2017年03月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.10/23(Tue)

ゴーストライター

カメラは一艘の船が港に入ってくる様子を正面から捉える。闇の中、船の明かりが音楽と絡まり威圧的な雰囲気を醸し出す。それに呼応するかのように、フェリーに積まれた車のライトが不気味に光る。どしゃ降りの雨の中を次々に車が上陸していく。一台だけを残して・・・。続いて、荒波が打ち寄せる浜辺の風景が挿入され、観る者の心に不安と疑問を植え付ける。

theghostwriter_1.jpg

画面が一転し、オフィス街で食事をしている男性の会話を拾う。「政治なんて縁がない」声の主はゴーストライター(ユアン・マクレガー)で、食事相手から、元英国首相ラングの自叙伝の出版話を持ちかけられての返答だ。気乗りせぬまま、出版社へ行き面接を受けたところ、「仕事が速いこと」が評価され、仕事を任されることになった。米国で公演中のアダムに会いに行き、1ヶ月で原稿を仕上げろと指示される。すでに初稿があり、それを手直しするだけのこと、ゴーストライターにとって、困難な仕事ではない。深く考えずに引き受けてはみたものの、気がかりなことがあった。初稿を書いた人間は事故死(自殺?)していると言う。初稿は門外不出の状態でアダムの滞在先に保管されていた。何かある!担当者からゴーストライターに渡された参考資料が暴漢に奪われたのは、それが初稿だと思われたからであろう。ここで、ヤバイ仕事だということに気づくべきだった。25万ドルという破格の報酬も危険のサイン。あっ、それじゃ映画にならないか(笑)。

出発を待つゴーストライターの視線の先のテレビでは、ラング前首相の違法行為疑惑を伝えるニュースが流れていた。「英国特殊部隊を勝手に動かしアルカイダの容疑者4人を捕獲、CIAに引き渡した。」映画はきな臭さを発散させながら進んでいく。前首相はアメリカのとある島に滞在しており、そこへたどり着くには飛行機とフェリーの乗り継がねばならない。長い長い旅だ。船内には「1月12日に死亡死亡事件 目撃者を求む」というボードが掲げられていた。と、ここまでが、伏線が張り巡らされた導入部である。監督はロマン・ポランスキー。本作は『チャイナタウン』(74)とテイストが似ている。同じ監督が手掛けたものだから、そう感じるのかもしれない。もっとも、『チャイナタウン』は1930年代を、『ゴーストライター』は今を扱っているのだから、小道具やファッションを見る限り隔世の感はある。しかしながら、登場人物の相関や、映画の幕切れは『チャイナタウン』とほぼ同じだ。時代を現代にスライドさせて描いた本作が『チャイナタウン』と同様の高い評価を得たことは、ポランスキー監督が、今も高いポテンシャルを保っているからに他ならない。

ポランスキー監督の代表作と言われているものは、だいたい観ている。数々の名作を世に送っているが、私は『ローズマリーの赤ちゃん』が一番好き。我がジャックの『チャイナタウン』は2番目かな(汗)。最新作『おとなのけんか』(11)は未見なので、wowowで放送されれば観なければ!これは劇場に行くつもりだったのだが、なんとなく行きそびれてしまった。正直に言うと、『おとなのけんか』の監督がロマンスキーだと知らなかった(汗)。

theghostwriter_2.jpg

前首相を演じているのは『007シリーズ』のピアース・ブロスナン。過去に秘密がありそうなのだが、そのヤワな風貌は巨悪のイメージとは遠くかけ離れており、彼を裏で操る人物の存在を、ちらつかせている。はて、それが誰なのか?このような場合、怪しそうに見えない・・・つまり、ゴーストライターの味方っぽい人物が真のワルであることが多い。「鳶の油揚げをさらわれる」ような展開にはならないだろうから、だいたいの察しはつく。後は事件の背景だ。起こったことを羅列する。前首相の自叙伝を執筆中のライターが殺された。その後任は政治に無関心なゴーストライターが選ばれた。彼は前任者の持ち物に隠されていた意味深な写真を見つけたために、ミステリアスな事件に巻き込まれた。前首相は、国際刑事裁判所から戦犯の疑いをかけられた。前首相夫人がゴーストライターを誘惑した。ゴーストライターは、前任者の足跡を追い、CIAが一連の事件に関わっていることを知った。そして命をねらわれた・・・となる。ポランスキー監督は、これらの出来事を確かな計算によって組み立て、緊張感をフィルム全域にゆきわたらせている。スリルとサスペンスの盛り上げ方に隙がないのが、百戦錬磨のポランスキー監督らしい。ラストの負の余韻が後を引く。
16:02  |  映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/866-9072fe89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめ【ゴーストライター】

カメラは一艘の船が港に入ってくる様子を正面から捉える。闇の中、船の明かりが音楽と絡まり威圧的な雰囲
2012/12/04(火) 05:22:28 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。