2010年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/03(Tue)

龍馬伝

久方ぶりに大河ドラマを観ている。それも、今まで興味がなかった幕末ものを。理由は単純、坂本龍馬を演じているのが福山雅治さんだから NHKの策略にまんまと引っ掛かった(笑)。福山さんの体当たりの演技がドラマに活力を生み出し、龍馬の時代を明るく照らしている。さてさて、幕末とは?・・・、ということで、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』全八巻と『幕末』を読んだ。小説であるから、どこまでが史実かどうかわからないけれど、司馬さんに幕末を案内してもらい、風雲の情景が少しだけ見えてきた。志士たちの、あざやかなほどの無私さに心を打たれる。

で、ドラマ。突っ込みどころが満載だぁ まず、武田鉄也さん演じる勝海舟。目じりを釣り上げるメークを施し、若く闊達な海舟を作りあげているが、ちょっとイタい 
上川隆也さんの中岡慎太郎も少々無理がないかい?とても20代には見えませぬ。このご両人の不自然さの、さらに上をいくのは近藤正臣さん演じる山内容堂公!龍馬が活躍していた頃の容堂は30代。しかし、ドラマではまるで水戸黄門みたいなおじいさんになっている(爆)。実年齢に近い役者さんだと、ドラマ全体が軽くなるから、敢えて年配者を使っているのかもしれない。

あと、岩崎弥太郎!あんな描き方をして大丈夫なのだろうか?三菱の人はクレームをつけないのかなと要らぬ心配をしてしまう。しかしながら、キャラは抜群に面白い。香川照之さんが画面に登場するのを毎回楽しみにしている。始めの頃は貧乏と性格の悪さが際立っていたが、商売が軌道に乗ると「良い人」っぽくなってきた。人間、余裕がないと窮屈な人間になってしまうんだなぁ。
しかし余裕がありすぎると慢心してしまう・・・人間稼業はやっかいでありんす

西郷隆盛役の高橋克実さんも独特の味を出していてる。『竜馬がゆく』には、龍馬が西郷の印象を「西郷という人物はまことに底の知れない人間で、大きく打てば大きく響き、小さく打てば小さく響く、利口なら大利口、馬鹿なら大馬鹿である」と勝海舟に語るシーンがある。ドラマでも使われていたセリフだ。西郷と言えば・・・。司馬さんの著書『余話として』に、面白い話が紹介されている。維新前には名乗り(ナノリ)というものがあったそうだ。大石内蔵助は良雄、坂本龍馬は坂本直柔(なおなり)である。龍馬は通称であって正式名ではない。西郷の通称は吉之助だ。維新後、戸籍名を届け出ることになり、多忙な西郷の代わって薩摩藩出身の吉井友実(ともざね)が西郷の名乗りを隆盛と届けた。ところが西郷隆盛というのは、西郷の父親の名乗りで、吉井はそれと混同したらしい。当の西郷がもどってきて、吉井から事情をきき、礼をいったがあと吉井に「おいは隆永(たかなが)じゃど」と、こぼしたという。西郷にはどこかユーモラスな雰囲気があったのだろう。とすれば高橋克実さんの起用は正解かもネ 西郷どんの今後の活躍を期待しておりますぞえ~!





スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝 - ジャンル : テレビ・ラジオ

10:25  |  歴史  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。