2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07/02(Mon)

SUPER 8/スーパーエイト

1979年夏。オハイオ州の小さな町に住む少年ジョーは、級友のチャールズやアリスら友人5人と8mm映画を作っている。ある夜、5人の目前で列車が脱線する事故が起きるが、8mmカメラは偶然、大破した列車から飛び出した何かを収めていた。やがて町に巨大な怪物が現われると共に、軍が到着し、何かを捜索する任務へ。ジョーと仲間は、自分たちがフィルムで怪物を記録したことを自分たちだけの秘密にしようと誓い合うが……。(wowow番組解説より)

supaer.jpg

2011年の夏に公開された映画なのね。去年の夏は愛犬の看病で、映画やTVを見る余裕がなかった時期だ。よって、この映画の存在すら知らなかった(汗)。タイトルの「スーパーエイト」で頭に思い浮かんだのは、1960年代に一世を風靡したマンガ『エイトマン』。日本の古いヒーローをヒントに作られた映画なのかなと、真面目に思った。(アホな私)

1979年という設定が、古いか新しいか微妙だが、映画の作りは古くさい。映画評論家の蓮實重彦先生によれば「思い切り断言しておくが、J・J・エイブラムスのこの新作は、傑作と呼ぶべき理由など一つとして存在しないごく普通の映画である。古めかしさと安っぽさが、まとわりついており、肝心の場面に駆使されている映像テクノロジーがその印象をきわだたせている。」と手厳しいことをおっしゃってます。私が言ったんじゃないですからね!(笑) 世代によって、受け取り方はいろいろなのだろう。

この映画は子ども向けなのかな?日本の子どもは観たのかな?字幕だと小学生にはキツイだろうから、吹き替えで観るのだろうか?子供が主人公でも『スタンド・バイ・ミー』のような大人向けの映画もあるのだが・・・。蓮實先生は「非戦闘員や子供たちの活躍ぶりはいかにもご都合主義的ですこぶる愉快であり、撮影がどうの、編集がどうのという気にもならぬほどだ。」繰り返しますけど、私が言ったんじゃないですからね

タグ : 映画感想

19:00  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/818-65001b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。