2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04/11(Wed)

シコふんじゃった

フランス語のなめらかな語りが耳に心地よく入ってくる。カメラは大学の正門の全景を写し、次に門柱に寄り、そこに刻まれた「教立大学」の文字を捉える。さらに、教会の入り口に掲げられた十字架を仰ぎ見る。静物ショットを繋いでいく技法は、小津安二郎監督の影響だろう。周防監督の、小津監督への敬愛は広く知られている。

shiko_1.jpg

構内に入ったカメラは授業風景を伝える。オープンニングのフランス語は、穴山教授(柄本明)がジャン・コクトーのスモウ論を朗読したものだった。コクトーの言葉を借りて、相撲の歴史と魅力が語られていく。「力士たちは桃色の若い巨人で・・・・」そして、軽妙な音楽とともに『シコふんじゃった』のタイトルが出る。「ふんじゃった」の文字だけ、桃色になっているのも小津風だ。

画面が変わる。軽薄そうな男が「沖縄スキューバツアー」の参加者を募っている。大学4年の山本秋平(本木雅弘)は、一流企業への就職が決まり、我が世の春・・・状態だった。(過去形ネ)しかし、何が起こるか分からないのが人生。秋平は、卒論指導教授の穴山教授に呼び出され、代弁による不正な単位取得を指摘される。「就職は?」「決まりました」「じゃぁ、何としても卒業しなくちゃね」「はい」「で、卒業できる?」「それは、もう先生次第で・・・」「それは君次第だ」ふたりの会話は、人物を正面から撮ったバストショットのカット・バックで撮影されている。

shiko_2.jpg

穴山は自分が顧問を務める相撲部の対外試合に、秋平が出ることを条件に、卒業をさせてやると脅した持ちかける。秋平はこの提案を受け入れざるを得ない。イヤイヤながら、相撲部へ行くと、やや老けた(笑)相撲部員がひとり相撲をとっていた。青木(竹中直人)は、相撲部を守るため、大学に八年も在籍している。相撲を愛して止まない男だが、これまで試合に勝ったためしがない。「出たぞ必殺、内無双~!」と絶叫する青木を呆れて見つめる秋平・・・慣れないまわしを付けられ、戸惑いを隠せない。

ふんどしまわし姿で、いざ、出陣!といきたいところだが、試合に出るには、あと一人必要だと言う。団体戦は五人制だから最低三人いなければ試合が成立しないのだ。ふたりの必死の勧誘の結果、太っちょの田中(田口浩正)と、秋平の弟・春雄(宝井誠明)が入部する。これに留学生のスマイリー(ロバート・ホフマン)が加わりリーグ戦に臨むが・・・。

shiko_3.jpg

弱小チームの奮戦・成長物語というのは、古今東西、多くの映画に取りあげられてきた題材である。野球、アメフト、アイスホッケーなどなど。だが、相撲は日本だけだろう。映画が作られた時は、若貴ブームで相撲への関心が高かった。だからと言って、相撲映画を作るとは(笑)。周防監督は、洗練されたユーモアのセンスでもって、相撲道を描いてみせた(笑)。詰まる所、心技体ですよ、何事も。全編に散りばめられた笑いに、頬がゆるみ心地よい気持ちになった。これまた小津っぽい。ちなみに、主人公の「秋平」は、小津作品に良く出てくる名前「周平」と監督が好きな「秋」を合成したのかな?

ps:スマイリー君の「Wait!」に涙がどっと出てきました♪

タグ : 映画感想

18:50  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/782-1dca1ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。