2009年11月/ 09月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/30(Mon)

坂の上の雲「少年の国」

sakanouenokumo_1.jpg
彼らは明治という時代人の体質で
前をのみ見つめながらあるく
のぼってゆく坂の上の青い天に
もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、
それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう
(題字・文 司馬遼太郎)

いよいよ始まった『坂の上の雲』。オープニングから、感極まって涙ぐんでしまった。お城の石垣の傍で遊ぶ明治の子どもたち。貧しげな身なりはしているけれど、はじけた笑顔でこちらを覗いている。「ぼくらが作った日本は今も輝いている?」とでも言っているようだ。

原作の冒頭「まことに小さな国が、開花期をむかえようとしている」というナレーションに久石 譲さんの音楽が加わる。続いて、明治を映し出す古ぼけた写真と映像の数々。ここからは司馬さんの「あとがき」が引用されている。

明治維新によって日本人ははじめて近代的な「国家」というものをもった。た(だ)れもが「国民」になった。不馴れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者として その新鮮さに昂揚した。このいたいたしいばかりの昂揚がわからなければ、この段階の歴史はわからない。

ドラマであるから、当然、脚本家はいるであろうが、司馬さんの、この名文を超える文など書けようはずもない。司馬さんへの敬意を込めて、原文をそのまま使ったのが良かったと思う。このナレーションンにまず感激した。司馬さんの文章は日本人の感性に響く言葉で構成されている。原作の解説文を書いている島田謹二氏の言を借りれば、「日本人が胸のおくに一様に隠し持つ一ばん深い基調音を低音でしのび鳴らしながら、読者の心をえもいえぬ感動へ導いてゆく」のだ。(解説も名文です)久石 譲さんの音楽は司馬さんの世界を音で表現し、視聴者の気分を高める。

司馬さんは明治の明るさは「楽天主義」からきているという。このドラマは滑稽なほどに楽天的な連中が、ヨーロッパ先進国と対決し、どのようにふるまったかという物語である。私の年代は「日露戦争」について、学校では詳しく教えられていない。おそらく、日露戦争における勝利が太平洋戦争への導火線になったと考える人がいるからなのだろう。日本は勝った。それを考え違いした後世の人々の愚行によって、日本人というものを全否定してしまうのは悲しい。ドラマが日本人の気質を考え直すきっかけになればと思う。

photo01.jpg

登場人物たちが皆明るい。とんでもなく貧乏なのに楽しそうだ。秋山家の好古・真之の兄弟愛が心を打つ。父親の伊東四朗さんの、おとぼけぶりが可笑しい。兄弟が下宿する家・・・なにもあそこまでのボロ家に住まなくても(笑)。イヤ、それが明治の軍人魂なのだろう。真之が東京へ出発するとき、お徒士組頭が、はなむけの言葉を送るのが滑稽。近代国家をめざす明治に封建制度がしぶとく残っている。子規を演じている香川さん、あんな中学生はおらんぞなもし。どうみたって30歳は超えてるでしょうが(爆)。

注目の初回。丁寧な作りに製作サイドの意気込みを感じた。司馬さんも、雲の上からOKサインを出してくれているのでは・・・。
スポンサーサイト

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : 坂の上の雲

17:13  |  日露戦争  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。