2012年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05/05(Sat)

山の音

オフィス街を足早に進む人たちが映された後、画面は社内に変わる。「お先に」の会話が交わされているということは、オープニングは帰宅の光景だったのか。道理で服装がくだけているわけだ。上原謙さん演じる修一が、秘書っぽい女性に「親父帰った?」と聞く。父親が社を出たことを確認し、彼女をダンスホールに誘った。ロクナモンじゃないな(笑)。

yamanooto.jpg鎌倉駅から勤務を終えた人たちの群れの中に修一の父・信吾(山村 聰)がいる。迎えが来ているのだろうか、誰かを探しているような素振りであるが、誰も現れない。商店に立ち寄り、みやげを買って家へ帰ろうとしている信吾の後方から、一台の自転車が勢いよく走ってきた。バックに流れる明るい音楽が、原節子さんの笑顔を一層華やげる。「お父様、お帰りなさいませ」見つめ合う二人は、まるで恋人同士のようだ。たいして面白くもない(←失礼)話に、菊子(原節子)が笑いころげている。信吾も楽しそう♪駅前で探していたのは菊子だったのかも・・・。

家に着いても、信吾と菊子のじゃれ合いは続く。菊子を天真爛漫な女性だと思って見ていたが、そうではないと分かる。夜遅く酒に酔って帰宅した修一を出迎えた菊子の、先ほどまでとは別人みたいな暗い顔。信吾と菊子は実の親子だと思っていたが、菊子は修一の妻で、信吾は舅であった。

修一と菊子の関係は、冷め切っているようだ。修一には戦争未亡人の絹子(角梨枝子)という女がいる。絹子の存在が夫婦仲を悪くしているのではなく、菊子への不満が修一を浮気に走らせたのではないだろうか。なぜなら、絹子と会わない日でも、修一は、酔っぱらって夜遅く帰ってくる。陰気な表情で。

妻・菊子と父・信吾の仲の良さが、夫婦不仲の原因なのかもしれない。菊子は信吾になついているという感じだが、信吾は菊子に対して特別な思いを寄せているように思えてならない。と言っても、邪な気持ちではなく、妻と娘にはない清らかさを持つ菊子を、純真な愛で見守っている・・・という感じだ。そうでなければ、大いびきをかいて寝る妻の描写に、あれほどの時間を取らないだろう。夫と喧嘩し出戻ってきた娘も、好意的には描かれていない。生活臭をプンプンさせ、ギシギスしている娘。「お父様、私が生まれた時、美人でなかったんで、がっかりなさったんですってね」などと、拗ねたことを言っている。信吾は美しい女性が好きなのだろう。

そんな夫婦であるが、菊子は妊娠する。愛の結果ではないお腹の子を、菊子は中絶しようとする。子供をかすがいに、夫婦関係を改善する気はない!この決断で私たちは菊子の気持ちを確信を持って知る。彼女は夫に愛想を尽かしているのだ。

菊子がそこまで思い詰めていると知った信吾は、修一夫婦との別居を提案する。それは修一の浮気相手と同居している女性からの忠告を受けてのことだった。「別居なさることはお出来になりませんの。奥さんと二人きりでお暮らしになれば、絹子さんとは別れていくような気がしますけど」やはり、そうか。修一は菊子と信吾の仲の良さを快く思っておらず、周囲に愚痴を言っていたに違いない。

菊子の決意は固かった。中絶は浮気相手の絹子への当てつけなどではなく、修一と別れるつもりになったからだ。舅との別居話が菊子の決意を後押ししたのかもしれない。ラスト、公園を並んで歩く菊子と信吾、木立の中を抜け出たふたりの前には芝生の広場があった。菊子の人生が、ひらかれたことを示す光景で映画は幕を閉じる。
スポンサーサイト

タグ : 成瀬巳喜男

00:10  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。