2009年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02/23(Mon)

戦争映画あれこれ

私は明治の軍人・乃木希典ファンではない。そう思うようになったのは『坂の上の雲』に因るところが大きい。著者の司馬遼太郎さんは随所で乃木批判を繰り広げている。それだけでは気が済まなかったのか『殉死』という本まで書いて乃木の精神体質を批難している。『坂の上の雲』の執筆にあたって日露戦争を徹底的に調べ、その上で無能な軍人と断言した氏の言葉を読者は信じてしまう。真実は別の所にあるのかもしれないのに・・・・。司馬さんは『殉死』の中で乃木について「大正期の文士がひどく毛嫌いしたような、あのような積極的な嫌悪はない。ただ、このひとが自分の伯父かなにかであれば、閉口してその家は敬遠したにちがいない」と書いている。

先日、東郷神社に行った。乃木神社も近くにあるのだが足が向かなかった。
だって・・・・・。
tougou-1.jpg

と言うことで、本題に入ります。

【二百三高地】(80)
この映画の下地は『坂の上の雲』の「旅順」~「二〇三高地」の章だろうな。ただし、小説には小賀(あおい輝彦)と佐知(夏目雅子)の恋愛話なんて出てこない。戦争映画に恋愛話は挿入してほしくないなぁ。戦争の悲劇性を強め感傷的にする狙いだろうが稚拙な演出だと思う。戦争が生んだ悲恋ならば『ひまわり』のようなアプローチをしてほしい。乃木役は仲代達矢。児玉源太郎は丹波哲郎が演じている。実際の児玉は身長が160センチなかったそうだから、もう少し小柄な役者さんの方が良いのではないかしら。でも、小柄で威厳がある役者さんって思い浮かばない・・・・う~ん、池乃めだかという訳にはいかないし(汗)。

映画は日露戦争の旅順攻防戦を描いている。海軍からは防御が手薄な二百三高地の攻略が提案されるが、乃木はもっとも強靭な盤竜山と東鶏冠山(ひがしけいかんざん)の攻撃に固執する。結果、日本軍は死体の山を築くことになる。しかし、その後も、乃木と参謀長・伊地知は執拗に正面攻撃をしかけてはその都度、ロシア軍にはね返されてしまう。攻撃目標を二百三高地に変更し、どうにか旅順を制圧したものの、日本陸軍にとって大きな犠牲を伴った勝利であった。乃木は人格者ではあるが戦争においては暗愚だ。高潔さだけで勝利は呼び込めない。乃木式軍人精神が陸軍から合理的な思考を奪ったと思うと腹立たしい。死んでいった名もない兵士たちがあまりにも悲しすぎる・・・・・と、映画だけを見れば、このような感想になる。しかし、映画は映画であって、史実と異なる部分もある。映画や小説では、乃木は策なく総攻撃を3回行ったとしているが、力攻めを行ったのは最初の1回のみで、後の2回は策を弄したようだ。司馬さんがおっしゃるほど、無能な人ではなかったのかも?

【日本海大海戦 海ゆかば】(83)
日露戦争の日本海海戦を描いた映画。監督は『二百三高地』の舛田利雄。東郷平八郎提督を三船敏郎が演じている。乃木が生涯洞窟のなかで灯をともしていたような、そういう数奇なにおいの人物(司馬さん談)なのに対し、東郷さんは薩摩人らしい堂々たる精神の持ち主。こういう人は運を招き優れた人を引き寄せる。乃木の参謀が伊地知だったのに対し、東郷提督には秋山真之という天才参謀を得た。映画では横内正が秋山さんを演じている。う~ん、ちょっとイメージが違う。横内さんは水戸黄門の渥美格之進でしょ(笑)。三船は【日本海大海戦】でも東郷提督を演じている。こちらの映画の方は音楽が快活で海軍らしいかな?

<東郷神社境内にある「海軍特年兵の碑」
gyorai.jpg
模型の説明文によると、実魚雷の寸法は
巡洋艦・駆逐艦用 径61㎝ 長さ8.5m / 潜水艦用 径53㎝ 長さ7.2m / 航空機用 径45㎝ 長さ5.7m

【連合艦隊司令長官 山本五十六】(68)
山本五十六を演じているのは三船敏郎。日露戦争の雄・東郷平八郎や乃木希典よりも、太平洋戦争時の山本長官の方が知名度が高い。しかし彼はヒーローなのだろうか。アメリカの国情に明るく、その軍事力の強大さを知る山本は日本の敗戦を確信していた。日・独・伊の三国同盟に猛烈に反対し、対米開戦を避けたかった山本長官のハワイ奇襲は解せない。成功すればアメリカの反日意識を煽るし、失敗すれば日本軍の士気が下がる。それにアメリカ空母は無傷であったのだから、手放しに成功したとは言えないだろう。これ以降の戦いが航空戦になったことも日本にとっては痛手だ。一か八かの奇襲は長官のスタンドプレーのような気がする。

映画の冒頭、山本が小さな手漕ぎ船のへさきに両手をついて逆立ちしている。実際、これは山本の得意の芸であった。阿川弘之著「山本五十六」によれば、郵船諏訪丸で初めて渡米する時も、山本はローリングしている船のサロンの手すりで逆立ちをして見せたりしていたそうだ。映画は山本五十六を誰にも親しまれ、敬愛された人物として描いている。彼は偶像視されているのではなかろうか・・・・。

line088.gif

とまぁ、最近観た映画の感想です。『日本のいちばん長い日』(67)を観た後なので、少々評価は辛めかもしれません。日露戦争を題材にしたものでは『日本海大海戦』(69)、真珠湾攻撃は『トラ・トラ・トラ』(70)が良く出来た映画ですね。太平洋戦争を扱った映画は、戦争を知る世代が制作したものの方が優れているように私は感じます。戦後育ちのTV世代が作ると、装飾した甘美なものになってしまう傾向があるように思うのですが・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想 戦争映画 三船敏郎

08:25  |  未分類  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。