2008年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03/23(Sun)

世界フィギュアスケート選手権2008男子

buttle.jpg
ジェフリー・バトル
(カナダ)
【SP】
曲:「アディオス・ノニーノ」
Technical Elements 44.07
Presentation Score 38.03

【フリー】
曲:「アララトの聖母」より
Technical Elements 84.29
Presentation Score 78.78


私、スポーツの国際大会を観戦する際は、ナショナリズムに火をつけて日本選手を応援いたします(笑)。しかし、唯一の例外がフィギュアスケート男子で、国籍にこだわりません。品の良い、清らかなスケーティングを披露してくれるスケーターが好きです。力強さよりも優雅さをもった選手を、昔から応援してきました。さて、昨日は男子のフリーが行なわれましたね。深夜に放送されたライブの映像を、ドキドキしながら見ました。優勝したのはカナダのジェフリー・バトル。最終グループの最終滑走でした。4回転は飛ばなくても、全ての3回転ジャンプを美しく飛び、これに得意のスピンとステップで得点を重ねました。ほぼ、ノーミスの完璧な内容。ピークを過ぎたと思われていた選手の渾身の演技に号泣しました。

joubert.jpg
ブライアン・ジュベール
(フランス)
【SP】
曲:「オール・フォー・ユー」
by セバスチャン・ダミアーニ
Technical Elements 41.14
Presentation Score 38.61

【フリー】
曲:「アポカリプティカ・セレクション」ほか
Technical Elements 74.11
Presentation Score 79.36


この選手はキアヌ・リーヴスそっくりの4回転ジャンパーです。その容姿に惹かれて応援してきましたが、今回は幻滅させられる場面がカメラに映し出されました。演技直前のウォーミングアップ時、水で口をゆすいだ後、その水をリンクに吐き捨てたのです。こんなシーンは初めて見ました!演技の途中にもマナーの悪さが出ていました。ジャンプを次々と決めていくうちに、勝利を確信したのか、ストレートラインステップに入る前に、客席を指差し「自分がNO1である」とアピールしたのです。そして難易度を下げたプログラムへの変更・・・・自分より後に滑るジェフリー・バトルを侮ったからでしょう。バトルには大技がない、彼より上位になるには4回転を一度入れておけばよいだろう・・・と。たしかに、実力からすれば、ジュベールが群を抜いているように思われました。しかし、勝利の女神が微笑んだのは、丁寧に誠実に優しく演技をしたジェフリー・バトルにでした。

weir.jpg
ジョニー・ウィア
(USA)
【SP】
曲:オペラ「ユノーナとアヴォーシ」より
編曲:スペトラーナ・ピクウス
Technical Elements 42.64
Presentation Score 38.15

【フリー】
曲:「ラヴ・イズ・ウォー」
Technical Elements 67.21
Presentation Score 73.84

いいですよね~。美しいスケーティングにウットリします。音の捉え方が抜群です。トリノオリンピックではSPをトップで通過したものの、フリーが伸びずメダルを逃しました。ケガによる停滞を乗り越えて今季復活を遂げました。出だしの4回転が両足着氷になりましたが、果敢に4回転に挑戦してくれたことが嬉しいですね。好きな選手です♪

takahashi.jpg
高橋大輔
【SP】
曲:「白鳥の湖」
ヒップホップ・バージョン
Technical Elements 41.15
Presentation Score 39.25

【フリー】
曲:「ロミオ&ジュリエット」
by チャイコフスキー
Technical Elements 64.15
Presentation Score 76.56
減点 -1.00

演技を始める前の表情が、緊張で強張っているのを見て心配しました。出だしの4回転を決めたので、波にのるかと思ったのですが・・・・・。これが世界選手権なのですね。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : フィギュアスケート

11:03  |  一般  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03/21(Fri)

世界フィギュアスケート選手権2008

maoasada-1.jpg

”世界フィギュアスケート選手権2008”の女子で、浅田真央ちゃんが優勝しましたね。トリプルアクセルでの転倒があったものの、驚異的な精神力で演技を続け、高得点をたたき出しました。表現力では他の選手を圧倒し、ジャンプの真央から魅せる真央へ変貌を遂げたことを印象付けました。歴代のオリンピック・チャンピョンには表現力豊かな選手が名を連ねていますね。真央は世界で一番、表現力があるとの評価を得れば、ジャンプの失敗があろうとも、高得点を得ることができます。これでますます、バンクーバー五輪が楽しみになりました。頑張れ、真央ちゃん!

yukarinakano-1.jpg

真央ちゃんの優勝の陰に隠れる形になっていますが、中野友加里選手も頑張りましたね。私は彼女が大好きです。ひたむきな演技を観ると涙が出てきます。自分の出来る事を確実にこなす姿に感動します。「私は小さい頃から才能があった訳ではない。努力と根性だけでやってきた」とインタビューに答える表情は、きりりと引き締まり、意思の強さが伝わってきます。的を射た受け答えに頭の良い人だなぁと感心もしております。

yukarinakano-2.jpg

SPは”ショパン幻想即興曲”の音をとらえた軽やかな舞でした。続くフリーではトリプルアクセルを決め、その後もノーミスで演技を終えました。会場のスタンディングオベーションに、胸が熱くなりました。ひとつひとつの技を丁寧にこなし、完成度を高めて基礎点への加点を狙う戦法。どれほどの練習を行なっているのでしょう。努力の人ですね。

mikianndou.jpg

残念だったのは、直前の練習で左足ふくろはぎを痛めた安藤選手。日本で応援してくれているファンの声援に応えたいと出場を決めたそうですね。演技の途中で棄権したことを涙ながらに詫びる姿に、もらい泣きしました。「謝ることなんてないんだよ~。よく頑張ったね。ガッツをありがとう。」と声をかけてあげたい。

日本の三選手、それぞれのドラマに感動いたしました

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

22:02  |  一般  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。