2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03/30(Fri)

秋刀魚の味

白い煙を吐き出す5本の煙突が並んでいる。カメラは煙突の一部を工場の窓からも映す。事務所らしき部屋には平山周平(笠智衆)の姿がある。穏やかで優しそうな人だ。会社に訪ねてきた友人の河合(中村伸郎 )が、周平の娘の縁談を持ちかけた。だが「縁談か・・・まだ子供だよ」と、気にもとめず、河合を飲みにさそう。「ダメだ、ナイターだよ、大洋・阪神戦を見にきたんだ」この台詞で、周平の勤務先が川崎であるとわかる。

画面が川崎球場に変わる。お~、懐かしい。私は若い頃、野球が好きだった。(近鉄の西本監督のファン)川崎球場には、近鉄・ロッテ戦を観に何度か足を運んだ。そうだ、そうだ、大洋のホームグラウンドは川崎球場だった!河合が球場で観ているであろう試合の中継が、小料理屋のテレビで流れている。『麦秋』の時にも、同じような演出があった。歌舞伎の舞台とそれを中継するラジオをリンクさせていたっけ。奥の座敷に、あれっ、河合がいる!!「おっ、入ったかな」と試合経過を気にする河合を無視し(笑)、周平と堀江(北龍二)は自分たちの恩師のことを話している。河合は周平の誘いを断りきれなかったのだ。「ダメだ、ナイターだよ」の後の、周平と河合のやりとりは描かれていないが、想像すると可笑しい。これぞ小津マジック。

sanma_2.jpg

三人は恩師をクラス会に招く相談をしている。恩師の佐久間(東野英治郎)は、電車の中で新聞を拾うような生活をしているらしい。話は続き、若い後妻をもらった堀江のことになる。ひやかす周平と河合は『秋日和』の三馬鹿同様、邪気がない。

家に帰った周平を娘路子が出迎える。『晩春』『麦秋』で取り上げられた娘の結婚が本作でも軸をなす。娘を演じるのは岩下志麻さん。「お茶漬け召し上がる?」と聞く顔に笑みはない。ぶっきらぼうな印象を受ける。家政婦が親戚の不幸で明日からこれないことを父に告げ、父と弟・和夫(三上真一郎)に「私が出かけたあとは、きれいにかたずけておいて」と命じている。小津作品は同じテーマが多いが、タッチは作品ごとに違う。本作は『晩春』のエレクトラ・コンプレックス的なものが排除されており、路子は父に冷たく接している(ように見える)。

周平には、路子と和夫の他に、家を離れて団地で、妻・秋子(岡田茉莉子)と暮らしている家長男・幸一(佐田啓二)がいる。結婚して団地で暮らす・・・時代の流れだろうか、それとも親子関係の断絶を表しているのか。。。

sanma_1.jpg

路子は周平の友人河合の会社に勤めている。家では見せない笑顔を浮かべて、河合と接しているのが面白い。ビジネス・スマイルなのね~。河合は、先だって自分が周平に勧めた縁談のことを口にするが、路子は父から何も聞かせれていなかった。そこで、改めて路子に結婚する気があるかどうか訊ねると「私がいくと、家が困ります」と微笑んだ。さして父親思いとも感じられなかった路子だが、本当はどんな娘なのか、気になるところである。

その夜、恩師の佐久間を囲んでのクラス会が開かれた。この場面での東野英治郎さんの、笑いと切なさを、ほどよく混ぜ合わせた演技が素晴らしい。周平らが卒業して40年。漢文を教えていた佐久間は、年老い、かつての威厳は微塵もない。「鱧」(はも)を食べ、「これは何ですか?」と聞く。「ハモですよ」「ハモ?、なるほど結構なもんですな。魚へんに豊か」鱧という字は知っていても、食べたことがないのだ。娘のことを聞かれると、その表情が暗くなり「私は早く家内を亡くしまして、娘はまだ、一人でおるんですわ。」と寂しそうに応えた。老人の哀れがヒシヒシと伝わってくる名シーンだ。佐久間が帰った後、出席者のひとりがつぶやく。「萎びたひょうたんかぁ、でも、いい功徳だったよ」彼らは恩師への憐れみの情を隠そうとはしなかった。

酔った佐久間を周平と河合が送ることになった。車が止まったのは場末の横丁。佐久間はここで、娘とふたりでラーメン屋を営んでいる。姿を現した娘(杉村春子)は、周平たちに礼を述べた後、眉をひそめ「いつも父はこうなんです。」と軽蔑の眼差しを父に向ける。婚期を逃した娘の姿を目の当たりにし、周平の気持ちは変化する。佐久間親子の姿に、自分の将来を重ね合わせたのだろう。『晩春』や『麦秋』に登場した娘は、父親思いの優しい子であったが、本作の路子はキツイ娘として描かれている。ということは、佐久間の娘のようにギスギスして冷たい女になりかねないのだ。杉村春子と岩下志麻の演技の二重性がそれを示す。演出の妙ですなぁ。。。

本作にも小津流お笑いが顔を出す。周平と河合がなじみの小料理屋で飲んでいるシーンが傑作。女将(高橋とよ)に「おビールお持ちしましょうか?」と聞かれ「まぁ、いいよこれからお勤めだからね」「今日は堀江先生はご一緒じゃなかたんですか?ほんとに可愛いお若い奥さまで」「あー、可愛いね、可哀想なことしちゃったよねー。」「どうかなさったんですか」「夕べは堀江のお通夜だよ。今日は友引なんでね、明日が告別式なんだよ」「ほんとですか?」「今も弔いの打ち合わせなんだ、花輪はご辞退しようか」ふたりとも神妙な顔をしている。え~っ、びっくり!!!ふたりとも淡々としていて不人情だなぁ。死因は若い女房が祟ったと言っている。ところが、そこへ死んだはずの堀江がやってきた。長い冗談に、こちらも付き合わされた(笑)。

後日、周平は佐久間を訪ね、同級生から集めた金を渡そうとする。固辞する佐久間だったが、客がきたため、周平はテーブルに金を置き、店の外に出ようとした、その時「艦長!」という声が・・・。声の主は彼は周平が駆逐艦に乗っていたときの部下・坂本(加東大介)だった。坂本は周平を誘い、バーに行き、酒を飲みながら語り合う。「ねぇ、艦長、どうして日本は負けたんですかね?」酒がすすみ、軍艦マーチに合わせて、かつての艦長と部下は敬礼し合う。戦争が、はるか昔の出来事になったことを小津流に、ひねったシーンだ。

本作は、路子の結婚よりも、周平の過ぎ去った日々への追想に力点がおかれているように感じた。本作が小津監督の遺作となったことで、そういう印象を受けるのだろうか。小津監督の眼差しは、人間のはかなく移ろいゆく時間に向けられている。

周平は路子に結婚を勧めるが、彼女は乗り気でない。「あたしがいったら、困りゃしない?まだ、いいわよ」と言う。ほんとの所は、好きな人がいて父の話に同意しないのだ。しかし、路子が思いを寄せる相手は既に結婚が決まっていた。そのことを路子に伝えると、一旦は視線を落としたものの、直ぐに顔をあげ「いいのよ、そんならいいの」と明るく答えた。ドライな娘だと父と兄は安堵する。そこへ弟が「ねぇさんが泣いている」と告げに来た。

sanma_4.jpg


画面は結婚式に出かける準備で忙しい平山家を映す。路子は、その後、見合いをし結婚が決まったのだ。花嫁姿の路子が「お父さん・・・」と挨拶しようとするのを「あぁ、分かっている、分かっている、しっかりおやり」と遮った。無人の部屋が家族の離別を物語る。

本作には小津作品お決まりの写真撮影シーンがない。結婚式を終えた周平は河合家で堀江とともに談笑している。小津監督は、この映画が最後になるとは思っていなかったはずだが、今まで小津作品を飾った印象深い台詞が周平の口から溢れ出る。「俺はな、堀江、近頃のお前が不潔にみえる」「やっぱり、若いもんは若いもんだけの方がいい」「やっぱり、子供は男の子ですなぁ、女の子はつまらん」そして、話題が恩師佐久間のことに及ぶと、急にさびしそうな顔をみせた。河合の家を後にした周平は、軍艦マーチのバーに寄る。「お葬式ですか?」と聞かれ「まぁ、そんなもんだよ」と、寂しそうにうなづく。結婚も葬式も別れの儀式にかわりない。家に帰り、軍艦マーチを口ずさむ周平は、一気に老けたように見えた。路子がいなくなった部屋、姿見の鏡は誰も映してはいない。時は老人を置き去りに進むとでも言いたげな、わびしさが漂うラストである。
09:03  |  映画  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●秋刀魚の味とは

山本監督が秋刀魚のハラワタのほろ苦さを、娘を嫁がせた親の気持ちに例えていましたね。
なるほどと感じました。
それにしても酒飲みシーンの多いこと。次男の「あんまり酒飲むなよな」が身につまされます。
小津さんも一日に一升は飲んでいたようです。
トリスなんて悪酔いしますけど、当時は普通に飲んでいたのですね。「瓶ごと持って来い瓶ごと」・・・

> 「お葬式ですか?」と聞かれ「まぁ、そんなもんだよ」と、寂しそうにうなづく。結婚も葬式も別れの儀式にかわりない。

ここも秋刀魚の味でした。
アラン・墨 | 2012.03.31(土) 10:37 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

ハモは出てきますが、秋刀魚は画面には出てきませんね。秋刀魚のほろ苦さと、あとは秋という字が入った魚だからかな~とも思います。

この映画に限らず、小津作品にはお酒を飲むシーンが多いですよね。本物のお酒を使って撮影してたそうですから、下戸の笠さんは大変だったでしょうね。 
小津さんは飲兵衛だったそうで(*^^)v それにしても一升は飲みすぎですよ。
アラン・墨さんも、飲み過ぎにはご注意を(^-^) 一升はお飲みにならないと思いますが(笑)。

笠さん、いざ、娘を嫁に出すと、寂しそうにしてましたね。でも、嫁がなければ、それはそれで心配でしょうし・・・。人生も後半になると、出会いよりも別れの方が多くなるような気がします。
マーちゃん | 2012.03.31(土) 14:28 | URL | コメント編集

●軍艦マーチ

話の本流からは少し離れた支流のような挿話ですが、軍艦マーチのシーンが大好きです。
加東大介も佳いですが、彼に合わせて敬礼する岸田今日子の上手いこと。二人の息もピッタリ合っていました。
小津流タッチの面目躍如たるところを見たような気がします。
TBさせていただきました。
ascapapa | 2012.03.31(土) 16:00 | URL | コメント編集

●ascapapaさんへ

軍艦マーチのシーンはユーモアの中にほどよいペーソスが含まれていて、ホロリとさせられます。
岸田今日子さんは、とても優しい雰囲気を漂わせていていましたね。
もし、小津さんが病に倒れることなく、作品を撮り続けていたら、小津組の常連さんの仲間入りをしていたのではないでしょうか。
加藤大介さんは、三人の老紳士とは別の世界の人間を、軽妙に演じていましたね。名脇役です。

小津調は「東京物語」で完成したと思うのですが、本作は笑いの要素を多く取り入れ、余裕を感じさせる作品になっていますね。
マーちゃん | 2012.04.01(日) 09:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/750-a3fc0568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

秋刀魚の味

 「おかあさん」(成瀬巳喜男監督=1952年)から10年経っている。「最早や戦後ではない」という言葉が使われ出して相当経過していた筈。それども未だ人の手を介して結婚する風習が残っていた。  (父=笠智衆)「...
2012/03/31(土) 15:31:49 | 八十路STUDIO

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。