2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/08(Wed)

ペントハウス

ベン・スティラーとエディ・マーフィが初共演し、大富豪にすべてを奪われたビルの使用人たちがチームを組んで復讐する姿を描くアクションコメディ。ニューヨーク、マンハッタンの一等地に建てられた超高級マンション「ザ・タワー」最上階のペントハウスに暮らす大富豪のアーサー・ショウが、2000万ドルの詐欺容疑で逮捕され、使用人たちの財産も騙し取られていたことが発覚する。ザ・タワーの管理人として働くジョシュは使用人たちとチームを組み、厳重なセキュリティに守られたペントハウスに忍び込んでショウの隠し財産を奪い取るという計画を練るが……。監督は「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー。(映画com)

tower.jpg


単純明快なストーリーと陽気な登場人物たちが、観る者に肩のこらないサスペンスと笑いを届けてくれる。ベン・スティラーが有能なマネージャーという設定が、すでにコメディだ(笑)。

オープニングで映し出される輝きのニューヨークは富める者とそうでない者とによって構成された人工空間である。本作の舞台となっている「ザ・タワー」はニューヨークの縮図。上層階の住人は地下で働く人々の奉仕の上に、豊かな生活を営んでいる。拝金主義は大嫌いだが、資本主義社会に生きている以上、格差は受け入れざるを得ない。社会主義に走るわけにはいかないのだから。世の中に不満はあっても、真っ当に生きていけば、それなりの幸せがあると信じたいものだ。だが、もし、大富豪が貧乏人がコツコツ貯めた金を盗んだら、どうなるか。ハイ、それ相当の罰を受けなければいけませんよ・・・という話。

シリアスなクライム・サスペンスであれば、観客を煙に巻くトリックが必要になる。そういう映画についていけなくなった身に本作はありがたい。私にも、ベン・スティラーの手口が分かった!大雑把な計画は予期せぬ事態を生み、ベン・スティラー強盗団(?)は苦戦する。しかし、お天道様は見ているんですね、運を味方に作戦は成功する。めでたし、めでたし。


19:03  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/740-aa3ef932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。