2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/27(Mon)

君の名は

菊田一夫のNHK連続ラジオドラマの映画化。東京大空襲の混乱のさなかで出会い、半年後の再会を約束して名前も告げずに別れた男女の悲恋を描いたメロドラマ。約束の日、数寄屋橋の上で真知子を待つ春樹だったが、真知子は叔父に強制された縁談のため、佐渡島に向かう船上にいた。約1年後、う余曲折を経て2人はやっと再会を果たすが、真知子は別の男性との結婚が決まっていた。その後、真知子の夫の前に春樹が現れる。(解説より)

kimi_1.jpg

初見。淡島千景さんが出演していなければ、観なかっただろうなぁ。メロドラマと韓琉ドラマは苦手なんです。もっとも、韓琉ドラマは一作たりとも見たことがなく、評価しようがないのですが 韓国の役者さんはヨン様(フルネームは知らない)と、チェ・ジュウさんと、グンソクさん(名字不明)しか知りません。私、時流に乗りそこなった希少種でござります。

kimi_2.jpg


さて、映画。『君の名は』の知名度は高いと思う。ラジオ・ドラマが始まると銭湯の女風呂から人が消えたという話が有名だ。その後、映画化されると、ヒロインが巻いていたストールが真知子巻きと呼ばれ流行したことも知っている。『愛染かつら』と本作が、スレ違いメロドラマ双璧だろう。『愛染かつら』はハッピーエンドと知った上で、先日観賞した。ラストシーンは泣けたなぁ。

冒頭の空襲シーンは迫力満点で、後宮春樹(佐田啓二)と氏家真知子(岸惠子)との運命的な出会いを大いにに盛り上げている。このふたり、一目惚れなのだろうか?一緒に生死をさまよったといっても、一晩だけ。美男・美女のとりあわせでなければ成立しない物語だ。美しいふたりが、霧の立ち込める数寄屋橋で、再会を誓って別れる・・・。なんて、ロマンチックなのかしらん 全編をおおう甘い音楽も耳に心地よく響く。 

11月24日に橋に行けばよいものを・・・。真知子は姿を現さなかった。事情があるにせよ、強い気持ちがあれば、春樹との約束は果たせたはず。そっか、あの時点では、好意は抱いても、愛情ではなかったんだ!美しい想い出として胸にしまっておきたかったのだろう。それに対し、春樹は来ぬ人をいつまでも待っていた。春樹とて、もし、真知子のことを本気で好きになったのなら、連絡先も名前も告げず、別れたりはしなかったと思う。ふたりの愛は、11月24日に再会できなかったことで、膨らんでいったのかもしれない。

kimi_3.jpg


BSの再放送を観たのだが、三部作の第一部だけを放送したのかな?
そんなぁ、蛇の生殺でしょ でも、後の二作が放送されてもパスかな 結末は知りたかったので、映画サイトで調べると、一応ハッピーエンドみたい。よかった、よかった。
13:06  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

善人だった笠さんが、結局は密輸で逮捕されてちょっとショックでした。

この映画も「愛染かつら」と同様、全作観ないと分かりませんね。

空襲の特撮は円谷英二ですが、いずれ評価したいと思います。「ゴジラ」みたいでしたね。彼は当時、レッドパージされていて、東宝で仕事ができませんでした。松竹のこの仕事はアルバイトだったようです。

ラストはどうだったか、記憶が薄れています。もう一度見ます。
アラン・墨 | 2012.02.29(水) 00:14 | URL | コメント編集

●アラン・墨 さんへ

笠さんの犯罪者役は珍しいですよね。新聞記事はびっくりでした。あんなに大きく載ってしまって。

「愛染かつら」・・・総集編だから、話がとんとん進んでいきましたねぇ。最後、観客席の看護師さんたちを見た時、うるっときました。

あの空撮は円谷英二さんでしたか・・・本格的な特撮だったのですね。道理で・・・。お金かかってそう(>_<)

一部のラストは、子供を身ごもった岸さんが泣き叫んでましたが、三部のラストはどんな風になるのか興味深いです。
マーちゃん | 2012.02.29(水) 10:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/753-6c1bef6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。