2011年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01/31(Mon)

犬とあなたの物語 いぬのえいが

私は大の犬好きだ。現在、2頭のワンコを飼っている。そのうちの1頭が昨年の5月に痙攣発作をおこして倒れ、3カ月後には白内障で視力を失った。食事は午前と午後、それぞれ30分かけて手作りしている。散歩は抱っこして連れていく。夜はリビングに布団を持ち込み、一緒に寝ている。また、月に一度は病院へ連れて行き、血液検査とグルーミングをしてもらう。夏は24時間エアコンを入れ、冬は朝まで暖房のスイッチがオンになっている。一つ屋根の下に住み、生活にすっかり入り込んでいる犬たちは私の生活の一部だ。飼い主は世話をする中にあらゆる喜びを見出している。映画の中に「犬はいつも思っている。あなたに何かしてあげたい」というナレーションが入るが、うちのワンコには当てはまらないなぁ。「 はいつも思っている。飼い主に何をしてもらおうか」と(笑)。

line001.gif

本作は6つの話からなるオムニバス映画。前半の「あきら」「愛犬家をたずねて」「DOG NAP」「お母さんは心配性」は、飼い主の愛犬への過剰な愛がユーモアたっぷりに描かれていて楽しい。劇場のあちらこちらで笑いが起きている。私も声を立てて笑う。が、私の行動もご近所の笑いの種になっているのでは・・・ふと、不安がよぎる 10キロのを抱きかかえて、ほっつき歩いている私に「重いでしょ?」と優しく声をかけてくださるが、バカと思われているかもしれない 傍からみると、滑稽だろうなぁ。。。

6つの話の中で、一番共感したのは息子の結婚披露宴に出席している母親が、留守番をしている愛犬のことを思い、あれこれと妄想する「お母さんは心配性」。私もワンコを残しての外出は気が気でない。自宅が火事になったらどうしよう、泥棒が侵入し人懐っこいをさらったらどうしよう、はお腹をすかせて哀しい思いをしていないか・・・などなど。というわけで、無用な外出をひかえ、家にへばりついてワンコたちを見守っている。劇場へは決死の覚悟で足を運ぶ(笑)。

inu_1.jpg

オムニバスの核となっているのは「犬の名前」。翻訳家の一郎(大森南朋)は、小さいころに飼っていた柴犬が車にはねられたショックが原因で、犬が嫌いになってしまった。しかし妻の美里(松嶋菜々子)は、自分が世話をするとラブラドールレトリバーのラッキーを勝手に引き取ってしまう。一郎は、毎日静かに自分を見守ってくれるラッキーと、少しずつ心を通わせていくが……。(作品資料より)

それまでの物語とは様相が異なる切ない色調、ドタバタ喜劇のあとの唐突なシリアス劇。。。前半の楽しい気持ちが一気にさめ、不快感に襲われてしまった。柴犬が車にはねられたのは飼い主の不注意によるもの。腹が立った。物語の流れの中での柴犬の死で、いわゆるプロローグとして挿入されているのだが、最後までそのことに気をとられてしまい、登場人物に心を重ねることができなかった。さらに私を苛立たせたのは、美里(松嶋菜々子)がラブラドールレトリバーを殺処分しようとする箇所である。そこまで美里が追い込まれていたことを表現したかったのだろう。しかし、思考が安易で極端すぎるのではあるまいか。この映画を劇場に観にくる人は犬好きが圧倒的に多いことを考えてほしい。

inu_2.jpg

最後の「バニラのかけら」は愛犬を失った飼い主に寄り添うような視点で描かれており、心静かに観ることができた。




スポンサーサイト

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

09:45  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.01/25(Tue)

デュー・デート

この映画、『おかしな二人2』(98)に、とっても似てる 焼き直しなのかな?それらしいことは作品情報に載っていないけどなぁ。。。『おかしな二人2』は、ニール・サイモンが脚本を手掛け、ジャック・レモンとウォルター・マッソーの競演が楽しいロード・ムービー・コメディでありんす。『おかしな二人』の30年後の設定・・・ね この映画はマイベスト・コメディなんですよ。可笑しいったらありゃしない。笑いすぎて涙と鼻水まみれになってしまいました で、『おかしな二人2』的な笑いを求めて劇場へ行ったんですけど・・・。結果は撃沈でやんした 劇中、1箇所ほど面白いシーンがありましたが、これは『ミート・ザ・ペアレンツ』のパクリぽかったへのオマージュでしょうか。コメディ映画には寛容な私ですが、本作はねぇ、、、、

だんだんと、ロバート・ダウニー・Jrの感性がザック・ガリフィアナキスのそれに近づいていく下りは笑えたかな。狂気が正気を打ち負かしたみたいで面白かった。以上であります!
14:40  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.01/21(Fri)

ソーシャル・ネットワーク

今年度のゴールデングローブ賞最優秀作品賞を受賞したんですと おめでたいことでありますなー ソーシャル・ネットワークとはインターネット上でコミュニケーションをとるためのネットワークなんだとさ 人は無意味に繋がっていたいのかしら(語弊あり?)。私はHPもブログもやってるし、ネットから情報を得ることも多く、この便利なツールの恩恵を受けている一人なんですけどね。でも、最近はリンクしているブログさん以外のブログはほとんど見なくなったなぁ。ツイッターもやってはみたけど、全然面白くなかったぞな だって、発信する情報ないもん どうでもいいようなひとり言のオンパレードについていけませぬ。今は星の数ほどあるブログの中で、奇跡的にめぐり会えた方とのおつきあいを大事にしていきたいと思ってます。

social.jpg

本作は世界最大のソーシャル・ネットワーキングサービス「フェイスブック」を構築したマーク・ザッカーバーグの半生を描いたもの。正直言って面白くなかった 理由ははっきりしちょります。マーク・ザッカーバーグに興味がないから。天才と形容されていますが、それはちょっと違うんじゃないかい?映画の初めの方でパソコン用語を乱発してるから、そう見えるのかなぁ。頭脳明晰で商才に長けた、そして何よりも運の強い少年であることは間違いないですが・・・。時代の寵児ですよ。

先日、朝日新聞に「フェイスブック」についての記事がありました。サービスを使う人は世界中で5億人を超え、チュニジアの政権崩壊でも影響力を発揮した。しかし、日本のネット人口で「フェイスブック」の利用者はまだ数%である。「フェイスブック」の特徴は徹底した実名主義。その「フェイスブック」が今、日本進出に向けた攻勢を本格化しているんだとさ・・・。無知な私は創始者のマーク・ザッカーバーグなんて知らなかった 「史上最年少の億万長者」と言われ、昨年、アメリカの雑誌「タイム」の「今年の人」に選ばれて話題になったのだそう。ホリエモンみたいな感じなのかな?いずれにせよ、日本では知られていないと思う(知らぬは私だけかも)だから、この映画の受け取り方は米国と日本では違ってくるんじゃないかしら。映画で描かれているマーク・ザッカーバーグはオタクでちょっとイヤなヤツ 彼のサクセスストーリーなんて、面白くないわなー。映画の云わんとすることはわかる。友情と裏切り、富と孤独・・・それって古今東西、描かれてきた世界です。その見せ方が斬新と言いたいのでしょうが、フラッシュバックの多用、さみだれのように耳に降りつづくセリフ・・・せわしないだけでござった 

面白くないと思ったのは私だけじゃないみたい。途中で席を立って戻ってこなかった(退場しちまった)人が10人くらいいた!こんな光景は初めて でもね、アカデミー賞候補で、スタイリッシュな映画だから、映画ブロガーさんはこぞって賞賛するんだろうな(苦笑)。純粋に面白いと思った人、ごめんなさい アホのたわごとでした。

タグ : 映画感想

13:05  |  映画  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.01/20(Thu)

僕が結婚を決めたワケ

主演はヴィンス・ヴォーンさん。お気に入り俳優のひとりでございます 『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(97)で大役を獲得、続く『サイコ』(98)でサイコ野郎を演じメジャーな存在になりました。『アダルト♂スクール』(03)ではコメディ演技に才能を発揮し、今やアメリカを代表するコメディ俳優として活躍しておられまする。ところが、日本での知名度・人気はイマイチのような気が 映画館に足を運ぶ人も少なく、館内はガラ~ン 日本女性はイケメン好きだからなぁ。。。ハイ、残念ながらヴィンス・ヴォーンさん、イケメンとは言い難く・・・でもでも、独特の味があるんですよ。(私は趣味が悪いのか?)

dilemma.jpg

ウィノナ・ライダー嬢が出演しているのも見どころのひとつ♪初めて彼女を見た時は「この世にこんなに可愛い人がいるんだー」って胸キュンしたでござるよ そんな彼女ももうすぐ40歳。久しぶりにスクリーンで見ると、可憐さは消え失せ大人になってました 特に口元に年齢を感じましたよ。女優はシビアな職業ですね。今も美人ではあるんですけど・・・。

監督は『アポロ13』『ダ・ヴィンチ・コート』『ビューティフル・マインド』『バックマン家の人々』など、数々のヒット作を手がけてきたロン・ハワード。私は『ガン・ホー』(86)が一番好きかなぁ。日本企業をコケにした内容だったので、日本での公開が見合された映画です。私はビデオで観たのだ~!繰り返し見ちゃったもんね バカバカしいコメディでござった。で、今回観た『僕が結婚を決めたワケ』はシニカルなコメディ~。遊び心に満ちたアイロニーで笑わせます。たぶん、こういう作風は日本人には不人気だと思う。しかし、私のアホ脳は面白いと感じちゃった

【ストーリー】
ロニー(ヴィンス・ボーン)は、自動車関係のベンチャー企業を営む40歳の独身男性。恋人のベス(ジェニファー・コネリー)は腕のいいシェフで、同棲生活は順調そのもの。これまで結婚願望を持たなかったロニーも、ようやくプロポーズの決意が芽生える。その矢先に、彼の心をグラつかせる大事件が勃発!大学時代からの親友でビジネス・パートナーでもあるニック(ケヴィン・ジェームズ)の妻ジェニーヴァ(ウィノナ・ライダー)が若い男と浮気している現場を目撃してしまう!ニック夫妻の危機を知り、結婚というものがわからなくなってしまうロニー。加えて、無二の親友に妻の浮気を告げるべきか否かで、その心中は千々に乱れる。(TOHO CINEMASより)

と、ありましたが、結婚の意味を問う・・・みたいな真面目な映画じゃありませんことよ ロニー(ヴィンス・ボーン)が生み出す騒動の顛末やいかに・・・というお話。本人は大まじめなんですけどね。物事に固執しすぎて融通が利かないタチなんですよ。のめり込みやすい性格で、以前はギャンブル依存症だった。白黒ハッキリさせたい気持ちが強いとギャンブル狂になりやすいのかも・・・。こういう男が親友の妻の浮気を知ったら、波風立てますよね~。それもハリケーンクラス 親友に真実を話すべきか否か・・・。話したら傷つくだろうから話せない。でも、浮気しているという事実に目をつぶることは生理的にできないんですな、ロニーという男は。そして悶々とするあまり、突飛な行動に走ってしまう(笑)。原題のThe Dilemmaが内容を的確に表しておりまする。生きていく上でストレスとジレンマは付きもの。この映画はそういう負の部分をデフォルメして笑いに変えているのです。

私だったらどうするか・・・。親友の旦那さんの浮気を知ったら、そりゃ言いますぞな。口が軽いですから(笑)。 いやいや、ロニーと同じ行動に出るでしょうね。まずは浮気している人間に「今すぐ不倫関係を清算しろ」と諭します。映画では浮気女のジェニーヴァ(ウィノナ・ライダー)が、反省するどころか、忠告するロニーに対し足ざまにののしるんですよ。これをきっかけに事態は思わぬ方向へと進んでいくことに ジェニーヴァ(ウィノナ・ライダー)の心理も分からんでもない、怒られたら怒り返せ???逆切れは防御手段の一つです 

浮気女が居直ったのだから、もう、これは親友に告げ口(?)するしかありませぬ。穏便にことを運ぼうとしたのにね・・・。ロニーが浮気現場をカメラにおさめようと奮戦するシーンは笑えます。狂乱の世界を覗くのも一興ですぞえ この映画から得た教訓!「見ざる、聞かざる、言わざる」そうして中庸の精神を持ち、穏やかに生きていきたいものです

タグ : 映画感想

10:01  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。