2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02/28(Mon)

英国王のスピーチ

現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッド」のトム・フーパー。第83回米アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞した。(映画コムより)

出演コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ、マイケル・ガンボン、ティモシー・スポール、ジェニファー・イーリー
監督・脚本:トム・フーパー脚本:デビッド・サイドラー製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン撮影:ダニー・コーエン音楽:アレクサンドル・デスプラ

speech.jpg

祝!作品賞・監督賞・主演男優賞・脚本賞 昨日、観に行ったざんす。今週はバタバタ忙しくしておりますので手短に。

ソ○シ○ルネットワークは主要部門は、な~んも取れなかったね。評論家を巻きこんでの大キャンペーンを繰り広げたのに残念でやんした 

『英国王のスピーチ』の方が私は圧倒的に好き コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターらが醸し出す知性とユーモアが隅々まで沁み渡ったセンスの良い作品に仕上がっていたと思う。デビッド・サイドラーの脚本は機知と精密さに富み、カメラは役者の感情を的確に写し取っていた。最後のスピーチは感動したなぁ。ヒトラーのスピーチとは真逆のトーン。ヒトラーさんのも、時代の風に乗れば、人の心を動かすものがあるんですけどね

日本じゃ、作れない映画ざます。昭和天皇や大正天皇の肉体的な欠点をテーマにするなんてとんでもない 英国王室は国民とともに歩んでいるんですね。

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連 - ジャンル : 映画

16:25  |  映画  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

エリザベス太皇后が生きている間は封印されたとか。アカデミー賞の映画と人気ある映画とは、違うでしょうね。
やぶひび | 2011.03.08(火) 09:54 | URL | コメント編集

●やぶひびさんへ

コメントありがとうございます。エリザベス女王のお母様の存命中は、さすがに作れなかったでしょうね。
マーちゃん | 2011.03.08(火) 13:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/703-2159365c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「英国王のスピーチ」

ううむ…ソツがない。
2012/01/21(土) 09:56:46 | 或る日の出来事

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。