2012年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05/30(Wed)

裸の島

カメラが上空から、小さな島を写す。島の斜面は耕され、畑になっている。荷を背負った女と天秤棒を担いだ男が、段々畑を上っていく。「耕して天に至る 乾いた土 限られた土地」と、字幕が示す島に、一組の夫婦とその子供たちが暮らしている。島には水がない。だから夫婦は小舟を漕いで近くの島へ行き、水をくんでくる。天秤棒の両端に水を入れた桶をさげ、一歩一歩踏みしめながら、斜面を上っていく。天秤棒がしわむ。夫婦を演じているのは乙羽信子さんと、殿山泰司さんだ。桶には水が満々とある。嘘も仕掛けもないと言わんばかりに、カメラはその様子をロングの1ショットにおさめている。乙羽さんには過酷な撮影だったと思う。

hadaka_1.jpg

この映画には、淡々と流れる音楽と効果音、子供たちの歌声が入っているが、台詞はない。重い天秤棒を担いで斜面を上り下りする姿、杓子で水をまく姿、舟をこぐ姿が繰り返し流れる。乾いた畑は与えられた水を、一瞬にして吸い込み直ぐ乾く。だから何度も何度も水を運ばなければいけない。人間の営みの根幹を映像化した作品である。

最近、映画専門チャンネルで新藤兼人監督の特集が組まれた。放送されたのは本作の他、『愛妻物語』『原爆の子』『人間』『裸の十九才』『ある映画監督の生涯』『落葉樹』『午後の遺言状』『一枚のハガキ』。『午後の遺言状』以外は初見だった。『落葉樹』はかなり面白かった!『裸の十九才』は見応え十分だった。感銘を受け、永山則夫元死刑囚の書いた「無知の涙」を読んだが、散文的かつ、哲学的すぎてチンプンカンプン・・・途中で読むのを止めた。ああいう人間を理解するのは難しい。『一枚のハガキ』の演出は、胸が詰まるほど素晴らしく感動した。『午後の遺言状』は大好きな作品だ。『愛妻物語』と『原爆の子』と『人間』は、ちょっと。。。新藤作品は好きか嫌いか、はっきり別れる。

新藤兼人監督が亡くなられた。偉大な監督であり、脚本家だった。『暁の追跡』(1950年、脚本)を観た直後に、訃報に接し、驚いている。ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

タグ : 新藤兼人

22:30  |  映画  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。