2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12/14(Wed)

旅順艦隊

『二百三高地』をBSにて再見した。感想は過去に書いているので省略します。
エンドロールに「瀬島 龍三」「原四朗」「千早正隆」の名前があった。瀬島さんは大本営作戦参謀だった人、後のふたりも元軍人。だからかぁ・・・作りがしっかりしている。(ドラマ『坂の上の雲』の二百三高地の描写は映画とそっくりでしたね)

話変わって・・・
『徹底検証 日清・日露戦争』を読んだ。明治期の陸・海軍、歴史に精通した学者と作家の対談をまとめた本である。メンバーは「坂の上の雲」の陸軍軍事考証を行った原剛氏、「日本のいちばん長い日」の原作者の半藤 一利氏、元日本大学教授の秦 郁彦氏、麗澤大学比較文明文化研究センター所長の松本 健一氏、大和ミュージアム館長の戸高 一成氏。

二百三高地の死闘について、大変興味深い記述があった。第三次総攻撃の二百三高地戦では、約一週間の激戦で日本軍の死傷者は約一万六千人におよぶ。海軍にせっつかれて攻撃を加えた二百三高地だが、終わってみなければわからなかったことはいえ、その前にロシアの旅順艦隊は事実上、つぶれていたそうだ。二十八サンチ榴弾砲十八門による砲撃で、九月下旬から十月中旬までの間に、旅順艦隊の残存艦五隻が大破していた。ロシア鑑は火災による爆発を防ぐため、弾薬、火薬を各艦から撤去し、大砲は陸上要塞砲に転用していた。つまり、消滅も同然だったことになる。

二百三高地を占領して、二十八サンチ榴弾をどんどん港に撃ち込んで旅順艦隊を次々に撃沈したという話は、事実とは違うんです。占領前、山越えで撃ったのが、軍艦に命中したということ。だから、海軍は全力で旅順口を封鎖し続けなくてもよかった?まぁ、今、それを言うのは無粋ですな。来週の『日本海海戦』を楽しみにしています。沈殿している日本に喝!

16:05  |  日露戦争  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんにちは。

私の分家ブログへもお越し頂き有難う御座います。
リンクさせていただき、お邪魔しました。事後了承よろしくお願いします。

>(ドラマ『坂の上の雲』の二百三高地の描写は映画とそっくりでしたね)

いゃ~ほんとうに、まるで双子のようでした。

> 『徹底検証 日清・日露戦争』

私も2年前に読みました。うっすら内容を覚えています。
日本海海戦のことも、図解入りで詳しく書いていましたね。
いよいよ「坂の上の雲」ドラマ版最終回も直ぐ其処にやってきましたね!。
ascapapa | 2011.12.16(金) 13:49 | URL | コメント編集

●マスカパパさんへ

リンクくださりありがとうございます。

今年の6月頃から、愛犬の調子が悪くなり、ブログから離れた生活を送っていました。
(8月末に亡くなりました)

本家ブログ同様、分家ブログでも、勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。

ほんと、双子のようでした。乃木と児玉の再会シーンなど、そっくり。

アスカパパさんも読まれましたか。
図解入りなので、頭を整理しつつ、読み進めることができました。

『坂の上の雲』が、今年で終わってしまうかと思うと寂しい気もしますが
日本海海戦・・・とても楽しみにしています!
マーちゃん | 2011.12.16(金) 18:07 | URL | コメント編集

●「坂上雲」全巻観ました

録画していたものを、2ヶ月かかってようやく最初から最終回まで観ました。
お終いの方、203高地から日本海海戦、その後の秋山兄弟の後日談は、私には何か物足りないものを感じています。自分の頭の中で描いたコンテ・映像と比較してしまうのですね。
また、脚本は原作だけでなく、司馬の別の書籍や白瀬中尉の資料を参考にしているので、原作だけを読んでいた私には、映像化してほしかったシークエンスが省略され、そのかわり白瀬中尉の描写が増え、なにか方向がずれた感じを受けました。ただ、子規のエピソードは私のイメージとドン・ピシャでした。
マーちゃんはどうお感じになりましたか。

203高地占領以前に旅順艦隊がほぼ全滅していたということに驚きました。最近分かったことなのでしょうか。司馬は知らなかったのですね。
アラン・墨 | 2012.02.06(月) 00:07 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

通しでご覧になったのですね。私は放送ごと、細切れで観たので、一部、二部、三部の間があいてしまい、流れが途切れてしまいました。

原作を読んだ人はドラマ化されたものを見て、物足りなさを感じたのではないでしょうか。司馬さんが映像化を許さなかった理由がわかりますよね。
司馬さんが本当に伝えたかった、太平洋戦争へ突き進んでしまった反省がドラマでは見受けられませんでした。
広瀬中尉のことや、秋山兄弟の家庭のことなどに時間を割き過ぎだなぁと私も感じました。でも、女性を登場させないと、視聴率が取れないので、NHKも頭を悩ましたでしょうね。
初回は良かったのですが、第二部は少々、興ざめしました(汗)。子規のエピソードは良かったですよね。香川さんは適役だったと思います。
ドラマの参考文献は映像の部分ではなく、渡辺謙さんのナレーションで使われていました。

>203高地占領以前に旅順艦隊がほぼ全滅
私は司馬さんのファンなので、歴史随筆や対談集は、そこそこ読んでいるのですが、おそらくご存知なかったのではないでしょうか。知っていても、小説にする場合、二十八サンチ榴弾をどんどん港に撃ち込んで旅順艦隊を次々に撃沈したということにした方が、乃木の愚将ぶりが際立ちますものね。司馬さんは陸軍の精神主義を生んでしまったのは乃木だとおっしゃってますから。
マーちゃん | 2012.02.06(月) 11:11 | URL | コメント編集

マーチャンも2部は興ざめしましたか。
私は203高地のバトルと海戦の東郷ターンなどの説明が物足りなくてがっかりしました。テレビゆえリアルな残酷シーンが出来ないというのもありますが、映画「二百三高地」より劣りました。また下瀬火薬などの説明がなく、砲弾発射の煙が ロシアの艦艇と日本軍の艦艇ともに同じ真っ黒けで、これは脚本家もサボッたなと思いました。
太平洋戦争への反省がみられない・・・たしかにそうですね。30年後のバンザイ突撃も日露戦となんら変わらないというメッセージがあってもよかったですね。ただ、ぎりぎり勝利したのに日本人は、以後傲慢になったという渡辺さんのナレーションはあったのですが。
司馬さんは乃木の精神主義を嫌っているようですが、たしか東郷も太平洋戦争中、神風特攻を煽る発言をしていた記憶があります。
司馬の原作を日露戦争のあたりから再読したいと思います。
アラン・墨 | 2012.02.06(月) 23:56 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

原作が良いだけに、第二部のように脚色が多すぎると、原作の良さが失われます。

二百三高地のシーンは説明が下手でしたねー。地図を出してきたのはいいのですが、さらっと流しただけで、作戦の概要が伝わってきませんでした。原作では地名が何度も出てくるので、読めば頭に入ってきますが、原作を読んでいない、もしくは日露戦争について詳しくない人には不親切な作りでした。

東郷ターンは最大の見せ場だったのに、ナレーションに頼りすぎだったように思います。砲弾発射の煙のことは、触れてほしかったですよねー。艦の色についても。秋山の作戦だけで勝ったような印象を視聴者に与えてしまったかもしれませんね。

脚本家は明らかにサボりましたよ。あのドラマで、心打たれるのは、司馬さんの原作文を、渡辺謙さんが朗読したナレーション部分でしたもの。司馬さんの文章は独特の味があるから、それを映像化することは不可能なんですよね。
先にも書きましたが、原作文に頼りすぎた結果、ナレーション部分と映像部分のギャップが大きくなったのではないでしょうか。

東郷さん、神風特攻を煽る発言をしたのですか。それはいけませんねー。海軍にも大西瀧治郎みたいなのがいましたからね。
マーちゃん | 2012.02.07(火) 11:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/726-63f45390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。