2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12/23(Thu)

クリスマス・ツリー

私のクリスマス映画と言ったら、一も二もなく『クリスマス・ツリー』です。中学生の時、リバイバルを観て、パスカル少年を演じたブルック・フラー君にメロメロになったのでごじゃります 下敷きにはさんだ写真にうっとりし、原作を何度も読み返しました。(授業中・笑)そうそう、ファンレターも送ったっけ 初公開時にこの映画を観に行ったという子がいて、「ホー」と感心したものです。思い出深い映画なんですよ 私の年代にはポピュラーな映画だと思うのですが、若い映画ファンの間では話題に上らないですね 最近はテレビ放映されないし、DVDになっておらずレンタルできないからでしょう。クラシック映画、西部劇、戦争映画といったカテゴリーに属するものは後世に残っても、切ないホームドラマは賞味期限が過ぎると忘れられるのかなぁ・・・。今では観ることが困難になった作品ですが、手持ちのビデオで再見しました。

christmas_1.jpg

オープニング。ひとりの少年が元気いっぱいに列車から飛び降りてきた。バックには軽やかに編曲された「愛のロマンス」(禁じられた遊びの主題曲)が流れている。少年の名はパスカル(ブルック・フラー)、夏休みを父親ローラン(ウィリアム・ホールデン)と過ごすため、寄宿学校から帰省してきたのだ。ローランの傍らには恋人カトリーヌ(ヴィルナ・リージ)の姿がある。無邪気に父の胸に飛び込んだパスカルだが、カトリーヌには小さな紳士として礼儀正しく握手した。彼らの未来は明るく照らされているように思えた。しかし・・・。

brook_1.jpg

白血病で余命いくばくかの少年と彼を愛する大人たちとの心の交流が、まるでおとぎ話のようなムードのなかにつづられている。悲しみより、美しさが勝る映画だと思う。まず、パスカルを演じたブルック・フラーが美しい。原作ではパスカルの美しさを大理石の輝き・・・と表現していたと記憶する。(原作本は所在不明・汗)テレンス・ヤング監督がブルック・フラーを発見したとき狂喜したというのもうなずける。ほんと、純真無垢な愛らしさに満ちた少年だ。親子が過ごすフランスの田園風景も美しい。季節が進み雪が舞い散る中、無邪気にはしゃぐパスカルの姿が涙を誘う。水晶のように透明な世界に暮らす親子・・・。彼らの周りにはノスタルジックで達観した空気が流れている。そして、クリスマス・イブに少年はオオカミに見守られ、クリスマス・ツリーの下で死んでゆく。彼の手には「Good Luck」と書かれた版画が握られていた。父へのクリスマス・プレゼントであった。

当時はどっぷりと映画の世界に浸り、さめざめと泣きました。でも、今の年齢になると、病気で死ぬということがどういうことか知っているからでしょう・・・一歩下がって見てしまいます 10代の頃は死を甘美なものとしてとらえていたかもしれませんね。昔、こういう映画があって心をゆさぶられた・・・・青春の1ページを飾ってくれた大切な作品です。

こちらは横浜赤レンガ倉庫のクリスマス・ツリーです
Christmas_3.jpg



テーマ : 心に残る映画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画感想 60年代の映画

12:40  |  映画  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●泣ける話ですね。

私はクリスマス映画は特に印象にないのですが、トムとジェリーの1940年ごろのやつにありましたね。あれ好きです。すごいご馳走がテーブルに並んでいて。
トムがジェリーを吹雪の中にほっぽり出すけど、クリスマスだし気になって家に戻すのね。出てくるローソクキャンディーが欲しかったなー。
ところで「坂の上の雲」第2部終わりました。また1年待たされるんですね。気の長いドラマです。
今回は広瀬中佐とアリアズナのロマンスに場面を割き過ぎている感が私にはしました。それに彼女の演技がいまいちで残念でした。
子規の場面と彼の演技はよかったですね。
それと東郷さんのしゃべる九州ナマリ、キツすぎると思いませんか。あれが事実だったのかなー。今と違って勤務中は標準語を話すことは無かったのでしょうか。
アラン・墨 | 2010.12.27(月) 21:30 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

美しい子どもが死んでゆく話ですから泣けますよね。

トムさんはああ見えて、とっても優しい猫なんですよね!ほっぽり出したジェリーを中に入れてあげるシーンが目に浮かんできます♪始めは意地悪そうな顔してて、でもちょっと考えて優しい顔になり、ジェリーを招き入れる・・・みたいな感じですね。

今年の『坂の上の雲』は、あっと言う間に終わってしまいました。
>広瀬中佐とアリアズナのロマンス・・・
全くおっしゃる通り!!!主題から大きくそれていると思います。なんで広瀬中佐にスポットをあてるのか、理解に苦しみます。戦前の教科書は広瀬中佐を軍神として大きく取りあげていたそうですが。そうそう、あの女優さんは可愛いけれど、演技はどうなんでしょうねぇ・・・。
子規は逝ってしまいました。香川さんは演技も上手だし、顔も子規に似ていますね。役のために減量した成果でしょうか・・・。

東郷さんの薩摩弁はひどかったみたいですよ。ゴテゴテの薩摩弁だから、周りは苦労したと思います。軍隊では標準語を使わないといけない規則なのに、誰も東郷さんを叱らなかったのでしょうかね。標準語をしゃべりたくても、しゃべれなかったのかも(汗)。
マーちゃん | 2010.12.30(木) 15:48 | URL | コメント編集

●今日見ました(*^^*)

今日TSUTAYAのリバイバルコーナーで発見して見ました(*^^*)。
パスカルの美少年ぶりにスマホ片手に名前を調べ、他に何に出てるのかなと思い検索してここに辿り着きました。
フラー坊や、ホント美人ですね。
のぞみ | 2012.12.25(火) 01:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/690-8082c626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。