2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05/21(Mon)

ファミリー・ツリー

青い海に浮かぶリゾート地をカメラがくまなく写しとっていく。美しい景色に、ジョージ・クルーニーのナレーションがとけこむ。「ハワイでの生活はパラダイスだろうって言われるけれど、酒飲んでサーフィンして・・・って。とんでもない!サーフィンなんて15年もしていない」ナレーションが、マット(ジョージ・クルーニー)の生活と生い立ちを説明していく。うーん、どうなんだろ。個人的な趣味で言わせてもらうと、こういう手法は好きじゃない(汗)。監督は『アバウト・シュミット』のアレクサンダー・ペインなのね。あの映画は、ジャック・ニコルソンの名演技と、機知に富んだ脚本が、濃厚なストーリーを紡ぎだしていた。『アバウト・シュミット』でも、ナレーションが多用されていたが、それは少年への手紙の朗読という形で、主人公の心情が語られており、説明的になることを避けていた。本作は話の進め方や主人公の描き方も『アバウト・シュミット』と非常に似ている。家族の崩壊と再生のため、自分を見つめ直す旅に出るという発想も同じである。

Descendants.jpg

ストーリーは。
ハワイ・オアフ島に暮らすマット(ジョージ・クルーニー)には、カメハメハ大王の血が流れている。曾祖父の母親がなんだら、かんだら・・・つまり白人主体の家系の中に、ハワイ原住民の血が混ざっているということ。そのおかげで、マット一族は、広大な原野を所有している。だが、彼は祖先の土地には手を付けず、弁護士として、手堅い人生を送ってきた。家族は妻と娘がふたり。そんなマットを悲劇が襲う。妻のエリザベスがモーターボートの事故に遭い、こん睡状態に陥ってしまったのだ。ここまでが、ナレーションで処理されている。

画面は自然豊かな島の風景から一転、ベットに横たわる女性のアップとなる。彼女がマットの妻だ。変わり果てた妻を見てマットは思う。「今まで仕事人間で、家庭を顧みなかった。もし、妻の意識が戻ったら、土地を売って、そのお金で世界旅行をしよう」と。10歳の娘の世話をしたのは3歳までで、何もかも妻にまかせっきりだった。だから、母の事故で混乱している娘にどう接していいのかわからない。それでも、妻が回復すれば、問題が解決すると思っているマットに、医師は残酷な事実を告げる。妻の状態が悪化し脳死したと!生前、妻は延命処置を望まないことを書面化しており、彼女の意志を尊重し、生命維持装置を外すことに。そうなれば、妻は近いうちに死を迎える。

マットは全寮制の高校に通っている長女アレックス(シャイリーン・ウッドリー)の所へいく。酔っぱらって汚い言葉をはく娘。妻はどういう教育をしていたのだろう?妻の元気な頃の姿は紹介されていないが、ふたりの娘の態度を見れば、そんな疑問がわく。酔いがさめた娘に、アレックスは母の容態を伝えた。すると、長女は、母親が浮気していたことを父親に告げ、泣きだしてしまう。怒り心頭のマットは親友夫婦のもとへ行き、浮気相手の情報を得ようとする。ここで、またまたショッキングな事実が判明する。妻は親友夫妻に、マットと離婚する意思を伝えていた。知らぬは自分だけで、家庭はとうに崩壊していたのだ。こんな酷い事実が明らかになっても、妻の身を案じ、浮気相手に妻を合わせようとするマットの優しさが哀しい。

色々な目的をもって旅に出た親子は、様々な人と接し、次第に視野を広げていく。自分たちのルーツに目を向け、自分自身を見つめ直すことによって、マットは、あるがままに全てを受容できる心境に達したのではないだろうか。マットは妻を、娘は母を許し、穏やかな気持ちで死を受け入れる。マットと娘ふたりは、愛と信頼に満ちた親子関係を構築していくだろう。ハワイの景色と音楽に、マット親子の到達点を見た。

タグ : 映画感想

00:03  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/798-69977417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。