2007年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11/15(Thu)

デヴィッド・リーン監督

今月のwowowは、デヴィッド・リーン監督の作品を特集しています。『逢びき』 『アラビアのロレンス』 『インドへの道』 『大いなる遺産』 『オリヴァ・ツイスト』 『ライアンの娘』の計6本。デヴィッド・リーン監督は巨匠の中の巨匠!『アラビアのロレンス』 と 『戦場にかける橋』で、アカデミー賞の監督賞に輝きました。『ドクトル・ジバゴ』もリーン監督作です。デヴィッド・リーン作品が好きだと言いながら、実は『大いなる遺産』 『オリヴァ・ツイスト』 『逢びき』の初期作品は観ていませんでした。この3本を昨日観ました。

IMG_0862.jpg

チャールズ・ディケンズの小説が原作の2作品。『大いなる遺産』は7度、映画化されているそうです。私は1997年版の、イーサン・ホーク主演作だけ、観たことがあります。当時はイーサン・ホークにハマっておりまして・・・・・。何であんなに好きだったのか、その時の気持ちが思い出せません(汗)。2、3年周期で好きな俳優が変わる、飽きっぽい性格なのです(笑)。ただし、ジャック・ニコルソンだけは、ず~と好き。我がジャックは永遠に不滅です!

IMG_0859.jpg

『オリヴァー・ツイスト』 は 『オリバー・ツイスト』 のタイトルで、ロマン・ポランスキー監督のリメイク作があります。2作品とも、チャールズ・ディケンズの小説が原作ですから、こういう場合はリメイクとは言わないのかな?

新旧のディケンズ原作の映画を観ての感想。デヴィッド・リーン作品を超える事は難しい・・・。旧作の方が私は好きです。ポランスキー監督の『オリバー・ツイスト』 は名作です。しかし、デヴィッド・リーン監督作と比較すると、やや深みに欠ける部分があるように感じます。『大いなる遺産』もデヴィッド・リーン作品に軍配を上げたい。

デヴィッド・リーン監督の『大いなる遺産』は1946年イギリス作品。『オリヴァ・ツイスト』は1947年イギリス作品。両作とも舞台はロンドンで孤児が主役。同じ香りがする文芸大作です。続いて観た『逢びき』が、これまた面白い!典型的なメロドラマです。ヒロインの心理描写が細やかで解釈しやすい。この手法により、観客は物語の世界の中へ放り込まれてしまいます。許されない恋に落ちていく男女の模様を、我が事のように見つめていました(笑)。

以上3作品を観れば、デヴィッド・リーン監督の作品づくりの緻密さと感性の豊かさがよくわかります。『アラビアのロレンス』 と 『戦場にかける橋』 『ドクトル・ジバゴ』といった、叙情的なスペクタクル大作の礎は、1940年代の初期作品で、はや築かれていたのですね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想 デヴィッド・リーン監督

12:40  |  未分類  |  TB(1)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。