2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04/04(Wed)

黄金

メキシコの町に流れてきたドブスとその相棒カーティンは老人ハワードと出会う。彼らは黄金探しの夢を追って、旅に出ることに。シェラ・マドレ山で砂金を見つけたものの、猜疑心のとりことなったドブスは独り占めを企み……。三人の男たちの旅を通じて人間の欲望を描き出す。ジョン・ヒューストン監督の実父ウォルターが好演し、アカデミー助演男優賞を受賞。(映画com)

treasure_1.jpg


元の木阿弥(もとのもくあみ)とはどういうことか、本作を見ればわかる(笑)。10か月もの間、一心不乱に働いて、ようやく手にした黄金が、一瞬のうちに吹き飛ばされる話。ダッブス(ハンフリー・ボガート)の猜疑心が招いた結果だ。ボギーさんが一人悪者にされ、気の毒な気がしなくもないが、よ~く見ると、この人、悪人面だ。顔も大きいし(←失礼)。登場シーンからイケてなかった。文無しで、通行人に「アメリカ人にカネを」と、物乞いをしている。ヨレヨレの汚れた服と薄汚れた大きな顔、『カサブランカ』のトレンチコートはどこにしまったの?って聞きたくなった(笑)。働けばいいのに「靴磨きなんかしたらアメリカ人からバカにされる」とか言って、人生を放り出したような生活を送っている。が、建築工事で臨時の職を得た頃から、ダッブスの生活は波乱ぶくみになっていく。

treasure_2.jpg


金を掘りあてるまでのダッブス(ハンフリー・ボガート)は、良い人とは言えないまでも、最低限の人格は保っているように見えた。仲間のハワード(ウォルター・ヒューストン)やカーチン(ティム・ホルト)と軽口をたたいて笑いもする。だが、話が分け前のことになると、表情が固くなった。天秤で金の重さを測るシーンは緊張が走る。登場人物たちの仲間割れを暗示するような音楽。われわれ観客は、台詞の断片から真意を探り始めるようになる。これは観客がダッブスと同化してしまったからに他ならない。誰が誰を、いつ、どうやって裏切るのか・・・詮索せざるをえなくなるのである。落盤事故に遭ったダッブスをカーチンが助けるシーン一つをとっても、仕立てが巧い。ワンテンポずらすことによって、カーチンの僅かな迷いをすくい上げている。そして、この純真そうな若者だって、何かのきっかけで、豹変するかもしれないと観客に思わせる。疑ってかかれば、ハワードの目つきも気になる。陽気な老人が時おり見せる厳しい表情。案外、クセモノなのかもしれない。

ハワードとカーチンは黄金の誘惑に負けなかった。しかし、ダッブスは良心の呵責を感じながらも、ふたりを裏切ってしまう。これは予想通りだった。次なる関心事はダッブスの末路。3人の盗賊に襲われるというのがなんとも皮肉だ。もし、金を持ち逃げせず、ハワードとカーチンと一緒にいたならば、ロバも宝も、そして命も奪われることはなかっただろう。夢が風に吹き飛ばされた時、ハワードは「神が我々に仕掛けた悪ふざけだ。黄金は結局大地に戻った。10カ月の苦労も笑って忘れよう」と豪快に笑い、カーチンは「別に気落ちしてないさ、出資金は失ったけど命まで失っていない。」と、ハワードにつられたのか、笑っている。そうそう、笑うしかないよね。思いっきり笑っちゃえ!命あっての物種だ。

キャスト:ハンフリー・ボガート、ウォルター・ヒューストン、ティム・ホルト/監督:ジョン・ヒューストン/製作:ヘンリー・ブランク/原作:B・トレイブン/原題:The Treasure of the Sierra Madre/ 1948年アメリカ映画/上映時間:121分

タグ : 映画感想

07:14  |  映画  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●BRDに録画しています

マーちゃんのレビューで直ぐ観たくなりました。
最近は録画しっぱなしでBRDも積んどく状態です。

そうですか、ボギーは相変わらずデカ頭ですか。爆
ヒューストン監督のお父さん、ぜひ見たいですね。

テックス・アヴェリーのアニメ「ドルーピー」シリーズに犬のスパイクと一緒に金を掘るエピソードがありましたが、この映画が元になったかもしれませんね。
アラン・墨 | 2012.04.04(水) 17:28 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

最近の録画機器は大容量ですから、とりだめできますよね。
ビデオテープ時代は、標準だと120分しか撮れませんでしたね~。
撮ったらすぐ見て、消して、また撮る・・・の繰り返しでした。
私も、録画しっぱなしで、観ていない映画がいっぱいですよ。
何でもかんでも撮ってしまうんです。

ボギーさん、いつも大きな頭なんです(笑)。遠慮して、少しは小さくすればいいのに。
鼻の下も長いですしね。あっ、悪口じゃないですよ。

犬のスパイクってトムとジェリーのスパイクですよね?
ドルーピーと一緒に金を掘るんですか。犬は穴掘りが趣味ですからね(^<^)

ヒューストン監督のお父さん、いい感じの人です♪
マーちゃん | 2012.04.04(水) 20:49 | URL | コメント編集

●こんにちは。

この古い映画、大好きです。どちらかといえば平易明解な話を、映画は娯楽の原点で撮った秀作ではないかと、、。
各登場人物の性格も活き活きと描写されていると思います。
3D映画よこれ見たかと言わんばかりの、砂が画面から零れ出るような2Dモノクロ撮影も印象深いです。
TBさせていただきます。
アスカパパ | 2012.04.05(木) 09:17 | URL | コメント編集

●アスカパパさんへ

秀作ですね!玄人好みの映画ではないでしょうか。演出に隙がないんですよね。
俳優陣も素晴らしく、表情豊かに登場人物を演じていました。

そうそう、砂が画面からこぼれ出るような、乾いた感じがよく出ていましたね。
見ていると喉が渇くし、顔を洗いたい衝動に駆られました(笑)。
ああいうのを、映画の表現というのでしょうか。
技術が進むと、機械に頼りすぎ、創意工夫ができなくなるのかもしれませんね。
最近はモノクロ映画の方が好きになってきました。メリハリがあるように思います。

コメントとTBありがとうございます。
マーちゃん | 2012.04.05(木) 12:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/757-8199e099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

黄金

 明解なテーマと、歯切れよい“起承転結”がこの映画をジョン・ヒューストン屈指の名作にした。“起”はドブス(ハンフリー・ボガート)が「同国人のよしみで恵んで下せぇ」と物乞いを三度も同じ人間にかけて仕舞うタンピコの街。貧困と悪人が迂路めく町の雰囲気が秀...
2012/04/05(木) 09:20:16 | アスカ・スタジオ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。