさて、今回。甘利虎泰と板垣信方が死んじゃったよー。当然泣きました。
信玄公にとって「上田原の合戦」と「戸石崩れ」での負けは
最強軍団になるために払った大きな犠牲でしょうね。
家康にも言えることですけど、人間若いときに挫折を味わうことが大切なのだと感じます。
戦国武将の負けは命取りになりますけど・・・・・

19:21  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/11(Wed)

輿に乗る今川義元

その時歴史が動いたで「桶狭間の戦い」が取り上げられてましたね。
なんと、小和田哲男先生がコメンテーターとして出演されてた!
以前、このブログで本の感想こちらを書くほど、興味のあるテーマでした。

桶狭間合戦は、迂回・奇襲作戦などではないと最初に指摘したのは、藤本正行氏だと
鈴木眞哉氏が、おっしゃっております(戦国15大合戦の真相より)

藤本正行著「信長の戦争」を読むと、確かに桶狭間の戦いは奇襲攻撃ではなかったと
納得します。
私は「信長の戦争」の後、「信長公記」を読んだのですが、あの戦が奇襲であったとは、
一行たりとも書かれていません。

それにしても、藤本正行さんと鈴木眞哉さん。
このおふたりは、○○説に異を唱えることが、お好きなようです。
またまた言ってる~と思いながらも、ついつい読んでしまいます
気づけば、本棚にふたりの本が計6冊ある(笑)。
特に面白かったのは、「信長は謀略で殺されたのか」です。そうだよな!って共感しました。
光秀くん、謀反の動機は何だったの?

23:49  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。