2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03/17(Sat)

小田原北条記

20070317131749.jpg 20070317131810.jpg
 江西逸志子原著 岸正尚訳 ニュートンプレス発行 

今日は犬たちと一緒に、あちこち浮浪してました(笑)。
お出かけついでに購入した「小田原北条記上・下」
文庫本で、1冊1000円という値段についつい・・・(汗)
小田原北条氏の5代をつづった戦記物語系の作品で、江戸時代に書かれたものです。

北条家、中でも北条氏康は名将だと言われているわりには、知名度が低い。
ドラマや有名作家の小説に、主役として登場していないからでしょうね。
実力からすると、信玄公や謙信と肩を並べる武将だと思うのですが!

「信長公記」も同じニュートンプレス社の原本現代訳シリーズで
発行されているので注文しようかと思っています。
上・下あわせて、2000円というのは嬉しいですよ!

話は大きく変わりますが、昨日の「朝日新聞」に面白い記事がありました。
生活欄でオナラについて詳しく解説してるのですよ(笑)。
この記事だけでも笑えたのですが、加えて昔話まで紹介してくれています。
その内容は・・・

【へっこきあねさ】という昔話を見つけた。けた外れのおならをする女性の話で
嫁ぎ先で我慢できずにおならして、人を吹き飛ばし、けが人を出してしまう。
それで里に帰されそうになるけど、おならで柿の実を落としたり
舟を吸い寄せたりして大活躍。

わざわざ、絵本の表紙まで載せていました。

へっこきあねさ へっこきあねさ
長谷川 摂子、荒井 良二 他 (2004/09)
岩波書店

この商品の詳細を見る



19:01  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私も、再び本を買い込んでしまいました(汗)
つい、1000円くらいなら、気軽に買っちゃいますよ
信長公記は、最近出たものでは、一冊2940円くらいしてますもの
それは、安いですよ
北条氏康ってあまりどんな武将かよくわからないですよ
なかなか興味を持たないと、他の武将って単独で読まないですからね
つい、BASARAのじっちゃま武将としか・・(笑)
【へっこきあねさ】すごいですね~!
おならで、人を吹き飛ばしちゃうなんて
船をひき寄せちゃうなんて、ん?!おならは、飛ばすものじゃなくて引き寄せもしちゃうの?
それにしても、すごいあねさがいたもんだ!
そういえば、今日古本屋みてたら、日本昔話の英語版がありましたよ
絵は、あのTVでやった日本昔話、でも英語で書かれてるの
昔話のあの言葉は、日本語だから、面白くてほのぼのさが伝わるのになぁ・・
Kuu | 2007.03.17(土) 21:58 | URL | コメント編集

買い込んでしまいましたか(笑)
私も買い込みました。実は甲陽軍艦の上・中・下も買っちまいました(涙)。
甲陽軍艦は、既に持っているのですが、別の訳者のも欲しくなって・・・
なんせ、1000円でしたから。
信長公記のハードカバー本は、上・下で買うと6000円しますものね。
だから、買うのを躊躇してたのですよ。
北条氏康は知名度が低いですぅー。
おそらく、教科書にも載っていないと思います。
おじいさんにあたる北条早雲は有名ですけどね。
北条を関東の雄にした名将なのに、現代人受けしないみたいです。
無双でも小田原城に引きこもるじっちゃま武将でしたし(笑)。
へっこきあねさん、すごいでしょ!
天下の朝日新聞が取り上げたというのも笑えます。
記事を書いた人にブラボーって拍手したい!
おならを飛ばすまえに、空気を〇〇に溜め込んだのでしょうかね?
空気を吸引する力も凄まじかったのでは?
日本昔話、見てましたよー
市原悦子さんが独特の語り口でね~あれが英語で?!
買う人がいるから、英訳版が出版されているのでしょうけど
英語だと細かいニュアンスが伝わらないような気がします・・・
マーちゃん | 2007.03.17(土) 22:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。