2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.06/24(Sun)

島津義弘の賭け

20070624125805.jpg


著者のプロフィーールを見ると、東京大学史料編纂所教授とある。
古文書を読み解く第一人者ということだ。
どれだけお堅い本かと思いきや、平易な文章で書かれていて、とても読みやすかった。
古文書を知り尽くしている人だから、素人にもわかりやすく解説できるのだろう。
それと、山本先生が島津義弘という武将が好きなのだと思う。
古文書を客観的に解読した本とは違った趣がある。
一見、小説とも思えるような文章になっている。

著者いわく、多くの大名家には、史料があまり残っていないが
島津家には、信頼性の高い史料が豊富に存在する。
このため、他の大名家では明らかにしがたい複雑な内部事情がわかるということらしい。

長兄で島津家16代目当主・島津義久と、その弟である義弘。
義久が「伝統」を重んじ、豊臣政権から距離をおこうとするのに対し
義弘は豊臣政権に服属し、島津家を発展させようとする。
やんちゃな次男坊という感じかな(笑)。

義弘と言えば、慶長の役における泗川での戦いぶりと関が原の敵中突破が有名だ。
しかし、この活躍の裏には、お家事情による義弘の苦悩があった。
朝鮮出兵に積極的ではない義久。島津の実権は、この兄が握っているので
国元から兵を動員できない。
朝鮮侵略の開始時、義弘は日本軍の第四軍に属したが
朝鮮に渡る軍船が、国元を出発するときから、一艘も来なかったのだ。
しかたなく賃船を借りて、共を5、6人つれて渡航した。
国元の妻への手紙に「恥ずかしい」と愚痴をこぼしている(笑)。

豊臣政権に上洛を命じられた時も、旅費を借金しての惨めな道中だったらしい。
義弘は、ことあるごと妻に手紙を出している。書かれている弱音を見ると
戦国武将も血の通った人間だったのだと感じる。

関が原の合戦、義弘の兵力は、たったの200人(笑)。
いくらなんでも、これじゃあ、戦が出来ないということで
国元から義勇兵を集い、なんとか1000人を集めた(これでも少ないけど)
関が原での島津軍は、島津家あげての軍勢でなはく、義弘をしたう義勇兵だった。
だから、敵中突破を成し遂げられたんだろうな。


12:38  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

島津家には、信頼性の高い史料が豊富に存在するってそうなんですか?!
これだけの武将なのに図書館ではあまり見かけないんですよね
義弘って筆まめな人だったのですね。
どうしてもまだまだこちらは、知識不足で
戦ムソのイメージが強くて(笑)
鬼島津と呼ばれ恐れられていたというあの島津です
こんな裏話があったとは、知ることって本当面白いです

晩年になって義弘死去に後を追って13名の家臣が殉死している
っていわれるのも、島津がそれだけ家臣に慕われていたことですかね?
Kuu | 2007.06.24(日) 22:12 | URL | コメント編集

島津には、国宝級の「島津家文書」をはじめとして
国の重要文化財の指定を受けている古文書が、いくつか残っているそうです。
この本を読むまで、私も知らなかったですぅ。
平安時代からの名門で、戦国、江戸と生き残った家ですから
史料が豊富に存在してても、おかしくないですよね。
武田や今川のように滅んでしまった家は、史料があまり残りませんけど・・・

義弘は筆まめだったそうです。
しつこいほど手紙を書いて、それに対する返事がないと怒ったりしてます(笑)。
手紙の内容は「金がな~い!面目がたたないよー。かぁちゃん元気?」みたいな・・・
戦場では鬼だったようですが、人間らしい一面も持った
魅力ある武将だったみたいです。

そうそう、13名の殉死者がいたのですよ・・・よくご存知で!
義弘の息子・家久が、殉死をかたく禁じていたのにもかかわらず・・・
これに家久が怒って、家禄を没収したのですって!気の毒です。
後に殉死者の志が認められて、家財は復されたそうです。
マーちゃん | 2007.06.24(日) 22:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。