2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01/15(Fri)

追憶

1930年代から50年代の初めまでの、20年間にわたる男と女の関係を、アメリカに吹き荒れた「マッカーシズム」を背景に描いたラブ・ストーリー。ユダヤ人の運動家ケイティをバーブラ・ストライサンド、彼女の元クラスメイトのシナリオライター・ハベルをロバート・レッドフォードが演じている。バーブラ・ストライサンドが歌うテーマ曲は映画とともに大ヒットした。当時の私は、哀愁たっぷりのメロディとレッドフォードの甘いマスクに酔いしれたものだ。原題は「The Way We Were」。1973年 アメリカ映画。


学生時代のふたりは同じ創作クラスに属していたが、対照的なキャンパスライフを送っていた。レッドフォードは成績優秀、スポーツ万能の花形的存在の学生だった。かたや、ストライサンドは政治に目覚め始めた活動家。当然ながらファッションなんぞには無頓着な野暮ったい女子学生である。社会が混とんとしていた30年代の大学は今と違って、思想信条の違う人間が集う場所だったのだろう。

時は流れる。第二次世界大戦中のニューヨークでふたりは再会する。薄暗いバーのカウンターで、軍服姿のまま居眠りするレッドフォードの美しいこと!ストライサンドがドキリとするのも無理からぬ。女性活動家だって恋はする。同じ価値観を持った同士であれば、すんなりと事が進むのかもしれないが、真逆の性格の者が恋に落ちたらどうなるのだろう。生きる姿勢の違いはやがて別れを呼ぶ。人生なんて、愛だけでは乗り越えられないことばかりだ。価値観の違いはどうあがいても埋められない。ふたりはやがて、別々の道を歩むことに。

別れて数年が過ぎた。ニューヨークの街頭・・・道を隔てて向かい合うふたりの顔には再会の喜びが浮かんでいる。愛を失くして別れた夫婦ではない。愛と価値観、どちらが上位にくるのかわからないが、とにかくふたりは別れた。そこに至るまでの苦悩もいまや思い出となり、それを慈しむふたりは何のためらいもなく、しっかりと抱き合うのだった。ただ、レッドフォードの傍らには再婚した妻がいて、ストライサンドにも伴侶がいる。「可愛らしい奥さんね 家に連れてらっしゃいよ」「そうはいかん」「そうね」万感の思いを込めて見つめ合い、そして別れた。切ないけれど美しい光景である。映画だから成り立つ話。美しい男と美しいメロディに酔えます♪

テーマ : アメリカ映画 - ジャンル : 映画

タグ : 70年代の映画

11:10  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●この邦題はいいですね。

原題は「私たちのやってきた道・人生」でしょうか。両方とも詩的です。英語って詩ですね。
実はストライサンドは私の好みでなく、ライザ・ミネリも苦手です。お二人ともアクの強いフェースだとおもいますが、ちょっと避けてしまいます。女性からはどうでしょうか。邦題がロマンチックなこともあり、超有名な映画ですが、これもパスしています。でも見ないとドウノコウノと語れませんよね。
アラン・墨 | 2010.01.16(土) 22:56 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

そうですね、原題は詩的で、かつ、映画の内容を端的に言い表しています。ただ、これは邦題には向かないですよね。追憶とした担当者のセンスが光ります。
>実はストライサンドは私の好みでなく
私もです!!記事にそのことを書こうかと思ったほど、苦手です。映画の中でレッドフォードがストライサンドに「君は美しい」と言うセリフがあるのですが、どうなんでしょうね・・・・汗。見方によっては、ストライサンドのアクの強さが女性活動家の意志の強さを表現していると言えなくもないのでしょうけれど。ライザ・ミネリの方は、そんなにイヤじゃないです。ただ、お化粧が濃すぎ?(笑)
この映画は内容よりも、ストライサンドの歌うテーマ曲が印象に残ります。
マーちゃん | 2010.01.17(日) 10:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/664-8224fccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。