2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/19(Mon)

まじめに見よう!

大河ドラマ感想記。

このドラマは本格時代劇です。
『吉本新喜劇』のようなギャグ満載のお笑い劇ではありません。
私にとっては、待ちに待った武田もの。
真摯な態度で見なければいけないドラマだということは、わかっています。

でも人の心とは・・・・・・
自分の気持ちをコントロールすることが、これほど難しいとは・・・・
一度、心に根付いてしまった感覚を、どうしても払拭できずにいます。
晴信公の一挙手一投足に笑ってしまいます。
昨日は、またまた寝そべって本を読んでいるシーンがありました。
過去の放送で笑ったシーンの再現です。
こともあろうことか、今回は足の裏のアップまでありました。
前回よりもパワーアップした描写です。おまけに寝そべってる時間も長い。
善良な視聴者の笑いをとりたいという制作サイドの意図が読み取れます。

冒頭に登場した北条氏康も、これまたしかり!
20台前半の若殿とは思えない、随分と分別のあるお言葉を述べられていました。
あんな台詞は、人生の晩年をむかえなければ言えません。

信玄公と氏康は、蜜月の関係を築いていきます。
このふたりには、相通じるものがあったのでしょうね。
私の聞き違いだとは思いますが、家臣たちが呼ぶ若殿がバカ殿に聞こえます(汗)
信玄公も氏康も戦国を代表する名将です。
そのふたりを笑うなんて・・・猛省せねば!

話を変えましょう。
武田24将のひとり、真田幸隆が登場しましたね。
ご存知、真田幸村(本名信繁)のおじい様にあたる方。
武田に帰属して大活躍する調略の達人です・・・今後が楽しみ~。


あっ!このドラマの主人公は山本勘助だった(笑)



12:25  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

本格時代劇ですよね!でもいつも突っ込みどころが多すぎて
最近は、見る視点が怪しい方向にいってます
前回言ってたおっさん少年の、着物の襟元と裾の長さをみてしまった・・・
見ることは、そこじゃないでしょうがぁ~って感じですが
もう確認せざるをえなくなりまして(笑)
亀さん、もしかして首が短いのでは、ございませんか?
確かに、窮屈そうでした。
足裏アップなんてありました??
それは見逃しました・・
このままでは、この時代劇の信玄公が、まともな目でみれません
どうしましょうー!!
なんで、こんなおっさん少年がツボに入ってしまったのか
こうなったら、早くおっさん少年から抜け出てもらわねば
でも更なる心配ごとが・・あれをかぶったら
さらに吹き出してしまいそうなんですが。
早く、上杉謙信と顔をあわせ会話するシーンがみたいものです。
真田幸隆ひきる軍団の登場、何気にかっこよかったです!!
Kuu | 2007.02.19(月) 19:12 | URL | コメント編集

見る視点・・・私も怪しすぎる方向にバク進中です。
なんで、こうなったんざんしょ!軌道修正できましぇん。
おっさん少年が、めちゃくちゃにしよった(笑)
襟元と裾の長さの確認、ありがとうございます。
亀さんの首が短い(爆)ですっとぉー!!
それは致命的な欠陥ではありませんかー!!
言われてみれば、確かに短い・・・うんうん。
着方の問題ではない。
亀治郎さんは、亀が甲羅に首をひっこめている状態ですな。
亀よ、首を伸ばせ~!
足裏のアップを見逃しましたか?!
アップとはいかないまでも、足裏が映りました。
私の目は、鷹の目ですからね(ニヤッ)
あれって兜?
亀さんが妙なものをかぶって
騎馬軍団が、仮装行列集団にならねばいいのですが・・・心配です。
ガクさんの謙信はカッコイイだろうから
二人が並ぶと首の短い信玄公の頭が、謙信の肩くらいに?・・・やだぁ~
も~し、も~し、亀さん、亀さんよー
お前の頭はどこにある~
なんか壊れてしまいそうです。
マーちゃん | 2007.02.19(月) 20:17 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。