2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07/07(Sat)

百姓から見た戦国大名

注文しておいた本が届きました♪
「雑兵たちの戦場」「戦国北条一族」「百姓から見た戦国大名」「真田昌幸」「川中島合戦再考」の計5冊。
まず、読んだのは、黒田基樹氏の「百姓から見た戦国大名」
この方の名前は、よく目にしていました。
武田関係の本の中で、黒田氏の論文を、参考文献として紹介している人が多いからです。
序文でおっしゃっていることが素晴らしい 目からうろこです!!

戦国大名を取り上げた書物の大半は、個別の大名を取り当げ、大名の生涯を追ったり
彼らが繰り広げる合戦などを扱ったもので、たいていは大名の視点から叙述されている。
・・・・(中略)・・・・戦国大名とはどのような存在で、
どのような歴史的な位置にあったと考えられるであろうか。
そのことを理解するためには、戦国時代における民衆の日常はどのようなもので
その日常のなかから、どのようにして戦国大名が生み出され、展開をみせていったのか
という考え方をしていくことが大切になる。

たしかに!私なんぞ、戦国時代とは何?と問われたら
「戦国大名が領土拡大のため戦にあけくれた」としか答えられない
戦国の社会システムを知ることが肝要ということですなっ
戦国時代をみる際には、何よりも人々の課題が、自らの生存そのものにあったということを
強く意識しておかなければいけないそうです。
この時代は、慢性的な飢餓状況を克服していくための、新しい社会の仕組みが
形成されていく時代であり、そのなかで、戦国大名が生み出されたということ。
大名の野望に、百姓が巻き込まれたというだけでもなさそう・・・・
まず、村と村との凄まじい戦争があって、それに領主が介入し、領主同士の戦争へ拡大してしまう。
その紛争を解決するため、大名権力が干渉するといったこともあったようです。

また、合戦は武士のものと思いがちですが、実態は民衆を巻き込んでいます。
戦場では耕地が破壊され、家屋は放火され、人と物の略奪が繰り広げられます。
乱捕りに夢中になり、勝敗の行方さえ知らない者もいたとか・・・・笑
討ち取った敵兵から、刀以下の武器・武具類を奪い、それを身にまとって良い格好になり
さらに馬や女性を略奪して、財産を増やし豊かになる。
しかもそれによって領国内は平穏が保たれていたそうです。

まだまだ、書きたいことがあるのですが、長くなりそうなのでやめておきます(笑)。
良書に出会えて満足


テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

14:28  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●No title

これちらっと図書館で読みましたよ
「雑兵たちの戦場」でもそうですけど、略奪や、いろんなことが書かれてて
戦国の時代を武将の視点ではなく、一般の庶民からみた
戦というものがわかりますよね
私も今日は、2冊図書カードで買ってきましたよ~!
Kuu | 2007.07.07(土) 22:04 | URL | コメント編集

●No title

Kuuさんも読みましたか!
戦国時代は、飢餓と戦争が日常化していたようで・・・
たぶん、一般の庶民も必死の思いで、戦に向かったのでしょうね。
「雑兵たちの戦場」は前々から読みたかった本です。やっと手に入れました。

今、必殺仕事人を見ているのですが(笑)
江戸時代は、戦国期に比べると、平和だなぁと思いましたよ。
多くの人が飢え死にするようなことは、なくなっていますもの。
江戸時代の人も、戦国は過酷な時代だったと感じていたのではないでしょうか・・・・
マーちゃん | 2007.07.07(土) 22:48 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。