2009年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03/18(Wed)

乃木希典

nogi-1.jpg

東京都港区指定文化財
有形文化財 乃木希典邸
旧乃木邸は、明治三十五年(1902)に新築されたもので、乃木希典大将夫妻が大正元年(1912)9月13日、明治天皇御大葬の日、明治天皇に従って殉死するまでここに住んでいた。将軍がドイツ留学中に見たフランス軍隊の建物を模範して建てたというもので、明治期の洋風建築が接客を目的とする豪華な建物か、和風住宅に洋風の応接室を付属させたものが多いのに比べこの邸宅は、軍人の家らしく、飾り気がなく簡素で合理的に作られている。建坪は168㎡、木造平家建、日本瓦葺で、傾斜地を巧みに利用し、建物全体に半地下構造をもつ。(案内板より)

nogi-2.jpg

乃木さんを扱った本を4冊読みました。『坂の上の雲』(司馬遼太郎著)、『殉死』(司馬遼太郎著)、『坂の上の雲に隠された歴史の真実』(福井雄三著)、『名将 乃木希典』(桑原嶽著)。司馬さんの本は歴史小説、後の2冊は『坂の上の雲』の考察本です。司馬さんは乃木大将のことがお嫌いだったようで(汗)昭和42年6月別冊文芸春秋に『要塞』を発表して、乃木将軍や伊地知参謀長を無能者扱いにし、世間一般に大きな衝撃を与えました。更に輪をかけて乃木さんを誹謗した『殉死』を、続いて『坂の上の雲』を発表したのです。

『坂の上の雲』と『殉死』は司馬さんの独特の文体に魅了され、明治という時代を頭に浮かべながら読み進めることができました。明治のことも日露戦争についても、ほとんど知識のない私にとって『坂の上の雲』は先人の思いに触れるような感覚に陥る小説です。日露戦争についてもっと知りたいと気持ちがわき、いろいろと調べていくうちに『坂の上の雲』に書かれている事と史実には開きがあるのでは?という疑問を抱くようになりました。

『名将 乃木希典』の著者である桑原嶽さんの経歴を紹介します。
大正8年生まれ。昭和14年陸軍士官学校卒、砲術の専門家として、中国、ビルマ戦線、イワラジ会戦、シッタン作戦に参加。陸軍の少佐で終戦を迎えています。(20代の少佐ですからエリートですね)終戦後は警察予備隊(今の陸上自衛隊)に入隊、学校教官、司令部幕僚(参謀)、各級部隊長などを歴任した軍事(特に作戦面)のプロです。その桑原さんが旅順攻撃における乃木大将と伊地知参謀長の作戦に誤りがなかったことを論じているのですが、内容が専門的すぎて、私には理解不能(汗)。しかし、乃木さんが無能者でなかったことだけは、なんとなく理解できました。

司馬さんは天才的な歴史小説家であって学者ではありません。桑原さん曰く「戦国武将や幕末の志士などについては何を書こうと問題はあまりないと思うが、現代史となると問題が生じてくる。」・・・・たしかに。司馬さんの戦国小説は物語としては面白いのですけれども史実とは大きくかけ離れています。しかし、それはいいと思うのですよ。読者も作り話であることは百も承知していますから。ところが現代史の場合、真実とウソを混ぜつつ真しやかに語られると、読者は小説であることを忘れてしまいます。乃木愚将説を唱えれば世間の注目を引きますしね。桑原さんのおっしゃることはもっともです。

だからと言って『坂の上の雲』の歴史小説としての価値が下がることにはならないと思うのです。司馬さんは乃木大将が愚将であったことを言いたかった訳ではなく、太平洋戦争を明治という時代から見つめる必要性を説いたのではないでしょうか。私のような明治に関心を持たない者が新生国家に目を向けるきっかけを作ってくれた小説です。正直言うと、今まで幕末が大嫌いで新撰組も幕末の志士も苦手でした。(由緒正しい守護大名が好き・笑)これからは近代の始まりにも心を寄せなければならないですね。

次に『坂の上の雲に隠された歴史の真実』について。
著者は○翼的な思想を持っているのかな?海軍嫌いの陸軍好きのようです。神格化されている、陸軍大将乃木希典閣下を愚将呼ばわりする司馬は許せん!ということなのでしょう。話はそれますが、歴代の海軍トップは海軍左派と言われる人が多く、米内光政さんや山本五十六さん、井上成美さんらは右翼から命を狙われていたそうです。海軍は親英米派が多く、陸軍は親ナチ派が多かったため、ドイツとの同盟をめぐっては陸海軍の間で激しい対立がありました。それやこれやで海軍と陸軍は犬猿の仲となり、海軍は陸軍のことを「馬糞」「ケダモノ」と生理的に毛嫌いし、陸軍の連中は海軍のことを「腰ぬけ」呼ばわりしていました。陸軍がナチに心酔していたからでしょうか、著者が唐突に「ユダヤ人大迫害」を持ち出しているのには苦笑しました。しかしながら「ユダヤ人大迫害」の章は大いに納得する内容なんですよね~(滝汗)。

まぁ、明治を知らない私には乃木さんが名将であったのか愚将だったのかわかるはずもなく・・・・・。これ以上詮索することは止めておきます。のめり込みやすい性格ですから、自制しないと収拾がつかなくなりそう(笑)。

nogi-3.jpg
先日行った乃木神社でペット用のお守りを買いました。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

10:25  |  日露戦争  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03/03(Tue)

戦艦「三笠」

昨年、三笠を訪ねた際は外側から眺めただけでしたが、今回は艦内に入りました♪
外に夫と犬2頭を待たせ、一人艦内へと突進したのであります(笑)。あまり長く待たせては悪いと思い、大慌てで艦内を走りまわったので、汗だくになりました~(2月だと言うのに)。周りからは変なオバさんと思われたかもしれません。

tougou-2.jpg

「三笠」の概要をパンフレット(財団法人・三笠保存会発行)から転載します。

戦艦「三笠」は明治36年(1902)にイギリスのヴィッカース造船所で建造されました。日露戦争における日本海海戦ではバルチック海から増派されたロシアのバルチック艦隊を対馬沖で迎え撃ち、東郷平八郎司令長官が座乗する連合艦隊の旗艦として常に先頭に立って勇猛果敢に戦い、海戦史上例を見ない圧倒的な勝利に大きく貢献しました。

戦いが終わり佐世保に入港していた際に火薬庫の爆発により沈没しましたが、揚収・修理後第一線に復帰し、海上防衛・警備の任務を全うしました。大正12年(1923)に現役を退き一旦は廃艦にすることが決まりましたが、ワシントン軍縮会議において記念艦とすることが認められ、約1年半にわたる改修工事を経て大正15年に現在の地に保存されました。

昭和20年(1945)太平洋戦争に敗れて連合軍が日本に進駐し、連合軍司令部の命令により、「三笠」は船橋、マスト、大砲、煙突など上部建造物の全てが撤去され、見る影もなく荒廃しました。昭和30年に至り、内外から記念館「三笠」を元の姿に戻そうとの声が高まり、多くの人々からの募金、政府の予算、アメリカ海軍などの支援により昭和36年に元の姿に復元されました。

以下、艦内の様子です。
艦橋から見た40口径12インチ(30センチ)主砲
mikasa-deck.jpg

15センチ砲
mikasa-15.jpg

舵輪
mikasa-darin-2.jpg

ハンモック
mikasa-hammock.jpg

バス・トイレ
mikasa-bath.jpg

厨房
mikasa-kitchen.jpg

士官室
mikasa-shikanshitu.jpg

この他、長官公室、館長室や東郷司令長官の遺髪、36式無線電信機などが展示されていました。

タグ : 三笠 東郷平八郎

14:37  |  日露戦争  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。