2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06/15(Fri)

幸せへのキセキ

ベンジャミン・ミー(マット・デイモン)はコラムニスト、というよりも、突撃レポーターと言った方がいいのかも。ネタのためなら、ハチの巣だろうが、ハリケーンの中だろうが、独裁者の乗る飛行機だろうが、果敢に突進していく(笑)。他人の冒険物語を取材していくうちに、自分も冒険したくなったのか、、なんと閉鎖中の動物園つきの家を購入し、再開園に向けての準備を進める。本作は一つの目標に向けて心を合わせ、絆を強め、困難を克服していく人々たちの物語である。なせば成る 為さねば成らぬ何事も ということ・・・ネ♪

kiseki_1.jpg

ベンジャミンは半年前に愛する妻を亡くした。心の傷は未だ癒えていないだろうが、忙しい現実を前に、悲しみは整理されず、心の底に眠っている。14歳の長男ディラン(コリン・フォード)と7歳の娘ロージー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)の世話と仕事、時間はいくらあっても足りない。メンタルケアの進まぬ中、家族3人の生活は機械的に動いている。そんなある日、ベンジャミンはディランの学校から呼び出しを受けた。彼は母の死後、3回も停学になっている。今回は描いた絵に問題があるとされ、とうとう退学を言い渡されてしまう。人物自分の仕事にも行き詰まりを感じていたベンジャミンは、妻の想い出が多すぎる街を離れ、郊外の静かな場所へ引っ越すことを思いつく。

不動産屋から案内されたハウスにベンジャミンの心が弾む。「なんて素敵な家なんだ!」ただ、その物件はいわくつきだった。なんと、動物園つき!躊躇するベンジャミンの背中を押したのは、クジャクに喜ぶ娘の姿だった。もしかしたら、動物が子どもたちの寂しさを癒してくれるかもしれないと・・・環境を変えたい気持ちはわかるが、少々、飛躍しすぎでは?と思わぬでもない(汗)。映画だから許される発想である。

本作には「実話を基にした・・・」という、ことわりがついている。こういう場合、実話の一部分をピックアップして描いていることが多い。本作も然り。実話と映画は視点が全く違う。実話は殺処分される動物を救うため、親の遺産を投じ、妻と一緒に再建を目指したが、妻は道半ばにして脳腫瘍で死んでしまうというもの。息子はとても良い子で父との確執はなく、ベンジャミンは息子に元気づけられて動物園の再建を目指す。息子ちゃんは「別に…」なんて、投げやりな言葉をはいて父親を困らせたりはしない。

kiseki_2.jpg

実話と映画が大きく異なることがいけないとは言わない。実話はあくまでも材料の一つであり、それを脚色して映画になるのだから。実話を忠実に再現するのであれば、キャメロン・クロウ監督の作家性が死んでしまう。映画には映画ならではの表現方法がある。全編をおおう優美で叙情的な音楽や、動物たちのクローズアップなどは、観る者の理解を助けれくれる。家族の再生物語としては、とても良く出来た映画だ。しかし、私は実話の方により強く惹かれる。希少動物を救うため、私財をなげうったベンジャミンという男の真意が知りたい。動物園の運営が莫大な利益を生むとは考えづらいから、やはり、動物を救いたい一心で再建への道を歩んだのだろう。

この映画を見るつもりはなかったが、本作の下敷きとなった話を伝えるTV番組を見て、映画への興味をもった。番組はベンジャミン本人へのインタビューと実際の映像からなる再現ドラマで構成されていた。ただ、ドキュメンタリー的なものも、編集者の主観が入るのだからフィクションである。そのことを踏まえて、原作本を読んでみたいと思っている。

タグ : 映画感想

07:28  |  映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/811-4f4bb3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「幸せへのキセキ」

“Why not?” がキーワード!?
2012/06/28(木) 21:26:31 | 或る日の出来事

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。