2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01/26(Thu)

ジャックとジル

オープニング画面に次々と出てくる同性の双子たち。当たり前だけど、よく似てます。いつも思うのですが、双子って成人しても体格が似てるでしょ、不思議だと思いませんか?同じ遺伝子を持って生れてきても、食べる量は違うだろうに、同じスタイルをしています。「おすぎとピーコ」「ザ・たっち」「マナカナ」「荻原兄弟」、古くは「ザ・ピーナッツ」「こまどり姉妹」「ザ・リリーズ」とかいましたネ。

映画の双子は兄と妹です。兄のジャックはLAの広告代理店に勤めるエリート。良き妻(ケイティ・ホームズ)と子供に恵まれ、プールつきの豪邸で暮らしています。妹のジルは独身、生まれ育ったニューヨークにいます。離れて暮らす二人は、毎年、感謝祭を一緒に過ごしてきました。が、兄は妹の来訪が迷惑そう・・・というのも、妹はホットすぎるんですね。悪気はないのに、彼女の行く先々、トラブルが一緒についてくる(笑)。成功者のジャックと落ちこぼれジル、子宮メイトのふたりの人生は、途中から大きく分かれてしまったみたい。

jackgill_1.jpg


アダム・サンドラーが、双子の兄妹を一人二役で演じているコメディです。思った以上に可笑しくて、とってもトクした気分になりました。他のお客さんも声があげて笑ってましたよ。でもね、公開されて初めてのレディースデイにもかかわらず、会場はガラガラ。もっと、人が入ればいいのになぁ。アダム・サンドラーの笑いが日本人に受け入れられる日がくるのでしょうか、ちと心配でありまする

jackgill.jpg


共演のアル・パチーノさん、コミカルな役柄を過激に演じてらっしゃいます。どうしちゃったんだろ?ありったけのいたずら心を映画に叩きこんでいます(笑)。ジルに一目ぼれし、変な方向へ走っていくアルさん。恋は盲目と申しますが、アル・パチーノの恋は激しいを通り越し、奇妙の域に達してます(笑)。たった一つしか持っていないオスカー像をジルに壊されても、気にする風はなし お世辞にも綺麗と言えないジルに夢中 ゲテモノ趣味と思いきや、さにあらず。彼はジルの本質を見抜いてたのです。成功した兄を心から祝福し慕う優しさが、偏屈な老俳優の心を溶かしたのでしょう。アル・パチーノが自身をデフォルメして作りあげたアル・パチーノは必見。

一方、兄はアル・パチーノの気持ちにつけこんで、CM嫌いで知られる彼をドーナッツのCMに出演させようとするのですが・・・。まっ、最後はお決まりの家族のきずな確認となるわけですよ。ジョニー・デップも本人役で出ています。アルと一緒にロサンゼルス・レイ、カーズの試合を観戦してました。レイカーズと言ったらジャック・ニコルソンでしょ!なぜ、ジャックを出さないんだ!色々事情はあるんでしょうけど・・・ブツブツ。

使い古された筋書きでも、演者が良いと作品に生彩がふきこまれ、笑いを生みますね。健康な「悪趣味」を交えつつ、次第に笑いが大きくなっていく・・・雪だるま式って言うのかな。ラストには盛大な笑いが用意されています。ちなみに女装したアダム・サンドラーは、オネェキャラで人気の「KABA.ちゃん」みたいでした
10:13  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/736-74e9a820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。