2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06/15(Mon)

零式艦上戦闘機

yasukuni_1.jpg

日の丸、カートに乗ったお犬さま、旧陸軍の軍服姿の男性・・・・が一枚の写真に収まっています。ちょっと珍しい組み合わせでしょ?場所は靖国神社の入り口でございます。ちなみにワンコは境内に入れません。靖国神社は戦死者を祀っている場所ですから、犬は犬死を連想させるとして、立ち入りが禁止されているのかもしれませんね。

神社の敷地内にある「遊就館」の玄関ホールには零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が展示されています。案内版に、五二型は初期型より主翼の両端を短く円形に整形されている。そして発動機の栄(さかえ)二一型エンジンに推力式単排気管を採用して速度がかなり向上し、零式戦闘機の中では最も多く生産された・・・・と書かれています。

yasukuni_4.jpg

アメリカの戦闘機と比べるとシンプルです。運動性を重要視し、機体を軽くしているのでしょう。

yasukuni_3.jpg

南方(ヤップ島?)から持ち帰り、修復したものだそうです。機体の製造標には「零式艦上戦闘機五二型」三菱製とあります。柳田邦男著『零式戦闘機』には、ゼロ戦を世に送り出した若き技術者たちの苦労が描かれていました。三菱の名古屋航空製作所でゼロ戦は誕生したのです。

yasukuni_7.jpg


下の写真は九九式二十ミリ機銃です。ゼロ戦二一型に搭載されていたもので、初速六百メートル/秒、弾倉(60発)給弾・・・・とあります。これでは直ぐに弾が無くなりますね。

yasukuni_6.jpg
10:16  |  一般  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

よく撮れたいいゼロの写真ですね。やっぱり軍服姿の人がいましたか。学生服に白手袋のお兄さんも居るところですよね。
ゼロの機体表面もきれです。名古屋の航空博物館の32型はひどい凸凹があり、塗装もよくありませんでした。靖国神社はその博物館だけ見学したいですね。何か主張してあるコーナーは素通りしたいと思います。
スタンリーメタボリック | 2009.06.15(月) 21:11 | URL | コメント編集

●スタンリーさんへ

チャチなカメラで撮っているので、ゼロ戦の全形が入っていませんね(汗)。
靖国には初めて行きました。憲法記念日に行ったのがいけなかったのか、神社の前には街宣車が20台ぐらい止まっていました。音は出していませんでしたが、圧倒されました。
拝殿の前は素通りして博物館へ直行しました。戦犯に手を合わせるのは抵抗がありますからね。神社のパンフには、凄いことが書かれています。あそこは独特の場所だと実感しました。
名古屋の航空博物館には32型が展示されているのですか。靖国のは塗装がきれいすぎて、プラモデルみたいでした。
マーちゃん | 2009.06.15(月) 21:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/610-d81ebd16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。