2009年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/14(Sat)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT



2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、同年夏にロンドンで開催するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルとその舞台裏を収めたドキュメンタリー。100時間以上に及ぶ楽曲とパフォーマンス映像や、舞台裏でのマイケルの素顔を記録。監督は、ロンドン公演そのものの演出も務めていたケニー・オルテガ。(eiga.comより)

line001.gif

この手の映画はスクリーンで見ないと、お話になりません。音響も大事な要素ですから。ということで、遅ればせながらの観賞です。

実は私、マイケル・ジャクソンの初来日ツアー(ジャクソン・ファイブ時代を除く)に行ってるのですよ。横浜スタジアムに二回。一回はアリーナ席、もう一回はスタンドで見ました。後楽園球場のコンサートも行ったような気がするのですが、こちらは記憶が曖昧です。当時は広報関係の仕事に就いていたので、チケットは人に配るほど手に入れることができました。身銭を切ったチケットならば、それなりに思い入れもあったでしょうが、そうでないと印象に残らないものですねぇ。コンサートの内容はほとんど覚えておりません。かろうじて、ムーンウォークに会場が沸いた様子は記憶に残っています。マイケルに会ったスポンサー企業の担当者が「マイケルと握手したんだけど、すごく柔らかな手だったよ」と言ってました。

あの頃のマイケル・ジャクソンは存在そのものが社会現象でした。類まれな才能は世界中から賞賛を受け、アルバム『スリラー』は驚異的なヒットを飛ばしました。そんなマイケルの変遷は皆の知るところです。偉大なアーティストであるにもかかわらず、ゴシップのネタにされ、彼の鼻をネタにしたコントを演じる芸人もいました。日本においてはマイケルの評価は失墜したと言えましょう。そんな時に飛び込んだ訃報。それに続くドキュメンタリー映画の公開。再びマイケルは私たちの前にアーティストとして蘇ってくれました。不謹慎を承知で申すならば、この映画によってマイケルは『死に花』を咲かせたのではないでしょうか。彼の生きる場所はステージしかなかったのかもしれません。

さてさて、映画の感想・・・。
マイケルと同世代の私としては映画に陶酔するというよりも、今までの人生を振り返りつつ、画面を眺めていました。マイケルを観に行った時の人間関係が思い出されてくるくる・・・。あの人今頃どうしてるんだろう、あの時、ああしていたら・・・・といった雑念が次から次へと現れてきて、映画に没頭できませんでした。昔のヒット曲を聞くと当時のことが思い起こされるってヤツですよ。で、目の前に映る50歳のマイケルはこの世にいないと思うと、若くして亡くなった知人を思いシンミリしてしまう。人間は儚いものだとタメ息も出る。寿命だと言ってしまえばそれまでなのですが。

そうそう、リタ・ヘイワースの『ギルダ』とボギーの『三つ数えろ』が挿入されてました。これらの映画のシーンにマイケルが登場するような加工がされているのです。おそらくコンサートで使う予定だったのでしょうね。マイケルに復活コンサートをさせてあげたかったなぁ。ファンも楽しみにしていたことでしょう。今は亡きング・オブ・ポップに合掌。
スポンサーサイト

タグ : 映画感想

17:20  |  映画  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。