2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01/30(Mon)

真実一路

昭和12年に田坂具隆監督によって映画化された山本有三の同名小説の再映画化。自分の心のままに生きようともがき、傷つく人々の姿を映し出した不朽の名作。亡くなった恋人の子供を身ごもったまま、世間体のために別の男性と結婚したむつ子。自分を偽ることができず、子供2人を捨てて愛人と暮らしていた彼女のもとへ、結婚を控えた娘が訪れる。小学生の弟のために家へ戻ってほしいと頼まれるが、むつ子の心は変わらなかった。(番組解説より)

shinjitu_1.jpg


大変、面白かった。映画の中にグイっと引き込まれた。解説の山本監督のおっしゃるように、「嘘と真実」「真実一路の難しさ」を深く追及した作品だと思う。が、後味が悪い。これは登場人物に共感できなかったことに因る。私はむつ子(淡島千景)の生き方が理解できない。腹立たしい。ああいう女は許せない。思慮がなさすぎる。「あさはかさ」から己が不幸になるのは「自業自得」だから、まぁ良いとしよう。ただ、彼女の生き方は周りに不幸を撒き散らしている。求めれば求めるほど、多大な害毒を及ぼすような真実なら、捨ててしまえばよいのに。むつ子は真実を隠ぺいして幸福になる術を持っていなかった。

元夫(山村聡)に対する仕打ちは、正直に生きたからではなく、恩を仇で返しただけ。分かれた理由があまりにも身勝手すぎる。もう少し、相手を思いやる気持ちがあってもよかったのでは・・・。愛人隅田(須賀不二男)に対しても同じ。なぜ、彼の気持ちをくんでやらないのだろう?なぜ、追い詰めるようなことをするのだろう?どうして、死に物狂いで真実を追い求めるんだろう?死んだ恋人のことがトラウマになったのだろうか。

shinjitu_2.jpg


映画を見て思った。本心から真実を見ようとするなら、幸福であることをあきらめねばならない。真実と幸福が一致すれば問題ないのだろうけれど。おそらく、幸福な人の眼は真実を見ていないのだと思う。真実をみることをあきらめて虚偽をみれば、人並みの幸福感を得ることができる。。。難しいですね。 

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

19:55  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/737-2dc74045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。