2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03/29(Thu)

信玄公御閑所

御閑所とはトイレのことです(笑)。
【甲陽軍鑑】に信玄公のトイレについての記述があります。

信玄公はトイレを京間の6畳敷に造って畳を敷いていたそうです。
その中で、書類に目を通し決裁していました。
飯富・原・跡部の3人の侍大将を交替で見張り役とし
太刀をもたせ、ふすまの障子の影にひかえさせていました。

信玄公がトイレのことを山と仰せられたので、甲斐の人々はみな山と呼ぶようになったとか・・
どうやら、山とは信玄公独自の言い方だったようです。
なぜ山なのか?家臣たちが憶測している箇所が笑える(´▽`*)

曽禰与市助は (山)にのぼれば(腹が)くだるから・・・
日向藤九朗は 荷負うて(匂うて)くだるはしんくそうなり・・・
長坂源五郎は 山には草木(臭き)が絶えぬから・・・

その他の人々も口々に言葉遊びをしています。
筆者(高坂弾正)いわく、こんな冗談も臨済・曹洞宗の禅僧に近づいたため
禅僧の言い方に少しかぶれていっていたものである・・・ですって(笑)
信玄公が禅問答にハマっていたので、家臣も影響を受けたのでしょう。

甲陽軍鑑の成立時期は、はっきりしていませんが、1620年頃にはあったという説もあります。
昔の人の冗談に笑ってしまった私です。



17:11  |  歴史  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なるほどね、信玄公は、トイレに行くときは
山にいってくるとか言ってたのでしょうか?
よく、仕事場でも、トイレに行ってきますとか、そういう言葉を使わず
遠方に行ってきますって言い方しましたっけ
戦国時代にも、それをいうのは御法度だったんですかね
それにしても何故に山?
昔は山で、野グソするとかあったから?
そんなことをすぐ浮かんでしまう私・・・(´・ω・lll)ァ
言葉遊びが足りませぬか・・・
山には草木(臭き)が絶えぬから・・・って
そんな風に言葉をもじるのも面白いですね。
なかなか戦国時代の人も冗談がうまい!
6畳の部屋のトイレで、匂いを消すためにお香も焚かせたというくらいだから
太刀をもたせ、ふすまの障子の影にひかえさせていたのは
やはり、用を足しているときに不意をつかれぬようですかね。
見張っている家臣も大変だぁ
Kuu | 2007.03.29(木) 23:55 | URL | コメント編集

「トイレに行ってきます」と言うのは、はばかりますよね。
「ちょっと・・・に」とか言うと相手に通じますもの。
「糞してきます」とは絶対に言わない!
野グソですか・・・ハッハッハ
すぐ浮かんだのは(まさかとは思いますが)野グソの経験がおありですか?(笑)
お香も焚かせていたので
山の荷負い(匂い)は焼物(肉などのあぶり焼き)をねがうぞ・・・と
焼くと香を焚くことをかけたりもしているのですよ(笑)。
護衛武将の飯富・原は、武功派の猛将として名を轟かせていた人です。
それほど用心をしていたのでしょうね。
戦国大名の心構え・・・ということでしょうか。
とすると、謙信には慢心があったのでは?(笑)
戦国時代の「冗談集」みたいなのがあればほしいですよ。
マーちゃん | 2007.03.30(金) 08:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。