2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.01/24(Wed)

風流は度を越すな

信玄公十九歳にて其一年無行儀之事
付御詩の事 
板垣信方換言の事

20070124110449.jpg

青年信玄(晴信)の乱行ぶりはすさまじく、重臣・板垣信方に換言されるまでは
手のつけられぬ状態だったそうです・・・ちょっと想像できません。
ちなみに信玄公、こんな和歌を残しています。

             霞より心もゆらぐ春の日に
               のべのひばりも雲になくなり


【風林火山】の旗をなびかせて、戦いにあけくれた方の歌とは思えない(笑)
凄まじい戦をしいられる武将にとって、和歌を詠むことが息抜きだったのかもしれませんね。
それに和歌のたしなみがなければ、辞世の句も残せないし。

風流といえば、忘れちゃいけない人がいます。
今川氏真で~す!
父今川義元が桶狭間の戦いで信長に殺されたあと、その弔い合戦をするでもなく
遊んで暮らしていた風流人。生涯に詠んだ歌の数は1700首を超えるとか!
討ち取った敵の首数が1700だったらよかったのにね(笑)
蹴鞠も日本一の腕前だったそうです。

風流もほどほどにしないと、身を滅ぼします。
12:50  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こないだのドラマ風林火山でも
板垣に、お説教をくらってたけど
そんなに若かりしき頃の、信玄さまは、手がつけられなかったのですか?!
信長の若かりしき頃の、うつけと競いますかね。
今川家は、もともと公家のお方だから
そのような事は、得意だったのでしょうね
弔い合戦をするでもなく 遊んで暮らしていたなんて
平和なお方です(笑)
私も、風流もほどほどにしないと・・ニカッ!
Kuu | 2007.01.24(水) 20:01 | URL | コメント編集

板垣さんは決死の覚悟で、お説教をしたのでしょうね。
日中から座敷の戸をしめきり、ローソクを立て
夜は朝の鶏が鳴き立てるまで狂乱してるヤツに物申すわけですから。
中で何をやっていたのやら・・・
でも信長の「うつけ」ぶりには、負けていると思います(笑)
うつけ度を番付にしたら、信長が東の横綱で
信玄公は西の小結クラスではないでしょうか?
若い頃にワルだと、その後天下に名を轟かせる人になれるのかな。。
不良のパワーって凄いですからねぇ。
今川義元・氏真親子は、笑わせてくれますよ。
「風林火山」では来週あたり、若き義元が登場しますね。
公家眉毛の風流な義元が見たいです・・ニカッ!
マーちゃん | 2007.01.24(水) 21:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。