2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12/28(Wed)

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

isoroku_1.jpg


原作は半藤 一利著『山本五十六』。私は阿川 弘之著『山本五十六』は読んでいるが、半藤さんのは未読である。原作ではどのような五十六が登場するのだろう?映画の中の五十六(役所広司)は、私が思っている人とは違っていた。『連合艦隊司令長官 山本五十六』(1968年)で、三船敏郎さんが演じた「茶目っ気があるキリリとした司令長官」の方が、しっくりくる。(実際のところは知らないが)

本作の五十六は感情を表さない温厚で思慮深い軍人として描かれている。だからだろう、山本が日米開戦を前にして近衛首相に語った「それは、是非やれと言われれば一年や二年はずいぶん暴れてご覧にいれます。しかし、二年、三年になっては、全く確信は持てません。」という有名な言葉は出てこなかった。

賭けごと、勝負ごとが好きで、将棋・マージャン・玉突き・トランプ・ルーレット等なんでもござれだった部分も弱められていた。そこには真珠湾攻撃を「一か八か」の博打作戦と取られたくないという製作者の意図が見える。山本五十六が開戦に反対していたことは確かだが、鍛えに鍛えた力を一度は試してみたいという軍人特有の心理が多少とも心の中に働いたのではなかろうか。戦争の火ぶたを切った人間を、聖人視すのはどうかと思う。

しかし、真珠湾攻撃を失敗と捉え、先の戦争を反省する姿勢には好感が持てた。脚本が「亡国のイージス」や「真夏のオリオン」など、幼稚な(←スミマセン)戦争ものを書く長谷川康夫なので、一抹の不安があったが、地に足のついたストーリー展開となっている。特撮技術も高いように感じた。

isoroku_2.jpg

 
映画は三国同盟(日本、ドイツ、イタリア)を主張する陸軍と、これに反対する「海軍三羽烏」・・・米内光政(柄本明)、山本五十六、井上成美(柳葉敏郎)との対立を浮き彫りにしている。冒頭、近衛兵が海軍省に銃口を向けるシーンが印象的だ。同じ国の軍隊なのに、陸軍と海軍では気風が違っていた。もともと陸軍は、明治以来、ロシアを北方からの驚異とし、作戦目標を対ソ戦に絞り、これと戦って驚異を排除することを陸軍の本義と考えていた。これに対し海軍は、アメリカを最大の仮想敵国と考えていたのだ。独伊と日本が軍事同盟を結べば、対米英戦争に巻き込まれる。山本らは資源を持たず、国力・生産力・技術力の貧弱な日本が、長期戦になること必至の戦争に巻き込まれることは絶対に避けなければならないと主張した。が、御前会議にて同盟の締結、対米開戦が決定される。

戦うからには勝たねばならない。五十六の戦略は、次々と先手をとってアメリカの心臓部に攻撃を加えて主導権を握り、アメリカの戦意を失わせて有利な和平を結ぶというものである。こうして真珠湾の奇襲攻撃が行われた。宣戦布告もなく・・・。宣戦布告は外務省のミスにより、攻撃開始の約1時間後となってしまったのだ。アメリカ国民は怒った。ルーズベルト大統領の「だまし討ち」「リメンバー・パール・ハーバー」というラジオ演説にアメリカ国民が団結し、その士気を高めたという逆の結果が出てしまう。

作戦そのものも、中途半端だった。真珠湾攻撃が予想外の大成功を収めても、第一航空隊司令官南雲中将(中原丈雄)は第二撃をかけず、高速で避退した。山口多門第二航空隊司令官(阿部寛)がつぶやく。「南雲さんはやらないよ」・・・一方、電報で南雲の反転を知った幕僚たちが、第二撃を命じてくださいと言いたてたのに対し、五十六は「泥棒でも帰りは怖いよ」とつぶやき作戦室から出てゆく。ずいぶん、淡泊な人だなぁ。これはミスショットでしょ。同じ台詞でも、吐き捨てるような言いまわしにすれば、緊迫感が伝わってきただろうに。それはさておくとしても、作戦の実施に当たって反目する南雲中将にやらせたのがよくなかった。ミッドウェーでも南雲中将の判断ミスで日本は多大な犠牲を出してしまう。もし、五十六が日本海海戦の東郷平八郎のように陣頭に出て作戦を実施していれば、違う結果になったであろう。

作戦失敗にうなだれる南雲中将に、五十六が茶づけを進める場面には胸がつまった。哀しみを分かち合うときに、光を放つ人間味を見たからだ。なぜ、五十六が愛惜されたのか、その答えを見出せるシーンだった。そして思う。五十六が真珠湾攻撃に熱意を燃やしたことと、戦争に反対したことを、矛盾なく理解できる人は少ないのではないだろうか。。。真珠湾攻撃から70年。なぜ、戦争しなければいけなかったのだろう?私にはよくわからない。

タグ : 映画感想

09:30  |  映画  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんにちは。

 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」の鑑賞文、拝読させて頂きました。重厚な文体の中に、マーちゃんの考えが盛り込まれており、感銘を受けました。

 この映画は勿論のこと、「連合艦隊司令長官 山本五十六」も未見。原作も半藤 一利、阿川 弘之の両著も未読で恥ずかしいです。「亡国のイージス」「真夏のオリオン」は観ていますが、長谷川康夫脚本ということも知りませんでした。

 偶然今朝の当家購読紙に、この映画に出演した役所広司談話が載っていました。もしお読みになって居られたらご容赦ください。「陸海軍を問わず若手に強硬派が多かった。今こそ昭和史と向き合う時」が印象に残りました。

 常に戦国、明治、昭和各時代と向き合っておられるマーちゃんに、勉強させられます。
 山本五十六には確かに二面性が伺えますね。彼には広瀬武夫が、南雲忠一には伊地知彦次郎が、ちらっと重なったりしました。
アスカパパ | 2011.12.30(金) 14:15 | URL | コメント編集

●アスカパパさんへ

お褒めの言葉をいただき、恐縮のいたりです。

この映画の母体となっている半藤 一利さんの本を読んでおらず、私の山本五十六像は阿川さんの著作物によるところが大なのです。
国葬されたほどの人ですから、当時をご存知のアスカパパさんならば、時代の中で、生の五十六を感じられたことと思います。
山本長官がどういう風に報道され、そして国民にどのように受け取られていたのか、お聞きしたいです。

A新聞の「天声人語」に役所さんのことが書かれていますね。
特集記事があったのかと思い、過去の新聞を調べてみましたが見つかりませんでした。
先週の古新聞回収日に出してしまったのかもしれません(汗)。

五・一五事件も若手の強硬派によるものでしたね。時代を変えるには若いパワーが必要だとは思いますが、暴走する危険な集団になりかねませんから、加減が難しいように思います。
今の若い人だって、戦争を求める機運が高まれば、その旗振り役になるのでは・・・と考えると怖いです。
侵略戦争はやらないでしょうが、大国の対立に巻き込まれる可能性はありますよね。

私は明治と昭和に関しては、よくわかっていません。
武田信玄についは知っているつもりです(笑)。あくまで、つもりです。

>南雲忠一には伊地知彦次郎
私も重なりました!!!記事の中に書こうかと思ったのですよ。
秋山のような人が傍らにいたなら、どうなったでしょうね。開戦は避けられなくとも、早期の講和は結べたのでは?と考えてしまいます。
マーちゃん | 2011.12.30(金) 17:08 | URL | コメント編集

阿川さんの小説は読んだ記憶があります。
生身の五十六を赤裸々に描写したので、特に芸者とつきあうところなどは、山本崇拝者から抗議が随分あったようですね。

この映画は観るつもりでいます。特撮はどのようなものか期待しています。

米内大臣は柄本さんですか。乃木大将といい、彼も大物を演ずるようになりましたね。
どうも私は志村けんと芸者に化けてコントしている彼を忘れられません。
アラン・墨 | 2012.01.02(月) 17:28 | URL | コメント編集

●追伸です。

過去の新聞まで調べさせて申し訳けありませんでした。私も天声人語を読んだだけです。
それから山本長官についてですが。
当時の報道は、山本長官がフーゲンビル島上空で壮烈な戦死をされたと、大々的に報じられました。日本国民は、軍神と讃え、その死を惜しむと同時に、屍を乗り越えて戦う決意を新たにしたものでした。私は当時国民學校五年生でした。当時の日記は残ってないのですが、翌年の日記は残っています。丁度、日本海海戦について書いたページが目に留まりましたのでコピーしました。マインドコントロールされていた私がいました。

(1944/5/27の日記)曇ノチ雨、曇。起きた時刻五時五十五分。寝た時刻九時四十分。
(報道)大鳥島に敵機三十二台を撃墜。ウォッゼ島に敵駆逐艦一隻を撃破撃退す。ビクア島に敵機南支那海で四機撃墜破。
(日記)今日は輝く第二十九回、大東亜戰争下三回目の海軍記念日だ。帝国海軍はますます強くかたくなって敵米英をやっつけてゐる。日本海海戰は思ひ出せば日本國民は、どうなるかと心配した大きな戰であったそうです。敵ロシヤのバルチック艦隊は、大西洋からアフリカをまはり印度洋更に台湾琉球方面へ来たのだ。それでも東郷司令長官は何もしなかった。対馬海峡まで来た時はじめて砲火を交へたといふ。今の戰も米国がだんだん日本へ近づいて来るが日本も今あの時と同じ様な戰法を用ひるだらう。
アスカパパ | 2012.01.02(月) 17:31 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

阿川さんは山本五十六の他、米内光政と井上成美を題材に小説を書いていますね。
米内光政のは読みましたが、井上成美は未読です。

そうでした、山本五十六と芸者の話には、かなりのページを割いていたと記憶しています。
やはり抗議があったのですか。軍人を扱うと、思い入れを持つ人が敏感に反応しますからね。困ったものです。

アラン・墨さんも観賞されるですね。松葉杖から解放され、良かったです!
戦闘シーンは多くないのですが、渋い感じに仕上がっていました。

柄本さん・・・私もコメディアンのイメージが強いです(笑)。
東京乾電池時代に「笑っていいとも」に高田純次さんと一緒に出てきて、すっご~くクダラナイことをやっていた彼を忘れられません。
マーちゃん | 2012.01.02(月) 20:39 | URL | コメント編集

●アスカパパさんへ

「天声人語」で紹介されるということは、特集記事が組まれたと思ったのですが、アスカパパさんも目にされていないのですね。

山本長官について、教えていただきありがとうございます。
マスコミは自分たちがどのように戦争を伝えたかを言いたがりませんから。
(一昨年、NHKがちょっとだけ、触れていましたが)
大々的に報じたのですね、軍神ですか。。。
山本さんはそのようなことを望んでいなかったと思います。
戦争を早く終わらせたかった人なのに、戦争を続行するための宣伝材料にされてしまい気の毒です。

国民學校時代の貴重な記録をありがとうございます。お手数をおかけしました。申し訳ありません。

アスカパパさんの許には映画レビューとともに、日常の日記も多くあるのですね。
日常の日記、それも12、3才の少年が戦果について綴っていることにカルチャーショックを受けました。
日本海海戦と大東亜戦争を重ねている部分の、「輝く」「ますます強く」という表現に時代の空気を感じます。

革命の嵐が吹いていたロシアとアメリカを同じに考えて、戦争をして勝てる訳がありませんよね。私の時代、教科書に「日露戦争」の記述は少なかったです。「坂の上の雲」で多くのことを学びました。
マーちゃん | 2012.01.02(月) 20:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/729-3e817e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。