2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.01/22(Mon)

フロイスの日本覚書で嗤う

【ルイス・フロイス】は、ポルトガル生まれのカトリック教会の司祭です。
1963年に日本に第一歩を印し、摂津、河内の各地を流転した後
織田信長との謁見を許されます。
フロイスは、その信長の寵愛を受け、岐阜城や安土城を訪ねたそうです。
さて、このフロイスさんの日本覚書に記されたヨーロッパと日本の風習の違いが
笑えるので以下、抜粋します。

☆われわれにおいては、人の訪問は、通常、何も携えずにおこなう慣わしである。
日本では、他人を訪ねて行く者は、おおむねいつも何かを持って行かねばならない。

☆われわれにおいては、だれかが贈り物としてもたらした品物は、
その同じ人にそれを勧めることができない。日本では親愛のしるしとして
贈った人とそれを受けた人とが、すぐにその場で試食してみなければならない。

☆われわれは、親指または人差し指で鼻孔をきれいにする。
彼らは鼻孔が小さいので、小指でそれをおこなう。

                20070122165841.jpg
             松田毅一/E・ヨリッセン著  中央公論社発行


人の家を訪問するときは、ショートケーキなんぞを土産に持参し
受け取った側は、「まぁ、美味しそう!さっそく皆で頂きましょう」とか言いますよね。
これって戦国時代からの風習だったんだ・・・

17:11  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●嗤えます!!

フロイスが見た日本というものを、読みたいと思いながら
いまだに、本屋で見つけられず・・・
親指または人差し指で鼻孔をきれいにするって
それって鼻をほじる!ってことですよね(爆)
親指で、鼻孔をきれいにしちゃうんですか?!
これまたびっくりです!
それに比べ日本人は、小指でなんて、まぁ!お上品だったのですね。
それこそ、当時は、お互いの国の風習の違いにびっくりしてたのでしょうね。
そんなことも、書き残してくれた、フロイスさん素敵です~!
Kuu | 2007.01.22(月) 19:00 | URL | コメント編集

本屋へ読みたい本を探しに行っても、置いていないことが多いですね。
よほどメジャーな本か、不人気で売れ残っている本しかないような・・・
鼻孔をきれいにするとは、鼻をほじる!ってことだと思います(笑)
そこで、私も試してみました。
親指でほじれるかどうか?・・・無理です!
人差し指では、どうかな?・・・これまた無理です!
バッチイ女だと思わないでください。
あくまでも、本の内容の検証ですので(笑)
これは北島三郎クラスの鼻孔の持ち主でないと無理なようです。
あっ、ジーくんなら大丈夫かも!
いろいろ書き残してくれたフロイスさんに感謝です~!
マーちゃん | 2007.01.22(月) 20:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。