2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03/03(Wed)

インビクタス/負けざる者たち  

【ストーリー】
南アの大統領となったマンデラが、ラグビーの試合を通して人種間の和解を図る、感動ドラマ。1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない…と。

『チェンジリング』と『グラン・トリノ』、ともに高い評価を受けたクリント・イーストウッド。新作の舞台は、初の黒人大統領が誕生したばかりの南アフリカ。少し前まで「アパルトヘイト」と呼ばれる人種隔離政策を行い、白人が多数の黒人を支配していた国。しかしマンデラは、「黒人が白人に仕返しをするのではなく、共に新しい国家を造ろう」と訴える。そして白人たちが愛していたものを取り上げるのは逆効果と考え、ほとんどが白人というラグビーチームを応援する。すでに歴史上の偉人と言ってもいいマンデラには、正に適役のモーガン・フリーマン。そしてチームの主将には『インフォーマント!』のマット・デイモン。
作品資料より

001.jpg


公開されて直ぐに観に行きました。ということはかなり前(汗)。私の記憶力が悪いのと、作品自体にインパクトがないこと、その両方で細かい部分まで覚えておりません。ということで、作品資料をそっくりそのまま、載せました。お許しあれ。

存命中の偉人を映画化するのですから、美化されるのはしょうがありませんね。マンデラがどれほどの人物か知りませんが、キャラを作り過ぎるとしらけます。ただ、ラストの試合シーンは、スローモーションで動きを追い、観客の心に感動を呼ぶ演出がなされていました。



タグ : 映画感想

14:15  |  ジャック・ニコルソン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

マンデラに興味がなく、これといった女優さんも出てないらしいので、私は見ないかも。
マーちゃんには、あまり合わなかったみたいですね。
ボー | 2010.03.07(日) 18:18 | URL | コメント編集

●ボーさんへ

何年か前のクイズ番組で、写真から名前を答える問題があったんですよ。その時にマンデラ氏を「モーガン・フリーマン」と回答したタレントがいました(笑)。
私もマンデラ氏には興味がありません。おまけにイーストウッド監督にも、ラグビーにも興味がなくて・・・汗。
マット・デイモン見たさに行きましたが、それほど目立っていなかったので、ちょっとがっかりしました。


マーちゃん | 2010.03.07(日) 23:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/669-1fa6528c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。