2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/04(Sun)

武田の海賊衆

信玄公は「海を制するものは宇内を制す」と信じ、水軍を編成したそうです。
『甲陽軍艦』によると、水軍は【海賊衆】と称され、大小52艘の軍船を擁していたとか。
う~ん、パイレーツ好きとしては史実であると思いたい!
52艘が海上を進む光景を見てみたいものです。
秀吉による文禄・慶長の役では、何百艘もの船が朝鮮へむかったのでしょうね。
本格的な海上戦があったそうですが、どんな感じだったのかな?

武田に水軍組織があったことは事実らしい。
武田水軍は永禄13年(1570)から元亀3年(1572)の短期間のうちに編成され、
海上からの軍事物資の輸送に威力を発揮し、併せて信長の九鬼水軍に対抗したとのこと。

                        
Image0009.jpg
武田の大安宅丸の模型/八王子市・信松院蔵


九鬼水軍を率いた九鬼嘉隆は、信長の命によって鉄甲船を6艘造ったとか???
この船で毛利水軍に壊滅打撃を与えたらしい?
信長が造らせた大きな船=鉄甲船というのは、「多聞院日記」にまったくの伝聞として書かれているだけだそうです。
戦国時代の水軍関係の本がほしい!


09:15  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

水軍というとどうしても毛利を浮かべてしまうので
武田軍も海賊衆と呼ばれるほどの水軍を持っていたとは
なんか、びっくりしました。
52艘が海上を進むのは、見事ですよね!
ちょっと革新であれほど、鉄甲船にこだわったのを
思い出しましたよ!
信長も、鉄甲船を造ったのも、毛利に勝利するためだけで
あったとか?
九鬼水軍は、毛利軍と戦いで相手は兵船400・雑船100・
将兵8000あまりの相手に対して、7艘の大艦で大鉄砲の威力で
蹴散らしたそうですよ
でもそれほどの、強さを持つ九鬼水軍も信長亡き後は
内陸部においやられ、水軍は途絶えたらしいです。
Kuu | 2007.02.04(日) 21:11 | URL | コメント編集

武田水軍は今川水軍の船奉行を帰属させて編成したそうです。
毛利水軍は、兵船400・雑船100ですとー(驚)
そんな凄い規模だったのですか!!!
それに将兵8000!
名前から憶測すると兵船が戦闘船で、雑船は運搬船なのかな?
毛利は雑船で、本願寺に兵糧を運ぼうとしてたのでしょうね。
織田は、それを阻止すべく鉄甲船を造ったということですね。
たった7艘で大規模な毛利水軍を蹴散らかしたのですか!
積んでいたのは大鉄砲かぁ。
ということは、毛利水軍の船を大阪湾で直接攻撃したということになりますね。
凄いなぁ、歴史のロマンですなっ・・・見たいぞ!
Kuuさんに教えてもらって、ますます水軍のことが知りたくなりました。
北条水軍や上杉水軍のことも。
マーちゃん | 2007.02.04(日) 22:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。