2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/08(Thu)

熱く語る私

昨日「その時、〇〇が動いた」を見ました。その冒頭、信玄は新参家臣・勘助の助言をもとに甲州法度を制定し、領土拡大政策をとったというくだりがありました。武田に山本勘助という名前の武将がいたということしか証明できていない段階なのに、ずいぶんと大胆なご意見です。フィクションである大河ドラマのなかで、勘助が大活躍するぶんには、異を唱えるつもりはありませんし、むしろ楽しみにしています。ただ、歴史考察番組において、確定されていないことを史実として断定的に伝えるのは如何なものでしょうか。

番組全編に『甲陽軍艦』からの引用文が目立ちました。勘助については、この軍用書からの抜粋だと思われます。武田家を研究されている諸先生の著書は、甲陽軍艦の史料的価値を説明してから引用文を載せています。その価値は低いとされながらも、武田研究はこの甲陽軍艦を無視して進めることはできないようです。
そこに記載されているひとつひとつの事項を、他の信憑性のある史料と照らし合わせて、史実かどうかを確定していくという地道な方法です。ですから、番組も甲陽軍艦の信憑性を説明すべきではなかったでしょうか。

もうひとつ。
近年の研究から武田の家臣団が一枚岩ではなかったことがわかってきました・・・という部分。どんな研究なのでしょうね?信虎の追放は、晴信主体と理解され、晴信のために命をすてる覚悟の家臣たちが、行動をおこしたとされがちであったが、主体は甲斐の国人や世論であったという、笹本正治先生の研究のことでしょうかね。この本なら読みましたが、多数の史料を紹介し、理論的に説明されていました。その先生でさえ、信虎追放の理由は謎の部分が多いとしています。

番組制作スタッフの意図は、ドラマに登場する勘助を実在の人物としてクローズアップすること。勘助が信玄を育て上げたといわんばかりです。

川中島の戦いに関しては、何年か前にも取り上げて「近年の研究から意外な事実がわかってきました」・・と同じ口調で、先日の放送内容とは異なる川中島の戦いを紹介していたと思うのですが。

ちょっと、心身とも熱くなりました。ただいまの体温・・・38度で~す、風邪が直りません(笑)

11:16  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なるほど、突っ込みどころは、そこだったんですね
確かに勘助の存在が今でこそ実在説が大きくなってきましたけど
信玄は人の意見をよく耳を傾ける素晴らしい武将だったと
書かれていたことがあって
そのことからも、勘助の案によく耳を傾けていたのかな?って思って見てたけど
あの感じだと、確かに勘助が信玄を育てあげたと誇張する部分もあったかも・・・。
確かにこれは、事実がどうか確証のあることではないですよね。
武田軍を好きなマーちゃんにしてみれば、数々の部分に
憤慨することが、多いかもしれません。
でも、あまり熱くなりすぎて、また熱もあげないように気をつけて下さいませ。
まだまだ武田軍に関しては知識不足なので、またいろいろと教えて下さいね。
Kuu | 2007.02.08(木) 20:55 | URL | コメント編集

まったく、お恥ずかしい。
自分の書いた記事を読み直して、削除しようかと思いました。
憤慨した状態のまま、書きなぐっているので、自分でも意味不明です(笑)
でも、その時の気持ちを書きとめておくのもブログかなと思い直し
恥をさらしている状態です。
ドラマ「風林火山」の勘助は、大好きなのですよ。
どんな勘助や晴信公が登場してもOKです。
ただ、天下の国営放送が歴史考察番組で、情報操作をしてはいけないと・・・
昨日の放送は、始まる前から鬼の形相で待機してました(笑)
こっちは真剣です。遊びじゃないですからね。
だって小学生のころから大好きな信玄公ですもん。
最後の家臣団のお墓が映し出されたときは、感動の涙を流してました。
だったら、文句を言うな!・・・ですよねぇ。
でも、それは熱狂的なファンの微妙な心理なのです。
熱も上がったままです。
教えるなど、とんでもない!
信玄マニアの歪な知識とお笑いくださいませ。
マーちゃん | 2007.02.08(木) 22:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。