2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11/04(Fri)

ステキな金縛り

『ザ・マジックアワー』で三谷監督を好きになりました 神経過敏で誇大妄想癖がありそうな三谷さんですが、作品は温かな笑いに包まれ、観客がそれぞれに想像をめぐらせて楽しめるものになっています。それと、同世代の風景のようなものが、何とはなしに伝わってくるのですよ。大先生には失礼ながら、映画好きという共通項で括らせてもらうと、親密感さえ覚えまする 

映画を宣伝するために、多くのTVに出演されてましたねぇ。健気なのか、目立ちたがりなのか、商魂たくましいのか・・・笑。大いに語り演じてらっしゃいましたけれど、あの風狂さはいったい何なんでしょ?本音を煙のように燻らせてしまう術に長けた御仁でござります。

さて映画。平日にも拘わらず、大入り満員でしたよ。(レディースデイでしたが)上映開始時間ぎりぎりに、チケットを購入したのがいけなかった 最前列の端っこになってしまいました

童話的な風景で映画は幕を開けます。ティム・バートン監督の『ビートルジュース』(88)みたい。。。オモチャっぽい世界は深津絵里さんが演じるダメ弁護士エミが見た夢。ハッと目が覚め、せわしない日常が現れるという設定は寅さん映画のよう・・・。

kanasibari_1.jpg


基本、法廷ドラマです 被告を前に検事と弁護士の激しい応酬・・・が、判決の行方を左右する証人が尋常じゃない。氏名は更科六兵衛、男性、421歳。元の勤務先は北条家、肩書きは侍大将。小田原の役の経験者でありまする 北条家の歴史には、ちとうるさい私・・・六兵衛の語る身の上話を聞き、合戦風景が脳裏に浮かびました。秀吉めが数に物言わせて、関東に攻め込んできやがった 戦略なんぞあろうはずもなく、謀略三昧の汚い戦を仕掛けてきたのです。六兵衛さんの無念はいかばかりであったことか・・・。六兵衛を西田敏行さんが演じています。深津絵里さんとの息の合った掛け合いは、安心感を礎に笑いを誘います。二人とも、愉快でいじらしく可愛い

kanasibari_2.jpg


脇を固める中井貴一さん、阿部寛さんも良かったなぁ。真面目そうな役者さんがコミカルな役柄を演じています。既存のイメージとのギャップが面白いのですよ。深津さんの上司の阿部寛さん、有能そうなオーラを出しているのに、ここ一番という時に力を発揮しない 法廷でのタップダンスにはずっこけました。そして、あっさり死んで、六兵衛さんに会う・・・よくできた脚本です 中井さんについては、亡き愛犬との再会シーンが可笑しかったなぁ。愛犬家の三谷監督ならではの演出でしょうね。

さらに、さらに。柔らかな雰囲気の中、一番はじけた笑いを起こしたのは、生瀬勝久さんの落ち武者カット 彼の頭に兜を被せたい欲求に駆られました(笑)。 

stk_sb6_large.jpg


本作には風変わりな人たちが登場し、それらを縁どる異様な出来ごとの数々が、これでもかと詰め込まれています。三谷さん、いっぱいいっぱい考えて、活気と創意に満ちた作品を生みだしました 

そうそう、小日向文世さんがこだわっていた、フランク・キャプラ監督の『スミス都へ行く』と『素晴らしき哉、人生!』。私は『素晴らしき哉、人生!』の方が好きです。この2つの名作のエッセンスは本作に注入されています。

可笑しさでは『ザ・マジックアワー』に軍配を上げますが、人情話としては『ステキな金縛り』の方が良くできているかな。さわやかな感動が残るステキな娯楽作です。



テーマ : 三谷幸喜 - ジャンル : 映画

13:15  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/722-8074ae0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。