2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04/23(Mon)

下妻物語

BSにて鑑賞。山本晋也監督と全く同じ感想を持った。見始めて思ったこと・・・映画をなめてるのか(笑)。

simotuma_2.jpg

冒頭、いきなり妙なアニメが出てきて「アタイのマシンが火をふくぜ」と、きた ひとりの少女がバイクを走らせている。真っ直ぐな農道を爆走するバイクの前に軽トラが現れ激突 フロント画面に叩きつけられた少女は、ゆっくりと空に舞う。「さようならダメ親父、さようならおばあ様、さようなら牛久の大仏様、私はロココ時代のおフランスに生まれたかった」ナレーションは続く。「てな訳にはいかないので、時間を巻き戻して・・・・・」との断りがあって、ロココ時代のことやら、少女の生い立ちやらが、今の生活やらが、語られていく。荒唐無稽も甚だしい。録画を消去しようと、リモコンを手にとった。もともと、見るつもりはなかったんだし。でも、山本晋也監督が土屋アンナが良いと言ってたな。。。。彼女が登場するまで、この不愉快な映像世界に付き合ってみることにした。

simotuma_3.jpg

待つこと20分、やっと土屋アンナが出てきた。本人より先に、お手紙が登場する。桃子のヴェル○ーチを売って欲しい書いてある。ひらがなだらけ、へったな字(笑)。オツムの程度がわかる。桃子は差出人の白百合イチコは小学生か中一ぐらいの子供だと思い、自宅に来るよう返事を書く。そして、イチコちゃんがやってきた。が、現れたのは、桃子の想像していたイチコ(イチゴ)ちゃんとは様子が違う。ピポピポピポピポ~♪バイクのエンジンが土煙を巻き上げている。金髪にサングラス、超ロングのスカートにぺったんこのカバン。ひと昔のスケバン姿のイチコちゃんが桃子ちゃんのもとへ、ゆっくりと近づいてきた(笑)。これが、ロココ姫・桃子とヤンキー娘・イチゴの出会い

土屋アンナちゃんが良かった!彼女が登場してからは、そのキャラにすっかり魅惑され、映画に吸い寄せられてしまった。映画の表現方法はメチャクチャでも、ハートに響くものがある。まさか、この手の映画で泣くとは思わなかった。恋に破れたイチゴが顔を覆って泣くシーンに、もらい泣きした。台詞がイケてる。「なぁ桃子、女は人前で泣いちゃいけないんだよ」そうは言ったものの、涙を抑えきれず、震えながら声をころして泣く。普段、突っ張ってるイチゴの純情に泣けた。

特殊な環境に育った桃子は、人と人との関わりがわかっていない。誰かと寄り添って生きていくのが苦手なのだ。だから、いつもマイペース。かたやイチゴは仲間とつるんで走るが大好きな寂しがりや。全く正反対のふたりの会話は噛み合わない。が、イチゴのちょっと残念なオツム(←失礼)と、天然ボケの桃子・・・ふたりとも軌道を外れた生き方をしているという点では、同じ種族なのかも(笑)。やがて、ふたりは心を通じ合わせるようになっていく。

本作では登場人物は極端にデフォルメされ、それに同調するようにアニメーションがインサートされている。始め、こうした演出に違和感を覚えたが、観終わる頃には、さわやかな気持ちになっていた。中島哲也監督のユニークな手法は、描かれている物語ないし状況の、質的な純度を高める方向へ機能している。また、深田恭子、土屋アンナ宮迫博之、篠原涼子、阿部サダヲ、生瀬勝久、岡田義徳、本田博太郎、樹木希林らの演技のアンサンブルが、鮮やかにまとめられているのは監督の力によるところが大きい。最後まで観て良かった!

タグ : 映画感想

10:00  |  映画  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんにちは。

 コメントさせて頂くのを一瞬躊躇しましたが、包容力豊かなマーちゃんですので思い切ってお邪魔しました。マーちゃんの現代映画の順応理解力に敬服します。この映画を7年前に観た時に腰を抜かした私ですので。(笑)一応TBさせて頂きましたが、このコメントと共に消去して頂いても一向に構いません。と前置きして簡単なコメントをさせて頂きます。

 「告白」(2010年)を観た時も同様でしたが、中島哲也監督は私にとりましては、心の底から付いていけない悔しさが残る作品をよく作って呉れます。
 ただ「嫌われ松子の一生」(2006年)だけは違いました。泥臭い色彩のアニメ仕立てのCG映像や、中途半端の感も受けるミュージカル風仕立てなどは何時もの作風でしたが、主人公の53年の人生を綴る再三のフラッシュ・バックやジャンプ・カットは実に新鮮でした。
 具体的に文章表現し難いのですが、最初の情景は人物の心境を象徴し、再現する同じ光景が真実。という手法でした。同じ撮り方だった英国映画「つぐない」(2007年)より1年早く用いていた中島哲也さんは、現代風の作品を撮るセンスが鋭いとでも言いますか、そのような映画監督と思います。
アスカパパ | 2012.04.24(火) 10:32 | URL | コメント編集

●アスカパパさんへ

コメントくださりありがとうございます。(私、心が狭いです・笑)

この映画は変ですよね!アスカパパさんの、おっしゃること、至極ごもっともだと思います。始めの方は???でした。時間が経つのが、とても遅く感じられ、時計と画面を交互に見ていましたもの。そもそも、HDに録画した番組を整理してて、ちょっとだけ見るつもりの、どうでもいい映画だったのです。私の心の変な部分が共鳴したのでしょうね(笑)。ラストは感動すら覚えました。我ながら不思議です。

アスカパパさんは『嫌われ松子の一生』と『告白』をご覧になっているのですね。恥ずかしながら私は、中島哲也監督という人を知りませんでした(汗)。『嫌われ松子の一生』というのはタイトルは聞いたことがありますが、『告白』は存在そのものを知りませんでした。世の中についていけてませんネ。

この監督さんはアニメ仕立てのCG映像を、いつも入れる人なのですか。解説の山本監督が、CM出身の人だと言っていました。だからでしょうか、発想が柔軟ですね。フラッシュ・バックやジャンプ・カットなど、この映画でも、効果的に使われていたように思います。

人物の心境を可視化する手段がアニメというのも面白いですね。『つぐない』も表現力豊かな秀作でした!今度、『告白』と『嫌われ松子の一生』を観てみます。
マーちゃん | 2012.04.24(火) 13:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/786-8d0a5acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

下妻物語

刺繍が上手でファッショナブルな女高生、竜ヶ崎桃子(深田恭子)と、暴走娘イチゴ(土屋アンナ)が奇妙に解け合っていく過程は、実に自然に描かれていて良く理解出来る。桃子が初めて「イチゴ」と呼ぶ瞬間がよい。 またアニメの導入など、思わず「あっ」と驚くような新鮮さに...
2012/04/24(火) 10:37:14 | アスカ・スタジオ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。