2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06/27(Wed)

落第はしたけれど

昭和五年に公開されたサイレント作品。

rakudai.jpg

カメラは、地べたに座って勉強している学生を次々と写していく。試験前の悪あがき?(笑)皆、必死だ。苛立っているのだろうか、一人の学生が「兎に角 君は紳士的ぢゃないよ」と、相手を罵倒し、突き飛ばした。その騒ぎを聞きつけ、たくさんの学生が二人を囲む。いさかいの原因は、試験の回答を教えると言っておきながら、試験場へ入ると、一つも教えてくれなかったからだと言う。

試験の開始を知らせるベルに、学生たちは教室に入ってゆく。何やら、ふざけた歩き方をしている連中がいる。小津さんのギャグだろう(笑)。試験中の様子も、ギャグ満載だ。前の席に座っている友人の上着をまくって背中に書いてある解答を写したり、試験管の背中に解答を張り付けたり・・・!必死のカンニング作戦にでるが、上手くいかない。撃沈。明日こそはと、リベンジを誓い、ヘンテコなスクラムを組むカンニング五人衆だった(笑)。あっ、ふざけた歩き方をしていたのは、この五人だったんだ!バカだなぁ。

画面は変わって、下宿で試験の準備にいそしむ学生たちの様子が映し出される。役名はないが笠さんの姿も♪高橋(斉藤達雄)は、せっせとシャツに解答を書いている。高橋が眠気覚ましに何か食おうと提案し、向かいの喫茶店から出前を取る。店員役で田中絹代さんが出ている。今まで見た中で一番若い田中さんだ。高橋と特別な関係にあるようで、「あなたの試験の終わる迄には、できあがってよ」と、編みかけのネクタイを見せた。ネクタイは社会人の証、果たして、高橋は卒業試験を乗り越えて社会に羽ばたけるのか?

カンニングシャツも完成し寝入った高橋に悲劇がおこる!下宿屋のおばさんが、高橋の特別なシャツを学生たちの汚れものと一緒に、洗濯屋に出してしまったのだ。そりゃ、そうだよなぁ。シャツはカンニングペーパーじゃない、白いのが由緒正しい姿なのであります。何も知らない高橋は、余裕の表情を浮かべ言う。「試験なんて要するにコツだよ」知~らない(笑)。

焦ったのは高橋だけではなかった。カンニング五人衆の、後の4人も血相を変え、他の学生にノートをみせてもらうも、時既に遅し。出された問題に手も足も出ない。高橋の心情を表すような、ショットが顔を出す。絞首刑のロープに見えたのは、電球の紐の結び目だった(笑)。卒業の可否が張り出されたが、その中に高橋の名前はない。カンニング五人衆は、そのまま落第五人衆になった(涙)。そして、諦めのラインダンスを踊る。そういうことしてるから、落ちちゃうんだよ!

高橋と同じ下宿の連中は無事に卒業することになり、その祝賀会を宿のおばさんが開いてくれる。祝いの宴も、高橋のことがあって、お通夜の席のよう。。。季節は春、桜が咲きほこる道を、新しいスーツに身を包んだ一行が歩いている。彼らには職探しの春、どの顔も希望にあふれている。高橋の下宿にやってきて「今日は謝恩会を兼ねてピクニックに行くんだから悪く思うなよ」なんて、無神経な事を言うヤツもいる。人間、その立場にならないと、なかなか相手の気持ちは分からないものだ。

卒業することと就職することは別なこと。本作が公開された1930年は、世界的に不況の嵐が吹いていた。意気揚々と卒業した連中は、4月の半ばになっても就職先が決まらない。高橋の所には仕送りが届き、卒業生の所には不採用の通知が届く。例のカンニング組はというと・・・。ヘンテコダンスをしたり、応援練習をしたりと、それなりに忙しそうである。一方、卒業組は暇はあれども金は無し。下宿でクサっている。大隈講堂を見て呟く。「もう一度、学校に行きたくなったなぁ。」そうそう、学生時代は人生で一番楽しい時なのだ。あ~、私もあの頃に戻りたいな。。。



タグ : 小津安二郎

09:14  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

小津さんがいかに早稲田の学生生活にあこがれていたかが分かる映画です。
そうそう、あの5人のスクラム歩きは面白いです。
田中絹代さんは別人のように見えます。
当時はメークがコテコテの白塗りだったので田中さんに見えないのです。彼女が若いというのもありますが。
頭がいい人はカンニングペーパーを作る時点で内容を記憶してしまうそうで、結局ペーパーはいらないみたいですね。
この映画の学生たちはそうではないようです。
アラン・墨 | 2012.06.28(木) 17:46 | URL | コメント編集

●アラン・墨さんへ

同じくサイレント作の『学生ロマンス 若き日』でも、早稲田が出てきますね。映画にするなら慶応よりも早稲田ですよね~。小津さんのあこがれが伝わってきます。
スクラム歩き!変ですね。ああいう動きを考えつく小津さんはヘンな人(笑)。パントマイムの振付師としても一流ではないでしょうか。小津さんのサイレント作は傑作ばかりです。

田中さんは、可憐で、日本人形みたいです。昭和を代表する大女優になるとは(この時、既に大女優だったのでしょうけれど)。まるで別人ですね。白塗りだったのにくわえて、画質も粗いですからねぇ。

私もカンニングペーパー作りに励んでいた時期がありますが、全然覚えられませんでした(笑)。あと、隣に座った友人の答案を、そのまま写したのに、友人はAで私はCでした・・・納得できません。先生は真面目に採点しないんだとわかりました。
マーちゃん | 2012.06.28(木) 20:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/809-e042f5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。