2007年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/15(Sun)

板垣と甘利に合掌

「風林火山」の感想。
今回の大河ドラマ、重厚感があり良い仕立てですね。
中井貴一さんが主役を務めた「武田信玄」の時は、史実と違う!と思って見ていました。
それ以降、大河ドラマに反発を感じて、アンチ大河となったのです。
(忠臣蔵関連のものを除きます・・・笑)
しかし、今回は柴辻先生が時代考証をされていることもあって
主だった合戦は盛り込んでいるし、駒井政武に光をあてているのも渋い。
山本勘助が主役というのは、引っかかりますが、内野さんがあまりにもカッコいいので
許すとしましょう(笑)。

ただ、信玄公は「天と地と」で高橋幸治さんが演じた信玄が、今でも一番好き。
あれを見て(年くっててすみません)信玄びいきになったのですよ。
亀さんは、凄みがありすぎで・・・私としては、竹ノ内豊さんあたりに演じてほしかった。
ジョニー・デップでもいいのですがね(笑)。

さてさて、今回。甘利虎泰と板垣信方が死んじゃったよー。当然泣きました。
信玄公にとって「上田原の合戦」と「戸石崩れ」での負けは
最強軍団になるために払った大きな犠牲でしょうね。
家康にも言えることですけど、人間若いときに挫折を味わうことが大切なのだと感じます。
戦国武将の負けは命取りになりますけど・・・・・

スポンサーサイト
19:21  |  大河ドラマ風林火山  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。