2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03/18(Sun)

大河ドラマ感想記

「これより先は兄上の命に従いまする」よう言った
さすがは、武田の名副大将!左馬助・信繁さま!!思わず涙ぐみましたよー。
今までの放送のなかで、一番感激しました。

武田信繁は1525年生まれ。信虎の四男。兄の信玄公とは4つ違いの弟君。主家への奉公の心得などを説いた「異見九十九箇条」を嫡子信豊に与えています。これは、武田の家訓のもとになったものと言われています。信玄の信頼が厚く、信玄に代わってしばしば全軍の総大将を務め、そのため「副将」と俗称されるほどでしたが、川中島合戦において37歳で戦死。

今回は北条氏康も久々に登場したし、義元と雪斎が小憎らしかったし、小山田も台詞が多かったし満足ですぅ。ちょっと哀れだったのが信虎さん。信玄公・信繁の他、虎の字を授けた家臣たちに見送られてました。
でもね、駿河に追放された後、京都に居を構えたり、奈良に遊びに行ったりと、優雅な生活を送ったのですよ。信玄公よりも長生きしたし。考えようによっては、戦乱に明け暮れるよりも、幸せだったかもしれませんね。

さっ、いい気分のまま、「小田原北条記」の続きを読もうっと!これ、めちゃくちゃ面白いですわ。頭の中は戦国絵巻・・・ヤッホー
20:05  |  大河ドラマ風林火山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

昨日のあの場面は、よかったですよね
信虎さん、ちょっと哀れだったけど、さすが仲代さん
うまく演じてくれましたよね
もう、出番はないのかと思うと、逆に寂しく思えたり・・
駿河に追放された後は、優雅な隠居生活をしたんですね
追放されたときって、おいくつだったんですか?
役柄で見ると、もう戦も、引退してもよさそうな年ですもんね
「小田原北条記」面白いようですね。
何か、新たな発見あったら教えてくださいね。
Kuu | 2007.03.19(月) 09:21 | URL | コメント編集

武田びいきは、信繁のことを好きな人が多いみたいです。
信玄公の補佐役に徹し、よく助けていますからね。
あの場面に、そのことが集約されているようで嬉しかったです。
信虎が追放されたのは数え年で48歳のときです。
ドラマでは70歳くらいに見えますよね(笑)。
追放された後、本願寺顕如や公家と交流したり
高野山に参拝もしています。
このときは、信繁が高野山に礼状を書いています。
ほんと、信繁は出来たお方です。
「小田原北条記」は上巻を読み終えたので、今日から下巻に突入です。
さきほど、頼んであった「信長公記」が届きました(≧▽≦)
マーちゃん | 2007.03.19(月) 11:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/276-d2a6507d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。