2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02/02(Tue)

おとうと

良かったです。観るまでは、吉永小百合さんと鶴瓶ちゃんが姉・弟という設定に無理はないかい?と、思っていたのですけど(笑)。だって、お二人の顔のどこに、血縁関係が見てとれます?市川崑監督の『おとうと』の岸惠子さんと川口浩の方は納得できますが・・・。

エンドロールの最後に「市川崑監督に捧げる」というテロップが流れました。山田洋次監督版『おとうと』も、市川監督のものと同じく、賢い姉とダメな弟を描いた物語ですが、内容はずいぶん違います。ただ、似たようなシーンはあります。これは市川作品へのオマージュとして挿入されているのでしょうね。

映画の舞台は現代です。冒頭、1952年の血のメーデーから昭和の出来事が次々と紹介されていきます。それらの記録映像の中に『男はつらいよ』の寅さんのアップも・・・。そうかぁ、鶴瓶さんの起用はそういうことなのね♪鶴瓶さん演じるおとうとと寅さんが自然と重なる、そんな映画です。可笑しいけどほろ苦くて、切ない話なのに、その到達点はなぜか暖かいんですよねー。家族の関係が希薄になったと言われる現代。忙しく立ち回っている人も、ちょっと、歩みを止めて、自分の周りを見つめてみれば、優しい何かが見つかるかも。。。

otouto.jpg

吉永さんはあの美貌で64歳というから驚きです。綺麗でかつ、品がある。小百合さんの品と鶴瓶さんの人懐っこさがピッタリと合わさり、ホッコリとした優しさが生まれたように思えます。映画を包む暖かな空気は見る者を素直にします。出来の悪いおとうとをかばう姉の気持ちに近づけるんですよね、そして二人を応援したくなる・・・こんな風に思わせるところが山田監督の巧さではないでしょうか。

ネタばれ
さんざん姉に迷惑をかけたおとうとが行き倒れ、民間のホスピスに収容されるのですが、そこで働くスタッフが良い人ばかり。だからでしょうね、入居者たちに荒くれだった悲壮感はありません。おとうとも、持ち前の明るさで周りに笑いを振りまいている。だけど、心の隅っこでは惨めさを感じているのです。こういう感覚は非常に日本人的だと思うのですよ。寂しさを伴う滑稽さです。辛い生活を切りぬけるためには、笑いは欠かせないのかもしれません。

おとうとは肉親とホスピスのスタッフに寄り添われ、穏やかに死んでいきます。人に迷惑ばかりをかけてきた男の最期にしては上出来。山田監督が描いてきた家族愛と人情が集約されているシーンでした。人の善意を信じたくなる映画です。ラスト、加藤治子さんのセリフに涙しました。

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想

16:56  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/666-80e507da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。